2016年2月22日更新

ニューファンドランド の価格は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

水難救助犬や警備犬として優秀さを発揮するニューファンドランド。がっしりとした骨格の大きな体が、ニューファンドランドの力強さと大らかさを表しています。そんなニューファンドランド の価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

ニューファンドランド の価格・相場は?

ニューファンドランドは温厚で優しく、大型犬の中でも飼育しやすい犬種ですが、日本ではまだ飼育の歴の浅い、とても希少な犬種になります。また繁殖を行っているブリーダーの数も限られていて、子犬が一般的な市場に出回ることが少ないので、価格も200,000円~400,000円台と高額になります。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでニューファンドランド を購入するには?

価格のところで述べたとおり、ニューファンドランドは繁殖の頭数の少ない希少な犬種になるので、ペットショップの店頭に並ぶ可能性は少ないと思います。

ペットショップでは店頭に並んでいない犬種でも、希望を聞いて子犬を探すサービスを行っている場合があります。ペットショップからの購入を希望する場合はこのサービスを利用するのもよいでしょう。ただしニューファンドランドの子犬の場合はかなり繁殖の頭数が少ないため、出産が予定されている時点で予約されている可能性があり、希望する子犬を見つけてもらうまでに時間が必要になるでしょう。

ブリーダーからニューファンドランド を購入するには?

ニューファンドランドの場合は繁殖を行っているブリーダーを探して、直接相談する方が希望する子犬を確実に購入することができます。

ニューファンドランドのような純血統の犬種は、その犬種固有の外見を保つために近親交配が行われてきた歴史があり、そのため遺伝性の疾患をもっている可能性が高くなります。ブリーダーを選ぶ場合はこのような遺伝性の疾患について正しい知識を持っていて、疾患のない子犬を繁殖することに力を入れている、シリアスブリーダーを選ぶようにしましょう。

ただしニューファンドランドの場合は国内のブリーダーは限られているので、場合によっては国外のブリーダーから子犬を輸入することを考える必要があると思います。

国内で繁殖しているブリーダーを探す場合は、JKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)などが開催しているドッグショーを見学に行くとよいでしょう。ドッグショーの開催時期や場所はJKCのホームページに記載されています。

 

里親制度とは?

里親制度とは殺処分ゼロ活動の一環で行われているもので、保護された犬や猫の中で病気やけがなどがなく、飼育可能な犬や猫に新しい飼育者を募集する制度です。

おおまか流れを説明すると、まず自分の地域で里親を募集している犬や猫の情報を、地域の広報誌やインターネットなどを利用して確認します。希望する犬が見つかった場合は、保護している施設へ連絡をとり定められた手続きに沿って里親へ応募します。応募の内容が条件を満たしていると判断された場合はトライアル期間を経て、問題がないことが確認された場合は引き渡しとなります。具体的な手続きや里親への応募条件はそれぞれの施設や団体で異なります。

ニューファンドランドのような希少な犬種が保護されることはあまりありませんが、同じ大型の犬種でシベリアンハスキーやゴールデン・レトリバーなどの保護件数はかなり多くなります。

子犬を飼う前に1度どのような犬たちが里親募集をしているか確認してみてはいかがでしょうか?

ニューファンドランドを飼うときに考えてほしいこと

日本ではまだあまり知られていないニューファンドランドですが、海外では飼いやすい大型犬として人気の高い犬種です。穏やかで優しい性質が家庭で飼うのに向いているということでしょう。

ただし大型の犬である以上飼育にはそれなりに広いスペースが必要になりますし、運動量もかなり必要になります。また日本で飼育されている頭数が少ないということは、飼育に関する情報が手に入りにくいということでもあります。

犬を選ぶときは憧れや見た目だけでなく、自分たちのライフスタイルにあった犬を選ぶようにしましょう。