2016年12月1日更新

【獣医師監修】猫の小腸性下痢症〜原因・症状と対策

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫の小腸性下痢症は小腸の異常が原因で引き起こされている下痢のことを指します。小腸には内容物の水分量を一定に保とうとするはたらきがあるため、正常な状態であれば過剰に水分を含んだ便は排出されません。しかしそのようなはたらきに異常が起きていると小腸性下痢症を引きおこすと言われています。小腸性下痢症は慢性化する可能性があり、また様々な病気が引き金となって発症している可能性もあります。適切な対処をしなければ命に関わる可能性まで考えられるので、小腸性の下痢を軽く扱わないようにしてあげてください。猫の小腸性下痢症の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

猫の小腸性下痢症の原因

猫の小腸性下痢症の主な原因については以下の通りです。

  • 基礎疾患
  • 寄生虫症
  • 感染症
  • アレルギー
  • 腸内細菌の異常
  • 薬剤(抗生物質など)

小腸性下痢症を引き起こす基礎疾患には様々なものがあり、代表的なものについては以下の病気が挙げられます。

  • 慢性腸炎
  • 尿毒症
  • アジソン病
  • 膵外分泌不全症
  • 腫瘍
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胆のう障害
  • リンパ管拡張症

また小腸性下痢症を引き起こす寄生虫や菌については以下の通りです。

  • 寄生虫:鉤虫・糞線虫・ジアルジア
  • 菌:サルモネラ・クロストリジウム(細菌)・ヒストプラズマ(真菌)・ピシウム(カビ)

以上のように小腸性下痢症を引き起こす原因は多岐に渡っています。小腸性下痢症と思われる症状が見られたときには以上のような原因が考えられるので、症状が長引いている場合や心配な場合は早めに動物病院に連れて行ってあげてください。

猫の小腸性下痢症の症状

猫の小腸性下痢症の主な症状については以下の通りです。

  • 下痢
  • 多飲
  • おなかの鳴り
  • おなかの膨れ
  • 口臭
  • 便の増量・回数増加

小腸性下痢症の基本的な症状は下痢になりますが、その他にもいくつかの症状が挙げられます。以上の症状が見られたときは小腸性下痢症の可能性を考え、適切な検査を受けさせてあげてください。

 

猫の小腸性下痢症の対策

猫の小腸性下痢症の原因は様々であり、その内訳は基礎疾患や菌、寄生虫などのように完全に予防することが難しいものが大部分を占めています。もちろんそれらを予防するという意識は大切ですが、それでも小腸性下痢症を発症してしまったときにはなるべく早急に獣医さんの診察を受けさせてあげてください。それによって小腸性下痢症の原因が特定されればそれに対する適切な治療を施せるので、病気の進行を食い止められる可能性があります。小腸性下痢症の原因の中には、病気が進行してしまうと生命の危機に直面するリスクがあるものも含まれています。病気を早期発見するための大事な意識となるので、飼い猫の健康を気遣った対応を心掛けてあげてください。

猫の小腸性下痢症の治療

猫の小腸性下痢症の治療はそれを引き起こしている基礎疾患などに応じた形で施されます。治療によって小腸性下痢症の原因を排除できれば小腸性下痢症が完治する可能性が高くなります。また猫の小腸性下痢症の症状の緩和を目的とした対症療法を併せて施す場合もあります。具体的には絶食や絶水、輸液、薬剤の投与などです。

まとめ

猫の小腸性下痢症の原因や症状、対策についてご紹介しました。猫の小腸性下痢症は様々な病気が引き金となって発症している可能性があります。小腸性下痢症を発症していると思われる症状が長引いているときには検査を受けさせてあげることを検討してあげてください。小腸性下痢症は下痢以外にも様々な症状を示します。それらが見られたときには適切な対処をしてあげましょう。飼い猫の命を守るためには病気のサインを見落とさず、かつ放置してしまわないことが重要です。飼い猫の健康を維持してあげるという意識を持つようにしましょう。

 
 

関連カテゴリ