2016年3月22日更新

足先を過剰に舐めていたら注意! 獣医師に聞く、犬が見せるストレスフルのサイン

ひとり暮らしの人に、自宅で留守番中のペットをチェックするスマホアプリが人気と聞きます。「屋内での終日の留守番のストレスが原因で脱毛や体調不良、自傷行為などを起こし病院に来るケースがあります」と話すのは、獣医師で動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)の橋本理沙院長。詳しい話を聞きました。

犬が過剰に足先をなめ続けるのは、ストレスフルのサイン

ストレスはどのような形で現れるのでしょうか。橋本医師は、こう説明します。
「犬は、人と遊ぶのが大好きな動物です。そのため、人の気を引くためにわざといたずらをするケースが目立ちます。飼い主がひとり暮らしの場合、日中にかまってあげられないことも多いと思います。

これまでしていなかったようないたずら、例えば、飼い主がいないときに限って、ティッシュを箱から全部出してしまう、トイレ以外の場所でおしっこをしてしまうといった、一見困った行動をすることがあります。これは、『分離不安症』という心の病気の可能性があり、飼い主の注意を引こうとするサインであることが多いのです」

悪さをしているのではなく、かまって欲しいサインなのですね。
「犬は、『強迫神経症』といって、ストレスがたまると自傷行為をすることもあります。毛を抜く、皮ふが赤くただれるまで足先や指の股をなめ続ける行動は、ストレスが原因の場合が多いです。また、自分の尻尾をかじる『尾かじり』と呼ぶ行為は、退屈の現れと考えられます。血が出るほど尻尾をかじった小型犬が来院したこともあります」(橋本医師)

下痢や肥満はストレスが原因となる場合も

ヒトはストレスが原因でおなかをこわすということもありますが、犬はどうなのでしょうか。
「犬もヒトと同じく、ストレスで下痢を起こす、嘔吐(おうと)することがあります。また、もともと食べることが大好きな犬ですが、退屈から必要以上に過食となって、肥満はもちろん、誤食といった事故も増えます」(橋本医師)

犬のストレス対策について、橋本医師は具体例を挙げて説明します。
「犬が遊べる場所に、噛(か)み続けることができるもの、例えば馬のアキレス腱(けん)でできた犬用おやつや、硬くねじったスポーツタオルなどを用意します。退屈を防ぎ、ストレスの解消に役立ちます。

このとき、必ず飲み込めない大きさのものを用意してください。飼い主の留守中の誤食は、犬に特に多いトラブルの一つです。以前、靴下をおもちゃにした犬が、飲み込んで開腹手術をしたという例があります。同様に、肉や惣菜のプラスチックのトレーやお菓子の袋などを食べることも多いので、ゴミ箱にはフタ付きのタイプを使うなど注意しましょう。

また、ストレスでイライラして攻撃性が高くなっているときには、獣医師に相談してください。不安を取り除く薬やサプリメントを処方するなどの対応ができます。いずれにしても、ほかの病気の可能性もあるので、まずは病院での検診を勧めます」(橋本医師)

橋本医師は、犬とヒトとのコミュニケーションの点についてもアドバイスをします。
「犬のストレス発散のために、1日30分以上は、散歩以外にスキンシップの時間を持ちましょう。また、特に大型犬の場合は、運動不足がストレスとなり、『むだ吠え』の原因にもなります。できれば週に1回はドッグランへ行き、思いっきり走る機会を作りたいものです。ひとり暮らしで時間が取れないなどの場合は、ペット用の保育園やペットシッターなどを利用するのも一つの方法でしょう」

ひとり暮らしだと、帰宅時に出迎えてくれる犬の存在はうれしいものですが、犬にも癒しが必要とのことです。犬のストレスのサインを見逃さず、触れ合う時間を持ちたいものです。

記事提供:足先を過剰に舐めていたら注意! 獣医師に聞く、犬が見せるストレスフルのサイン

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

感受性強し!!レークランド・テリアの里親になる方法と里親を探す方法

そこまでペットとしての人気は高くないものの、その洗練された外観とテクニックでドッグショーでは際立つ才能を発揮し、注目される犬種です。小柄ですが、みるからに頑丈そうな体格をしており、山岳地帯の……

獣医師が教える!犬や猫はインフルエンザにかかるの?

冬本番となり、今シーズンもインフルエンザの流行が本格化してきました。人がかかるととても辛いインフルエンザですが、犬や猫にもインフルエンザがあるのか気になった人はいませんか?今回は、犬や猫のイ……

犬が首をかしげる!?犬の行動とその理由について

自宅で犬を飼っていたり、外で歩いている犬を見かけたりする時に「あれ?なんであんな行動をしているのだろう?」と、私たち人間にとっては理解できない、あるいは理解しがたい行動を見る事はありませんか……

こんな楽しい場面でドキドキ、ビクビク? 気をつけてあげたい愛犬の意外なストレス

いつも以上に家族と一緒に遊べる時間が増える休日は、愛犬にとってもスペシャルタイム。新しい場所に連れて行ってもらったり、新しい犬仲間や人とのふれあいがあったり。 ただ喜びながらも、私たちが気……

『保護犬専用ブース』を設け里親探しも行う新しい形のペットショップ。

『P’s-first』というペットショップをご存知でしょうか? ペッツファースト株式会社が運営しているペットショップで、従来のペットショップとは少し違った取り組みをしています。 『ペット……

犬や猫も花粉症になるの…?そんな疑問に獣医師がお答えします!!

くしゃみが止まらない。鼻水が止まらない。目がかゆい。毎年春になると、花粉症の症状に悩まされる人も多いでしょう。今年も、辛い花粉症の季節が近づいてきました。ところで、犬や猫に花粉症があるのか、……

香水やアロマはOK?  ​「犬の嗅覚」の疑問に獣医師が答える!

香水をつけていたら、近付いてきた友人の犬に逃げられたことがあります。みなさんもそんな経験はありませんか? 「犬は人間よりにおいを嗅ぎ分ける力が優れています。犬にも香りの好き嫌いがあり、その犬……

富士山2合目の遊園地で愛犬と愛犬家のためのイベントが開催中(*´`*)!

画像出典:PR TIMES シルバーウィークのおでかけにもぴったりな、愛犬と一緒にお花やアトラクションを楽しめる『天空のワンワンフェスティバル』が静岡県・裾野市、富士山2合目にある遊園地【……

【動物看護士が解説】飼い主必見!老犬介護に大切なポイントをお教えします。

昔は体力が有り余っていたずらばかりだった愛犬もついに老犬の仲間入り…。もしも、愛犬が寝たきりになってしまったらどうすれば良いのかわからないあなた。愛犬と楽しく、幸せに余生を過ごしてあげるため……

【獣医師監修】犬の気管支狭窄〜原因・症状と対策

愛犬の病気や腫瘍で呼吸になんらかの異変を感じた時、また異物を飲んでしまいゼーゼーとした呼吸をしている時などは、気管支狭窄に注意しなくてはいけません。 犬の気管はとても弱いもので、気管支……

愛犬・愛猫のための手作りごはん!『ペット生活レシピ』がオープン♪

最近『犬猫の高齢化』というキーワードを耳にする機会が増えたと感じませんか?一般社団法人ペットフード協会の独自調査によると、犬猫の平均寿命は、30年前と比較して約2倍にまで伸びているそうです!……

【ペットシッターが解説】キャバリアとの暮らしで注意すること

キャバリアの性格と性質 性格 キャバリアは、とても明るく人に対して友好的な性格を持っています。長い耳、豊富な毛、くりっとした大きな目で思いっきり笑顔の表情を見ていると、こちらまで幸せ……

大切なペットと『ちがう時間の流れ』で生きていることを感じられる定規。

大人になって様々なことが理解できるようになると、一緒に生活しているペットたちが自分と『ちがう時間の流れ』で生きていることが分かります。犬はだいたい15歳、猫はだいたい20歳が寿命だと言われて……

犬を飼いたい!でもその前に自分自身が本当に犬を飼えるのか考えてみませんか?

「仕事で日中は留守にしているけれど、犬を飼いたい」と考えている人はいませんか?犬を飼うことは生活に楽しみや潤いをもたらしてくれますが、とても大きな責任と覚悟を必要とします。安易な気持ちで飼い……

ストレス?換毛期?病気?犬猫の抜け毛について獣医師が詳しく教えます!

春に増える、犬や猫の抜け毛。犬種・猫種によっては、ごっそり大量の毛が抜けることもあり、家の中が毛だらけで毎日の掃除が本当に大変、という方もいるでしょう。春は換毛期といって、犬や猫の毛が生え変……