2016年2月18日更新

【しぐさでわかる犬の気持ち】犬がうつろな目をしているのは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

なんだかふてくされているような顔をして、どこかを見ている・・・そんな時、犬は何を考えているのでしょう?また、どんな心境なのでしょうか?その理由と対策をお伝えします。いつも元気な犬がうつろな目をしていたら気になっちゃいますよね?ここでしっかりと意味を把握されておくと、今後の犬との関係がより良くなるかもしれませんよ!!

 

うつろな目をする理由


犬がうつろな目をする理由は、2つあります。

「退屈だな〜」と思っている

人の事が大好きな犬は、いつも一緒に遊びたい、何か楽しい事をしていたい、と思っています。でも、飼い主が何かに夢中で遊んでくれない、構ってくれないなど退屈を感じている時にうつろな目をする事があります。人間そっくりにあくびをしたり、何か暇つぶしの道具を見つけてガジガジしたりして、なんとか退屈をしのいでいます。あまりほうっておいてストレスがたまると問題行動に繋がる事がありますので、気をつけてください。

具合が悪い

風邪をひいたり、その他の理由で具合が悪い時もうつろな目になりぐったりとする事があります。このような時は早めに動物病院に連れていきましょう。風邪ならまだ良いですが、重篤な症状の可能性もあります。風邪でもほうっておくと重症化する場合がありますのでいずれにせよ元気がなければ早めの受診をおすすめ致します。

犬が退屈している時の対策法


犬が退屈をしてそれがひどくなると問題行動につながる場合がある、と前述しましたが、では退屈をさせないようにするにはどうしたら良いかを説明します。

散歩に連れて行く

散歩は退屈しのぎの王道です。犬にとって散歩は退屈しのぎだけでなく、運動によって身体を健康に保つ、排泄の為、気分転換、他の犬との交流、など様々な意味があります。なるべく時間を取って連れていくようにしましょう。もちろん、犬には散歩が必要と理解して飼う方が多いと思いますので、あえて言う必要もないとは思いますが・・・

飼い主が遊んであげる

犬は人間が大好きですから、一緒に遊ぶ時間は犬にとってとても幸せな時間に感じるでしょう。もちろん人間も犬と遊ぶ事で気分が晴れたり、元気になったりと良い事が沢山あります。飼い主と飼い犬の信頼関係や絆を深める事にもなりますので、時間のある時は積極的に犬と遊ぶとより良い関係が築ける事でしょう。なるべくだったら仲良く犬と過ごした方がお互い楽しいですものね!今日は何をして遊ぶかを考える時間も楽しいかもしれません。

おもちゃ、犬用ビデオを与える

日中は仕事でどうしても犬と遊べない、という方もいらっしゃるでしょう。お留守番は犬に取っても大好きな飼い主がいない、退屈な時間です。お気に入りの楽しいおもちゃを与えたり、最近では犬用のビデオも出ているそうです。犬がリラックス出来る音楽や興味を引く映像で、退屈なお留守番の時間も楽しいものに変わるかもしれませんね。多少電気代はかかりますが、可愛い飼い犬の為ならそれ位は・・・と考える方も多いでしょう。

犬が退屈しないように工夫をするのも、犬に対する愛情ですね。犬の性格に合った退屈しのぎを考えてあげてくださいね。

 
 

関連カテゴリ