2016年12月1日更新

【獣医師監修】猫の胃捻転〜原因・症状と対策

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫の胃捻転とは胃がねじれてしまった状態を指します。胃の中にガスや食べ物が溜まって胃拡張を引き起こしていると、胃がねじれてしまうことがあります。胃捻転の発症率は犬と比べると猫では低いと言われており、猫が胃捻転を発症することは稀であると考えられますが、胃捻転は場合によっては生命の危険が及ぶほどの重い症状を引き起こす可能性があるので注意してください。猫の胃捻転の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

猫の胃捻転の原因

猫の胃捻転の原因として挙げられるものは以下の通りです。

  • 胃拡張
  • 食後の激しい運動
  • 基礎疾患(胃炎や横隔膜ヘルニアなど)

猫の胃捻転の主な原因は胃拡張です。胃の中にガスや食べ物が溜まりすぎていると胃拡張を引き起こし、それによって胃捻転を発症する可能性があります。また胃に食べ物が入っている状態で激しい運動をしてしまうことによって胃がねじれてしまうこともあると考えられています。食後はできるだけ安静にさせてあげましょう。

猫の胃捻転の症状

猫の胃捻転の主な症状は以下の通りです。

  • 大量のよだれを垂らす
  • 嘔吐(嘔吐物がでないことがあります)
  • お腹の膨れ
  • お腹を痛がる
  • 多飲
  • 食欲不振
  • ショック状態
  • 呼吸困難
  • 臓器不全や壊死

猫の胃捻転の基本的な症状は大量のよだれを垂らしていたり、吐こうとしているにも関わらず吐けないといった症状となります。それらのような症状が見られたときには胃捻転の可能性を考えてください。猫が胃捻転を発症していると、次第に症状が悪化していくと言われています。大量のよだれや嘔吐に加え、元気がなくなり、お腹の膨れや痛みが生じ、場合によっては呼吸困難を引き起こすこともあると考えられています。そして周辺臓器のねじれやうっ血などを併発すると胃の壊死や臓器不全などを引き起こし、ショック状態に陥ってしまうと命に危険が及ぶ可能性が生じます。猫が胃捻転を発症してしまったときには症状から異変をいち早く察知し、動物病院に連れていくなどの適切な対応をしてあげてください。

 

猫の胃捻転の対策

猫の胃捻転は胃拡張や食後の激しい運動、基礎疾患などが原因で発症すると考えられています。そのため食べ過ぎを防ぎ、食後に激しい運動をさせないようにすることなどが有効な対策として挙げられます。ただ胃捻転は胃炎や横隔膜ヘルニアが引き金となって発症することもあり、完全に予防することは難しいと言えます。もしも飼い猫が胃捻転を発症していると思われる症状を示している場合には、早めに獣医さんの診察を受けさせ、適切な治療を施してあげてください。胃捻転は命の危険を招く可能性があり、場合によっては死に至ります。重篤な症状を示す前に発見してあげられるよう、飼い猫から発せられている病気のサインを見落とさないようにしましょう。

猫の胃捻転の治療

猫がショック状態に陥ってしまっている場合は点滴などをして状態を安定化させます。その後カテーテルや注射針を用いて胃拡張を引き起こしている原因を取り除き、場合によっては外科手術が必要になることも考えられます。また一度胃捻転を発症してしまった場合は再発率が高いと考えられており、胃を正常な位置に固定する手術を施すこともあります。猫が胃捻転によって重篤な症状を示している場合は一刻を争う事態です。すぐに病院に連れて行ってあげなければ命に関わる可能性があるので、まずは獣医さんの診察を受けさせてあげることを最優先に考えたほうがいいと言えます。

まとめ

猫の胃捻転の原因や症状、対策についてご紹介しました。猫の胃捻転は胃拡張に付随する形で発症することが多いと考えられています。胃拡張を引き起こさないような配慮をすると共に、もしも胃捻転を発症してしまったときには迅速に対処してあげてください。胃捻転は深刻な状態に陥る可能性がある病気です。そのため目に見えて深刻な症状が表れる場合もあります。飼い主の立場として、飼い猫の苦しんでいる姿は見たくないはずです。飼い猫の健康を維持するための行動を心掛けてください。

 
 

関連カテゴリ