2017年5月17日更新

ペキニーズ の価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

中国原産のペキニーズは別名「獅子犬」という名前で呼ばれ、高貴なものとされてきました。古来中国の宮廷で寵愛された気高い気質は今も健在です。そんなペキニーズ の価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

ペキニーズ の価格・相場は?

ペキニーズの平均的な価格帯は150,000円前後~250,000円前後というところでしょう。

子犬の価格に差ができる主な要因は、容姿、骨格、血統、月例などがあげられます。容姿や骨格などの場合は、一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)などが定めたスタンダード(犬種標準)に近いほど高額になる傾向があります。

また家庭向けのペットタイプと呼ばれる子犬と、ドッグショー向けのショータイプと呼ばれる子犬ではショータイプの子犬の方がかなり高額になります。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでペキニーズ を購入するには?

購入後の引き取りを考えた時に子犬の負担を軽減するためには、できる限り近い場所から引き取りたいものですね。その点ペットショップのよいところは身近に多くの店舗があるところです。

ペットショップの多くは買い手のことや子犬の健康を考えて販売を行っている優良なペットショップですが、なかにはハンディキャップを持っている子犬を安く販売するような悪質なペットショップもあります。

ペットショップから購入する場合は、生体販売の登録業者であることを証明する標識が掲示されていること、あまり月齢のいっていない1か月程度の子犬が販売されていないこと、子犬の飼育環境が清潔で遊び場もしっかりと設けられていることなど、優良店を見分ける基本的なポイントを確認するようにしましょう。

ブリーダーからペキニーズ を購入するには?

シリアスブリーダーとよばれるブリーダーをご存知でしょうか?特定の犬種の保存と質の向上に努め、犬種特有の遺伝から来る病気のことや繁殖の方法を学び、生まれてくる子犬をできる限りスタンダード近づける努力をしているブリーダーのことです。

シリアスブリーダーから子犬を購入する場合は相応の価格になりますが、豊富な知識と経験から購入後のペットライフのよいアドバイザーになってくれますし、子犬の健全性が保証されているのが安心なところです。

シリアスブリーダーを探す場合はドッグショーの見学に足を運ぶことをおすすめします。ドッグショーの開催時期や場所については、一般社団法人ジャパンケネルクラブのホームページをご参照ください。

 

里親制度とは?

様々な理由によって放棄され保護された犬や猫は、1時預かりの間に引き取り手がない場合は、残念ながら殺処分されてしまいます。里親制度とはこのような犬たちに新しい家族を見つけ、1頭でも多くの犬や猫を救出するための制度です。

殺処分がなくならない理由の1つに、子犬が商品として販売されていることがあるといわれています。犬を飼う時にペットショップやブリーダーから購入することと同じように、保護犬の里親になることが選択肢に入ることが、殺処分をゼロにしていくことにつながっていくと思いませんか?

ペキニーズは運動量も少なく飼いやすいので根強く人気のある犬種です。そのため保護される件数も少なくありません。里親の募集情報はインターネットでも簡単に検索することができますので、子犬を購入する前に1度どのようなペキニーズが保護されているか確認してみてはいかがでしょうか。

ペキニーズ を飼うときに考えてほしいこと

ペットショップは身近にあるので、犬を飼うことを考えた時に1番に思いつく購入方法かもしれませんね。

もちろんペットショップやブリーダーから子犬を購入することも、犬との出会い方の1つの方法です。その中に保護犬の里親になる選択肢が入ってくれば、もっと色々な犬との出会いができると思いませんか?

ペキニーズについて詳しく知りたい方はこちら
ペキニーズの基礎知識まとめ

 
 

関連カテゴリ