2016年2月24日更新

クリーミーラインジャンガリアンの特徴や性格・飼い方をご紹介!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

その名のとおり、背中に淡い薄茶色のラインを持つクリーミーラインジャンガリアン。手に収まるサイズと優しい毛色で癒してくれます。その特徴や飼い方などをお伝えします!

 

優しい色合いの毛色

クリーミーラインジャンガリアンは白い毛に包まれたからだの背中に、一筋の茶色いラインが入っています。綿毛のようなからだと淡く優しい茶色のラインは、眺めているだけでほっとさせてくれます。夏毛~冬毛に生え変わると更に白っぽくなるので、また一味印象が変わりますね。「プディング」とよばれている品種は黄味がかった茶色の毛色ですが、クリーミーラインジャンガリアンはもっと茶色が薄く、全体的に白みが強い印象です。微妙な毛色にじわじわと人気が出ているようです。

特徴や飼い方・飼う環境や注意点

主に小型専門のペットショップやホームセンターなどで購入でき、値段は2000円台。顔の印象や茶色い筋の太さ、入り方など個体差もありますのでよく観察してください。ハムスターは基本的に夜行性なので夕方以降が活動時間。夕方から夜にかけてショップに行ってみると本来の動きを見ることができるでしょう。
クリーミーラインジャンガリアンはおとなしく、比較的人になれやすい性格です。一緒に暮らすようになれば生活環境に影響されやすいのでストレスを与えない生活リズムを考慮してください。

人になれやすい性格といわれていますが、無理やりなつかせようと手に乗せたり、必要以上に構うのはストレスの原因に。少しずつ、ゆっくりと接してあげましょう。警戒心が強いので騒音なども怖がってしまいます。ケージは生活音の少ない場所に置いてあげましょう。

ハムスターはとても小さな生きものなので、診察してくれる動物病院がなかなか見つからない事もあります。事前にお住まいの地域で診察してくれる病院をチェックしておくことはとても大切です。

 

飼うために必要なグッズ

少しでも長く、そして健康に過ごしてもらえるように基本的に必要なグッズは最低限揃えましょう。

ケージ

ハムスターが過ごす入れ物です。水槽タイプや金網タイプなどがありますので、お部屋の温度や湿度に合わせて選んでください。高さは20センチ、横幅が40センチ以上が理想で、60センチあるとのびのびと過ごせます。特にクリーミーラインジャンガリアンはすばしっこい品種ですので、脱走防止にケージにはふたをしてください。通気性がよく密封しない素材で重しをのせておくなど、対策をしましょう。

巣箱

大人になると体が10センチ前後になるので、2~3倍の大きさの巣箱を用意しましょう。ハムスター用の巣箱が販売されており、素材もデザインも様々。陶器製や木製のものだとかじっても安全です。

床材

ケージの底には床材を入れます。キッチンペーパーを細かくちぎったものや木屑を5センチ前後の深さになるように敷き詰めて、掘ったり潜ったりできるようにします。布やタオルは爪がひっかかってしまい危険ですので避けましょう。

エサ入れ

ひっくり返りにくい陶器の小皿など重さのあるものがおすすめです。

トイレ

専用のもので中に砂をいれます。巣箱やエサ入れと離して置いてください。

給水器

水をこぼしてしまわないように吊り下げるタイプのボトル式給水器が安全で清潔に給水できます。

運動不足解消のための回し車

運動不足になりがちですので回し車を用意してあげましょう。ストレス解消にも。

エサは何をあげるの?

「ペレット」はハムスターの栄養バランスを考えて作られている食事です。野菜や果物も食べますが主食はペレットが望ましいでしょう。栄養価や粒の大きさなど種類も選べます。