2017年5月17日更新

ビーグル の価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

長い耳と垂れ気味の目、大きな口が愛嬌たっぷりのビーグル。スヌーピーのモデル犬としても有名ですよね。独特の遠吠えのような鳴き方から「森のトランぺッター」など多くの愛称を持っています。そんなビーグルの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

ビーグル の価格・相場は?

ビーグルの価格の相場はおおよそ100,000円前後~200,000円台というところでしょう。

子犬の価格にははっきりとした基準がないため個体差によって大きな幅があるのが通常です。

価格差が生じる主な要因は、血統、容姿、月例で、両親の両方もしくは片方がチャンピオン犬である場合は、チャンピオン直子の血統となり価格が上がります。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでビーグル を購入するには?

ペットショップの場合は利益を出す必要があるため、販売される子犬は小型犬で流行している犬種が主になる傾向があります。ビーグルも根強く人気のある犬種ではありますが、一時のような爆発的な人気ではないことと中型犬であるため、店頭に並ぶケースも少なくなってきています。

ペットショップの場合はバックスペースで訓練中の子犬もいます。展示されていなくてもビーグルがいないとは限りません。また大型のペットショップの場合はその店舗にビーグルがいない場合でも、他店舗にいないかを探してくれるサービスがあります。ペットショップからの購入を考えている場合は、販売員にビーグルの子犬を購入したい旨を伝えて、相談をしてみるとよいでしょう。

ブリーダーからビーグル を購入するには?

ブリーダーから購入することのメリットは、親犬と触れ合えること、繫殖および飼育の環境を自分の目で確かめることができることでしょう。

ビーグルのように多くのブリーダーがいる場合は、特に自分の目で見て犬舎の様子や親犬の状態を確認することが重要です。どのような親犬から、どのような繫殖環境で生まれてきたかは、子犬の生涯にかかわる大切な問題です。清潔な飼育・繁殖の環境を保っていて、親犬の健康面をしっかりと管理できているブリーダーなら、安心して子犬を購入できますね。

ビーグルのブリーダーはインターネットでも簡単に検索することができますが、ブリーダーから購入するメリットをいかして、メールや電話でのやり取りだけでなく直接犬舎の見学させてもらいましょう。様々な理由をつけて犬舎の見学を断るようなブリーダーからの購入は控えた方がよいでしょう。

 

里親制度とは?

残念なことにビーグルのように一時期爆発的な人気を誇った犬は、流行が過ぎると保護件数が増えていく傾向があります。インターネットを利用してビーグル、里親で検索してみてください。多くのビーグルが新しい飼い主を探していることがわかるでしょう。

犬の保護は公共の動物愛護センターもしくは保健所で保護される場合と、民間の保護団体に引き取られる場合があります。民間のボランティアの方々に引き取られれば、期限を設けられることなく里親を探すことができますが、保護される犬の頭数に対してまだまだ引き取り出来る数は足りていません。そのため多くの保護犬・猫は公共の動物愛護センターや保健所に引き取られます。公共の施設の場合はそれぞれが定めている預かり期間があり、その期間を越えてしまった犬・猫は残念ながら殺処分されてしまいます。

里親制度は保護された犬・猫の情報を公開し広く一般に飼育者を募集することで、期間内にできるだけ多くの犬・猫の新しい飼育者と見つける制度です。

里親への応募方法はそれぞれの施設および団体で異なります。応募の方法は各施設および団体のホームページに記載されていますので、規約などをよく読んで応募するようにしてください。

ビーグルを飼うときに考えてほしいこと

犬や猫の流行には色々な問題が含まれています。その1つが流行が終わると増えていく保護件数です。ビーグルもこの問題の被害犬です。今も多くのビーグルが施設に保護されている状況です。ビーグルを飼うことを考えているのなら里親になることを選択肢の1つとして考えてもらえたらと思うのです。

ビーグルについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ビーグルとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ