2016年4月2日更新

味わってないのかな?犬が食べ物を丸飲みにする理由。

待て!待てよ!・・・よしっ!!と言ったとたん、食べ物丸飲みする犬・・・良くある光景です。せっかく高いおやつを買ってきたのに、一瞬でなくなる・・・そんなのも日常茶飯事ですよね! でも犬は丸飲みをして大丈夫なのでしょうか?のどにつまったり、消化出来なかったりしないの?そんな素朴な疑問にお答えします。

なぜ丸飲みをするのか?


犬の特技です。というのは冗談ですが、犬の歴史や体の構造にその理由が隠されています。

他の犬に取られないように

他の犬に取られたくない!という理由でとりあえずは丸飲みして、後で吐き出して食べ直す、という習性があります。人間のように戸棚の中に隠すなど出来ませんものね・・・。とりあえずは一番安全な自分のお腹の中に隠して、後でじっくりと味わって食べる、という事をやっています。

歯の形の関係で

人間は食べ物を歯ですりつぶしながら食べますが、犬の歯はどれも尖った形をして食べ物をすりつぶす事が出来ません。そのため、ある程度の大きさに切り裂いたら、後は飲み込むしかないのです。一応噛んではいるけれど、のどを通る大きさになったら飲み込むので、丸飲みしているように見えるのです。相当の大きさのものを飲み込む事が出来るので、食べ物以外のものも飲み込んでしまう事があります。

注意点


いくら丸飲みしても平気とはいっても、限度があります。

おやつに注意

犬用のおやつでも、ジャーキーやデンタルケア用のおやつなど注意が必要なものは沢山あります。おやつをのどにつまらせてあわや大惨事、という例も報告されています。与える場合は犬ののどに詰まらない位の大きさにして与えるとか、食べている時はすぐそばで見ているなど、のどにつまらせないような配慮が必要でしょう。

のどに詰まらせて呼吸が出来なくなる犬は多いです。幸い飼い主が近くにいたので取り出せて大事に至らなかった、という場合もありますがもし留守中に起きたら・・・と思うと恐ろしいですよね。犬を守るためにも、注意が必要です。

おもちゃに注意

犬用もおもちゃでも、犬が飲み込んでしまう可能性はあります。飼い犬の大きさによっても飲み込める大きさは変わってきますが、おもちゃを購入する時は、犬が飲み込めない大きさや形状のものを買うようにしましょう。

良く考えずに購入し、大変な事になる場合もあります。のどに詰まって犬が呼吸できなくなれば、天国に行ってしまう可能性もあるわけです。大切な犬との突然の別れ、なんて事がないように日頃から飲み込む危険のあるものは近くにおかない、危ういものがある場合は目を話さないなど、事故に至らないような工夫をされてください。悲劇は起こしてはいけません。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛犬の本音はどこに? 犬が飼い主さんに寄り添って眠る理由とは?

犬を飼っていて幸せに感じる瞬間、それは自分に体を寄せて寝ている犬の安らかな顔を見ることではないでしょうか。温かい犬の体温を感じながら無邪気な顔を見ていると、人間の方もリラックスして眠くなって……

犬の雑学

これができれば愛犬のしつけやお世話が楽になる!リラックスポジションを教えよう

犬のリラックスポジションという言葉をご存知ですか?リラックスポジションは犬をしつけたり、お世話したりする上でとても有意義なトレーニング。リラックスポジションができるようになれば、愛犬がどんな……

犬の言葉・気持ち

スピノーネ・イタリアーノの歴史、性格、寿命、特徴

スピノーネ・イタリアーノの歴史 イタリアン・スピノーネ、イタリアン・ワイアーヘアード・ポインター、イタリアン・グリフォンなど様々な犬種名を持っています。 13世紀には存在していたとい……

犬の習性

どうして?犬が骨をしゃぶったり、噛み付くことが好きな理由。

犬はとにかく、物をガジガジするのが大好き!!放っておくとおもちゃ始め、何でもガジガジしちゃう事がありますよね。気をつけないとお気に入りの靴がボロボロ・・・なんて事もあり得ます。 犬に動……

犬の習性

犬が屋外でオシッコをする理由とは?

突然ですが、犬といえば電柱でオシッコをしているイメージがありませんか? 筆者も、お散歩してる犬はそういうもの、というイメージがあります。 しかしそれがOKだったのは少し前の話。 今では……

犬の習性

室内では困る!! 犬が片足をあげて排泄する理由。

犬と言えば片足を上げておしっこをするイメージがありますよね。大抵オス犬がやる事が多いのですが、これはなぜなのでしょうか?メス犬でも片足をあげる子もいるし、逆にオス犬でも上げない子もいるようで……

犬の習性

犬の習性を利用して上手にトレーニング!オオカミから学ぶ犬の本能と習性

犬の祖先は「オオカミである」という説が一般的になっていますが、私たちの近くにいる犬は外見も仕草も、私たちがTVや動物園でみるオオカミとは違う点が多いと感じませんか? 犬はオオカミのどん……

犬の習性

気になる犬の行動の意味とは?犬のカーミング・シグナルを観察しよう!

犬は人間のような言語を持ちませんが、犬同士や飼い主に対して、様々なサインを送ってメッセージを伝えています。特に相手の気持ちを沈め、落ち着かせるような行動を「カーミング・シグナル」と言います。……

犬の習性

クランバー・スパニエルの飼い方情報をご紹介

クランバー・スパニエルの特徴 ずんぐりむっくりとも言える体形に垂れた顔、愛嬌たっぷりその姿も特徴的な犬種です。原産国はフランスともイギリスとも言われています。一説にはフランス原産種の犬がフ……

犬の習性

【大きさ・飼い方・寿命】オーストラリアン・キャトル・ドッグ

オーストラリアン・キャトル・ドッグ この犬はオーストラリアの開拓史とともに語られる程、オーストラリアの発展に重要な役割を果たした犬です。かつてオーストラリアの広大な土地で開始された放牧は牛……

犬の習性

エアデール・テリアの寿命・性格などの知っておきたい情報まとめ

イギリスのエアー渓谷でカワウソ猟を手伝う使役犬として活躍していた犬が、地名に由来しエアデール・テリアと名づけられました。テリア種の中で、一番大きな体格を持つこの犬は「テリアの王様」の別名を持……

犬の習性

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグの寿命や大きさなど基本情報まとめ

スイス原産の山岳犬、牧畜犬とされています。起源は古代犬にさかのぼる最も古い犬の子孫であるのにもかかわらず、各国のケンネルクラブで独立種として登録され始めたのは近年になってからという珍しい犬で……

犬の習性

人間と動物との新しい関係。アニマルセラピーとは?

動物との触れ合いが人間に癒しを与えてくれることは、誰もが知る事実ですが、最近では実際に動物と触れ合える施設も増え、アニマルセラピーの世界が広がってきました。 今、アニマルセラピーの世界……

犬のニュース

猫と犬を同じ部屋で飼う事はできる?飼う時の注意点について

現代では、人間がさまざまな生き物と共同生活するというのは当たり前の光景となっています。猫や犬と同じ空間で一緒に過ごしたり、鳥やハムスター、フェレット、ウサギ、金魚など様々な動物を迎え入れてい……

犬の習性

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアのサイズ・寿命・飼い方・お手入れなど初めて飼う人が知っておきたい情報まとめ

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの特徴 ケアーン・テリアやスコティッシュテリアの退色劣性遺伝を持って生まれた子犬を救済したブリーダーらの手により白色の被毛色を持つ犬種を誕生させたのが、……

犬の習性