2017年6月18日更新

猫にささみは食べさせて大丈夫?【動物看護師が解説!】

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

誕生日や、お正月、クリスマス。行事ごとに何か特別なご飯を猫に与えている飼い主も多いのではないでしょうか?ペットショップなどで売られている犬猫用のごはんでも十分ですが、たまには手間暇かけて猫に手作り食を与えてみませんか?ヘルシーで手に入りやすいささみは、猫に与えても良いとされる食材のひとつです。

 

猫にささみの美味しさを

手作り食といってもなにをあげていいのか、どんなものを作れば良いのか迷ってしまいますよね。全て手作りはなかなか難しいので、いつも食べているキャットフードにささみを茹でて、汁と一緒にパラパラとかけてあげるのも良いでしょう。
脂肪分が少なく、ヘルシーなささみはお湯で茹でるだけでもほんのり肉の甘みがあってとても美味しい食材です。きっと猫も気に入って食べてくれるでしょう。

ささみが食べられると得をするかも

ささみを美味しい、と覚えられるといくつかのメリットを得ることができます。まず、ご褒美をあげたいとき。

猫用のおやつは少なく、褒めてあげたいとき何もあげるものがないですよね。缶詰を開けるには量が少なすぎるし、いつものキャットフードでは猫もご褒美感がなく、あまり効果がありませんよね。猫の名前を呼んで、すぐに駆け寄って来るようにしたいなら、呼んでこちらに来たときにささみをひとつまみあげてみてください。ささみ欲しさに、次からは一目散に走ってくるでしょう。

ささみのメリットふたつめは、薬を飲まなくてはいけないときに便利です。猫はとても鼻がきくので、缶詰に錠剤や粉薬を混ぜてあげようとしても薬が入っていることがバレて全く食べてくれない、なんてこともあるでしょう。そんなときはささみの出番です。ささみに薬を混ぜて与えてみましょう。お皿からではなく、手からあげるのが良いです。たまにしか食べられないささみが出てくると、それだけで気分が上がってパクパク食べてくれることもありますから、是非試してみて下さいね。

ご褒美にするにしても、薬を忍ばせるにしても、”たまに”しか食べられない特別感が必要ですので、いつもいつもあげないようにしてくださいね。

 

味付けはしないこと

ささみを上げる際は、必ずきちんと火を通して、”お湯で”茹でて下さい。少し味がした方が…と思う気持ちもわかりますが、塩分や糖分をプラスしてしまうと猫にとって危険な食材になり兼ねませんので注意してください。

あげる量も、一回に大体10~15gくらいが良いでしょう。個体差がありますので、自分の家の猫の様子に合わせて調節してください。美味しくてどんどん食べてるうちに、胃の許容範囲を越して、吐いてしまうなんてことも起こりうるので注意しましょう。

特別な時に、美味しい手作り食を

安価で手に入れやすいささみは、手作り食にも使いやすい食材です。また、ヘルシーで塩分もないので猫の体に負担をかけることがありません。市販の缶詰も良いですが、たまにはドライフードに茹でたささみや、ささみのゆで汁でドライフードをふやかして特別なごはんにしてあげませんか?