2016年2月22日更新

秋田犬 の価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

国の天然記念物に指定されている日本犬の中で、唯一の大型犬である秋田犬。渋谷駅の忠犬ハチ公やヘレンケラーの犬「神風号」や「剣山号」など色々なエピソードを持った犬でもあります。そんな秋田犬 の価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

秋田犬 の価格・相場は?

秋田犬の価格の相場はペットタイプでは50,000円前後~、展覧会タイプ(ショータイプ)では100,000円前後~となります。

秋田犬の毛色は赤、白、虎、胡麻、斑、黒の6種類がありますが、黒は現存していないといわれており、スタンダードな色は赤、白、虎の3色になります。毛色による価格の差はほとんどなく、ムク毛と呼ばれる長毛種がやや安くなるようです。

また両親のどちらかまたは片方が展覧会で賞をとっている血統の場合は高額になるようです。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップで秋田犬 を購入するには?

秋田犬が一般のペットショップの店頭に並ぶことはほとんどありません。

秋田犬は大型の犬種であることに加え、勇猛で喧嘩っ早い性格のため、誰にでも飼えるような犬ではないからです。秋田犬を販売するには、購入者が飼育可能かを判断できるだけの知識がなければ危険な場合があるのです。まれに店頭販売されている場合もありますが、「この子は大人しい方だから大丈夫ですよ。」や「他の犬種と対して違わないですよ。」などの説明だけで購入を促すようなペットショップからの購入は控えた方がよいでしょう。

またペットショップによっては店頭に並んでいない子犬を探してくれサービスを行っている場合もあります。細かな希望を伝えておくと希望する子犬を購入することができますが、思っていた子犬と違った場合にトラブルになる場合もありますので、事前にその店のシステムを確認しておきましょう。

ブリーダーから秋田犬 を購入するには?

秋田犬のブリーダーに出会うためには、公益社団法人秋田犬保存会の開催している展覧会へ足を運ぶことをおすすめします。

公益社団法人秋田犬保存会というのは、秋田犬の保護繁殖と質の向上を目的とした会で、犬籍や犬舎の登録管理、血統書の配布などを行っています。展覧会とは保存会が秋田犬の質の向上のために開催している、洋犬で言えばドックショーにあたるものです。

この展覧会へ出陳するためには保存会への登録が義務付けられていますので、展覧会へ出陳しているブリーダーからの購入であれば純血の正当な秋田犬の子犬を購入することができます。また多くの秋田犬のオーナーも出陳していますので、子犬に購入方法など、秋田犬に関する情報を聞くことができると思います。展覧会の開催時期や場所などは公益社団法人秋田犬保存会のホームページで確認することができます。

 

里親制度とは?

里親制度とは保護犬および猫の殺処分をゼロにする活動の一環で行われているもので、保護された犬や猫の中で病気やけがなどがなく、飼育をしていくことが可能だと判断された犬や猫の情報を一般に公開し、里親として新しい飼育者を募集する活動です。

里親になるまでのおおまか流れは、まず里親の情報を地域の広報誌やインターネットなどを利用して確認します。希望する犬が見つかった場合は、該当する保護施設へ連絡をとりそこで定められた手続きに沿って里親の応募をします。応募の内容が飼育者としての条件を満たしていると判断された場合は、トライアル期間を設け家族の相性や先住のペットとの相性確認を行います。相性に問題がなく生活できることが確認された場合は引き渡しとなります。

里親への応募の方法や手続きについてはそれぞれの施設や保護団体によって異なります。各団体のホームページなどで確認してみてください。

秋田犬 を飼うときに考えてほしいこと

忠犬ハチ公の忠誠心に熱い、冒頓とした犬のイメージが強い秋田犬ですが、元々はクマのような大きな獲物をしとめるための猟犬として、またより強い闘犬として改良をされてきた歴史を持つ、勇猛で激しい気性を持った犬です。しっかりとした躾と社会性を身に付けさせなければ危険ですし、飼育者にはそれなりの体力と知識が必要とされるのです。誰にでも飼うことができる犬ではありません。

そのためか現在秋田犬の保護件数は大変に多く、たくさんの秋田犬が里親を募集しています。

秋田犬を飼うことを考えているのならば、是非里親になることも選択肢の一つとして考えてみてください。そして、多くの秋田犬が保護されていることを心にとめて、自分たちが最後までしっかりと飼って行くことができるのか、もう一度よく検討してみてください。