2016年8月6日更新

覚えれば仲良くなれる! 猫がよくするボディランゲージとその意味5つ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬は、「この人はボクにごはんと住むところをくれるし、愛してくれる。きっとこの人は神様に違いない」などと考えながら、飼い主を喜ばせることを常に必死に探している。
一方、猫は、「この人はボクにごはんと住むところをくれるし、愛してくれる。きっと自分は神様に違いない」と、飼い主が自分に尽くしてくれることを当然だと思っている。
犬は人の役に立つ動物であるけれど、猫はそうではない。

と、猫については人に従順でないイメージが一般的でありますが、動物行動学の専門家で、カリフォルニアの獣医であるゲイリー・ワイツマン博士は、そうではないと語ります。彼は、ナショナル・ジオグラフィックからの新書「猫との話し方」(How To Speak Cat)の著者でもあります。

猫は、私たちが考えているよりも、はるかに愛情深く、人間に依存している動物であると主張しており、猫の「言語」を学ぶことによって、私たちと猫の関係を改善できるというのです。
まず、満足しているときやハッピーなときに猫がゴロゴロと喉を鳴らすことは、よく知られていますが、じつは、ストレスや不安を感じているときも、同じ行動がみられます。動物病院の診察台に上がったとき、ゴロゴロいうのはそのためで、自分を落ち着かせるために喉を鳴らすのだそうです。

その他、
● しっぽをピンとまっすぐ上に立てて歩いているとき……幸せを感じている
● 頬をスリスリしてくるとき……痒いのではなく、あなたが自分のお気に入りであり、所有物だと主張している
● 尻尾をあなたの足にこすり付けてくるとき……「友達になろうよ!」という意味の友情を示すサイン
● 片目をつぶって見せるとき…甘えたいとき。愛情を要求している。
● 耳を後ろに傾け一点を凝視してじっとしているとき……「ほうっておいてくれ!」という意味で、遊ぶムードではない
まだまだ未知な部分の多い猫ですが、猫のボディーランゲージを私たちが理解することで、コミュニケーションをとることができるなんて素敵なことですね。

参考:Can you speak CAT? How to decode a moggie’s body language
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3125574/Can-speak-CAT-decode-moggie-s-body-language.html

記事提供:覚えれば仲良くなれる! 猫がよくするボディランゲージとその意味5つ

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード