2016年4月29日更新

ブルドッグ の価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

顔に深く刻まれたしわと大きな口、重心の低いがっしりとした体形が勇猛さを感じさせるブルドッグ。見た目の厳つさの反面、陽気でユニークな仕草が愛嬌たっぷりな犬ですね。そんなブルドッグ の価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

ブルドッグ の価格・相場は?

ブルドッグの子犬は高額で販売されることが多いようです。家庭向けのペットタイプでも300,000円前後~500,000円台、ショータイプになると500,000円以上となり、なかには2,000,000円を超す高値の子犬もいます。

ブルドッグは頭部が他の犬種に比べて大きいため、自然分娩での出産が難しく帝王切開での出産がほとんどであること、また死産も多く子犬の出生率も他の犬種に比べて低いことなどがあり繫殖に手がかることから、価格が高額になる傾向があるようです。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでブルドッグ を購入するには?

価格のところでも書きましたがブルドッグの繁殖はとても難しく子犬の数も少ないため、一般的なペットショップの店頭で並ぶようなことはあまりないでしょう。

また日本のペットショップでは展示スペースの関係もあり、小型犬の販売が主流となりますので、ブルドッグよりも小型なフレンチ・ブルドッグの方が多く販売されています。

ペットショップから購入する利点は、自宅の近くから子犬を引き取ることができることでしょう。店舗によっては店頭に並んでいない子犬を探してくれるサービスを行っている場合があります。ペットショップからの購入を希望する場合はこのサービスを利用するのもよいでしょう。ただし、この場合は価格が通常の販売価格より高額になること、探してもらった子犬が希望する子犬と違っていた場合にトラブルになることがありますので、子犬を探してもらう前にそのお店のサービス内容や価格を確認することをおすすめします。

ブリーダーからブルドッグ を購入するには?

ブルドッグの場合はできるならば専門のブリーダーを探して、直接購入することをおすすめします。

前述している通りブルドッグの繁殖にはかなりのリスクがともないます。しっかりと手をかけて繁殖を行わないと、親犬にも子犬にも負担がかかるので、健康的な子犬を繁殖することが難しくなります。またブルドッグのような純血統の犬は近親交配が繰り返されてきた歴史があり、遺伝的疾患を持って生まれる可能性があります。

ブルドッグを専門に繁殖しているブリーダーならば繁殖の経験も豊富ですし、遺伝的疾患についての知識もありますので、健全でよりブルドッグのスタンダードに近い子犬を購入することができます。

ブルドッグのブリーダーを探す場合はインターネットを利用して検索するか、JKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)などが主催しているドッグショーを見学に行くとよいでしょう。ドッグショーの開催時期や場所はJKCのホームページに記載されています。

 

里親制度とは?

最近ではメディアでも取り上げられているので、保護された犬や猫が迎える辛い現実を、ご存知の方も多いと思います。長い間この現実は一般の人からは見えないように、ひっそりと隠されてきました。でも本来は犬や猫を飼ってみたいと考える人ならば、目を背けてはいけない問題ではないでしょうか。

現在は殺処分の現状を理解し保護された犬や猫を助けて行こうと活動する方々のお蔭で、保護される件数もまた保護された犬の殺処分数も減少してきています。里親制度はこの活動(殺処分ゼロ)の一環で行われているもので、保護された犬や猫の情報を公開し、広く飼い主を募集する制度です。

今動物愛護センターや保健所に保護されている犬や猫を救う唯一の方法は、引き取り期間内に新しい飼い主が見つかることだけです。子犬を購入する前に1度どのような犬たちが里親を募集しているか見てみませんか?

ブルドッグを飼うときに考えてほしいこと

長い間憧れていた犬と一緒に生活する。考えただけでわくわくすることですよね。でも、その陰で多くの犬が飼育放棄や乱繁殖の犠牲になっていることを忘れないで欲しいのです。

犬や猫を飼う時にペットショップに行くのではなく、皆が自然に保護施設を訪れるようになったら、そんな犬や猫が少しずつ減って行くと思いませんか?

ブルドッグのような飼育頭数の少ない希少な犬でも、保護される頭数はゼロではないのです。犬を飼うことを考える時にどこで犬と出会うか、その選択肢に里親になることを加えていただけたらと思います。

ブルドッグについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ブルドッグとの暮らしで注意すること