金魚ファンに根強い人気。アズマニシキの特徴、飼い方をご紹介

体高のある体に大きくゴージャスな尾びれ、薄い青、赤、黒の3色の体、赤い肉瘤…アズマニシキは金魚ファンが求める金魚の特長を併せもった人気の金魚で、全国で愛好会が活動しています。今回はアズマニシキの特徴や飼い方についてご紹介しましょう。

 

アズマニシキはどんな金魚なのか?

アズマニシキは昭和6年に横浜の金魚商、加藤金蔵氏がオランダ獅子頭と三色出目金を交配して生み出した金魚。アズマニシキの名前は、その出自が関東であったことから東京金魚錦鯉販売購買組合、組合長の高橋鉄次郎氏が名づけました。

アズマニシキにも養魚場によってさまざまな特徴があり、現在一番流通しているのは愛知県で養魚されているオランダ獅子頭をベースにした丸手のタイプ。これに対して日本古来の長手を元に作られた長手のアズマニシキはカントウアズマニシキ、ホンアズマなどと呼ばれ、数が少ないこともあって熱心な愛好家が多いと言われています。

中でも埼玉県にあった鈴木養魚場で作出されたスズキアズマは美しい浅葱色、長手なのに立派な肉瘤、優雅な長い尾でマニア垂涎の金魚でした。(現在、鈴木養魚場は廃業したため、厳密な意味でスズキアズマは作出されていません。)同じアズマニシキでも系統によって入手のしやすさ、価格とも大きな開きがあることを覚えておきましょう。

アズマニシキは理想とされる体型や体色の個体がなかなか出ないだけではく、年を追うごとに色彩や配色が変化する傾向もあり、その難しさが愛好家を惹きつけているようです。

 

アズマニシキを飼う時の注意点は?

紫外線の当てすぎに注意

アズマニシキは紫外線に当たりすぎると黒い部分が濃くなったり、浅葱色の部分の色が変わったりすると言われています。アズマニシキの魅力のひとつは体の色ですが、特に美しい浅葱色(薄いブルー)はアズマニシキの価値を決めるポイントです。浅黄色が青くなくなったり、黒の部分が多くなりすぎると魅力が半減すると言われていますので、水槽に紫外線に当たり過ぎないように注意が必要でしょう。

水質には注意が必要

金魚はどれも水槽内の水質管理が大切ですが、アズマニシキは特に水質の影響を受けやすいと言われています。水槽の1/2から1/3の水を定期的に交換するようにし、濾過装置も忘れずに取り付けて水質管理を怠らないようにしましょう。

 

アズマニシキを飼う前に揃えたいグッズは?

水槽

アズマニシキを飼う場合は60ℓの水槽で2匹程度にしておくのがオススメです。狭い水槽に多くのアズマニシキを飼ってしまうと金魚にストレスを与えますし、美しい尾びれが傷ついてしまうこともあるでしょう。

エアレーション

金魚は水中でエラ呼吸して酸素を体内に取り込んでいますので、水中に充分な酸素を補給するためにエアレーションは欠かせません。エアレーションを使うことで泡から水中の酸素濃度が上がるだけでなく、水面を揺らすことで空気と接する面積が増えて効率よく水中に酸素を取り込むことができます。

濾過装置

アズマニシキは水質汚染に弱い品種ですので、水質管理には注意が必要です。水槽内の水質をきれいな状態に維持するためには水を定期的に交換するほか、濾過装置の取り付けも必須です。

水温計&ヒーター

アズマニシキを飼う場合、水槽内の水温は約15℃~25℃程度に維持するようにしましょう。水温は感覚ではなく、水温計で測って調整した方が良いでしょう。

塩素除去剤

水槽に入れる水は水道水で充分ですが、水道水には塩素が入っているため直接水槽に水を入れるとアズマニシキが弱ったり死んでしまったりすることがあります。水槽に入れる水道の水は24時間程度汲み置きすれば大丈夫ですが、塩素除去剤があえば汲み置きの時間が省略できて便利です。

 

アズマニシキは何を食べるの?

アズマニシキには人工の金魚用のエサ、冷凍赤虫、イトメ、水草などを与えましょう。与え過ぎると水質を悪化させ病気に繋がりますので、与える量は5分以内で食べきれる量にし、1日1回~2回程度にしておきましょう。

美しいキャラコ模様と特徴的な姿を楽しむ

一言でアズマニシキと言ってもペットショップなどで気軽に買える丸手からマニア垂涎の養魚場ブランドまでアズマニシキは非常に奥の深い金魚です。丸手のタイプであれば入手も飼育もそんなに難しいわけではありませんのでぜひ、その美しさに嵌ってみてください。

関連記事