2016年4月3日更新

室内では困る!! 犬が片足をあげて排泄する理由。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬と言えば片足を上げておしっこをするイメージがありますよね。大抵オス犬がやる事が多いのですが、これはなぜなのでしょうか?メス犬でも片足をあげる子もいるし、逆にオス犬でも上げない子もいるようです。不思議ですね。今回はその理由と対策についてお話します。

 

なぜ片足をあげておしっこするの?


良く言われるのは、「マーキング」です。

オスの場合

特にオス犬は、「自分はここにいるぞ!オレは大きくて強いんだぞっ!!」と主張をしたがる気質が強いので片足をあげる事によってより高い位置にマーキングをしようとします。それをやる事により、自分の存在と強さを他の犬にアピールしているのですね。去勢した子や、そこまで主張の強くない、穏やかな性格の子はたとえオスでも片足をあげずに用をたす場合があります。

メスの場合

メス犬でも主張が強い子はオス犬と同じように片足をあげてマーキングを行います。「アタシ、ここいら仕切ってるのよん♪」とでも言いたいのでしょうか?もしかしたらアネゴ肌の子なのかもしれません。あなたの犬はどうですか?

問題点


散歩の時に外で片足をあげてする分には特に問題ないですが、家の中のトイレ以外の所でされると、困りますよね。トイレでも片足をあげてする事によって、トイレからはみ出してしまい困る事もあります。

なぜ家の中でしてしまうのか

トイレのしつけが、うまくいっていない可能性があります。子犬の頃からトイレトレーニングをしておかないと、大人になった時に困る事があります。また、たまたま粗相をしてしまって自分のニオイがついているとまたそこでしてしまう事もありますので、排泄をされて困る場所に犬のおしっこのニオイがついている場合は完全に消すようにされてください。

また、単頭飼いの時はしなかったけれど、多頭飼いになったとたんに家の中にマーキングをしだした、というケースもあります。これは他の犬がいる事で、自分の存在を周りにアピールしているからでしょう。

対処法

もし去勢をしていないオス犬の場合は、去勢をするのが良いでしょう。また、片足をあげてしている時に人間がそっと、犬の足を降ろしてあげるという事を繰り返すと徐々に治っていく事もあります。足を降ろしてできた場合はほめるようにすると、犬も分かってやらなくなります。

片足を上げておしっこをする習性は、1歳になる前から始まります。出来れば子犬の頃に足をあげずに出来るようにしつけておいた方が楽ですね。大人になってからでも出来なくはないですが、根気が必要になります。

トイレ以外の所でしてしまったなどという場合、おしっこをした時に叱らないとなぜ叱られているのか分からないので注意が必要です。おしっこしてしまった瞬間を逃した場合はそのままにしておいて、粗相した部分をかいだ時に叱るようにすると良いですよ!

人間と犬、お互いの快適な生活のためにもトイレのしつけは大切ですね!!