2017年6月18日更新

便秘の猫にバナナ?本当に効果があるのか?【動物看護師が解説!】

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

 

食卓にバナナを置いておくと、異常に敵視する猫っていませんか?猫は長細いものが苦手なので威嚇したり逃げたりするのですが、逆にバナナの甘い匂いや味が大好きな猫もいるようなのです。さて、猫にバナナって食べさせても良いのでしょうか?

 

食べても問題はない

猫にバナナを与えても問題はありません。中毒になるような成分も入っていませんので、安心してください。与える際には、必ず新鮮なものを与え、あげすぎないように注意してください。ただし、人間が食べているものは基本的に与えないほうが無難ですので、あげないとどうしようもない状態で無ければ与えるのはやめましょう。甘みが強いので、依存しやすくなります。

バナナを食べると猫も便通が良くなる?

猫はあまり水分を積極的に摂らない動物なので、どうしても便秘になりやすいです。バナナには食物繊維が多く含まれているので、便の量を増やして、流れやすくしてくれます。しかし、便通が改善されるほど食物繊維を摂取するためには、バナナ1、2本食べなくてはなりません。猫にとってバナナ1、2本はあまりにも多すぎますので、便秘だからといってバナナを与えて効果を期待するのはやめましょう。

また、糖分も多く含まれていますのであげる量には注意してください。

 

あげるならどのくらい?

ハッキリと適量は決まっていません。個体差がありますので、与える際は体調をよく観察しながら調節して与えてください。どうしてもバナナを与えなくてはいけない状況は皆無に近く、与えるとしたら、特別なイベントの際の手作りのケーキや、おやつ代わりでしょうか。

柔らかく食べやすい硬さですが、粘度が高く、喉に絡みやすいので、ペースト状にして水分をプラスして食べやすく、飲み込みやすくしてあげるのが良いかもしれません。食べている時は必ず目を離さず、何か異変があったらすぐに対処出来るようにしてあげてください。特に普段はドライフードばかり食べている猫だと、食感が変わると飲み込みが上手くいかない場合があります。ムセたりしていたら、優しく背中をさすり、様子を見てあげてください。その後も絡んだような咳が続く場合は病院へ受診することをお勧めします。

楽しい猫ライフを

人間が食べている美味しいものをシェア出来たら、それはとても嬉しいことですよね。人間の食べているものは与えないのが一番ですが、たまに、特別な日に少しだけ与えるのであればそれも良いのかもしれません。どんな食べ物でも与える前には必ず、食べても大丈夫なものなのかどうか確認してからあげて下さいね。