2016年4月29日更新

プードル の価格は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

トイ・プードルやミニチュア・プードルより大きな体のプードル。繊細でデリケートな心と高い知性を備えた才色兼備な犬です。大きな体を覆う被毛はカット次第で様々な表情を見せるのが魅力的。そんなプードルの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

プードル の価格・相場は?

プードルは現在テレビへ出演していることもあり、人気があがってきている犬種です。そのため子犬の数も増えてきていて以前より価格も下がってきています。現在の相場はおおよそ200,000円前後というところでしょう。

この価格は家庭向けのペットタイプの子犬の価格ですので、犬種標準(スタンダード)に近いドッグショー向けのタイプでは400,000円以上のかなり高額な価格になります。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでプードル を購入するには?

価格のところでも述べたとおりテレビの影響もありプードルの人気があがるにつれて、ペットショップでも販売している所を見かけるようになりましたが、日本のペットショップは展示スペースの関係もあり、大型の犬よりも小型の犬の販売が主流になっています。

そのため、プードルのような大型の犬種は大型犬専用の展示スペースが確保されているペットショップでのみ取り扱われるので、どこのペットショップでも販売されているというわけにはいきません。

自宅の近くのペットショップからの購入を希望する場合は、ペットショップで希望の子犬を探すサービスをしているかを確認してみましょう。大型のペットショップの場合は他店舗にプードルの入荷がないか確認して取り寄せてくれます。

ブリーダーからプードル を購入するには?

人気の上がってきている犬種の場合は、繫殖しているブリーダーの数も人気に従って増えていきます。プードルのブリーダーも現在かなり多くなってきていて、インターネットでも簡単に検索することができるようになってきました。

ブリーダーから購入するメリットの1つは犬種に対しての知識が豊富で、時に耳に痛いこともありますが、飼育に対して的確なアドバイスをしてもらえることですね。

プードルのように繁殖しているブリーダーが増えている犬種の場合は、流行にのって繁殖を行っている繫殖屋(パピーミル)のような悪徳なブリーダーが混ざっている可能性があります。ブリーダーを選ぶ際は長い間プードルの繁殖を行っていて、できる限りプードルを専門に繁殖しているブリーダーを選びましょう。

また子犬を購入する前には必ず自ら犬舎へ出向いて、犬舎や親犬を見せてもらいながら直接話しを聞く機会を設けましょう。

 

里親制度とは?

現在日本で1年間にどのくらいの犬や猫が保護されているかご存知でしょうか?公共の動物愛護センターや保健所に保護された犬や猫の頭数は、環境省自然局の統計資料によると平成26年度で151,095頭となっています。そのうちの約70%にあたる101,338頭が、預かり期間内に飼育者が現れなかったため殺処分されています。

里親制度はこの70%の数字を0%に近づけるために行われているもので、インターネットや広報誌などを通じて犬や猫の情報を公開し、広く飼育者を募集する制度です。

プードルのように流行り始めたばかりの犬が保護されることはあまりありませんが、プードルより小型のトイ・プードルやミニチュア・プードルの保護件数は大変多くなっています。

子犬を購入する前に1度どのような犬たちが里親を募集しているのか見てみませんか?犬を飼う事の責任と意味を考えさせられると思います。

プードルを飼うときに考えてほしいこと

ペットの流行には様々な問題が含まれています。

テレビや映画などのメディアで露出が増えると、その犬種の人気が急激に上がっていく傾向があります。人気があがるとこれまでペットショップであまり見かけなかった子犬が、ペットショップの店頭に並ぶようになっていきます。

ではその子犬達はどこからくるのでしょう?おもちゃのように人気が出たから増産しますというわけには行きません。犬は生き物ですから、親犬が生んでくれなければ子犬は増えないのです。そのことをよく考えてもらいたいのです。

どうしてその犬と暮らしたいのか?本当に自分たちのライフスタイルにあった犬なのか?

犬を飼う前にはそのことしっかりと考えて、自分たちのためにも飼う犬のためにも、本当に自分たちにあった犬種を選んで欲しいと思います。

プードルについて詳しく知りたい方はこちら
「プードル」に関する記事まとめ