2016年2月22日更新

ミニチュア・ブル・テリアの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

どこかおどけた雰囲気を持つミニチュア・ブル・テリア。闘犬場で名をはせたブル・テリアのがっしりとした筋肉と力強い顎を持ち、鋭敏で物事に動じない豪胆な犬でもあります。そんなミニチュア・ブル・テリアの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

ミニチュア・ブル・テリアの価格・相場は?

ミニチュア・ブル・テリアの価格の相場はおおよそ200,000円前後~300,000円台というところでしょう。ブル・テリアは成長の速い犬なので、月齢が5ヵ月を過ぎるころから価格が下がるといわれています。

カラーはホワイト、ブラック、ブリンドル、レッド、フォーン、トライカラーとありますが、なかでもホワイトで目の周りに丸くあざのように班が入っている物が人気が高くやや高額になります。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでミニチュア・ブル・テリアを購入するには?

ペットショップのよいところは自宅の近くに多くのショップがあって、構えることなく見て回れることですね。色々なショップを見て回ることで多くの子犬を見ることができますし、お店の雰囲気を比較することもできます。

ペットショップを選ぶときの基本的なポイントをいくつかご紹介します。

  • 生体販売の登録業者であることが店内に掲示されていること
  • 展示ケージや店舗自体に清潔感があること
  • 販売されている子犬の耳や爪、被毛が常にきれいにされていること
  • 子犬同士が遊ぶようなスペースが確保されていること

販売をしている店員が犬に対して正しい知識を持っていることも大切なポイントです。購入する前にはミニチュア・ブル・テリア のことをよく調べ、聞いておきたいことを具体的にまとめておくとよいでしょう。

ブリーダーからミニチュア・ブル・テリアを購入するには?

ブリーダーから購入することのメリットは、どのような繫殖環境でどのような親犬から生まれてきた子犬かを、直接自分の目で見て確認できることです。

ミニチュア・ブル・テリアは遺伝性の疾患として、水晶体脱臼という眼病が起きやすいといわれています。またホワイトカラーのミニチュア・ブル・テリアはダルメシアンと同じよう聴覚に障害が出ることがあるようです。

遺伝性の疾患とは異常のある遺伝子が親から子へと伝わって、発症する病気のことです。子犬の時には発症していなくても、成長していく過程で発病することもあり、子犬を見るだけでは発病の可能性があるかはわかりにくいものです。このように遺伝性の疾患がある犬種の場合は、親犬の状態やその血統を確認できることは、とても安心できる購入方法ですね。

ブリーダーから購入する場合はそのメリットをいかして、メールや電話でのやり取りだけでなく犬舎へ出向いて、繫殖の環境を見学させていただきながら、親犬の血統や遺伝性の疾患が発病した場合のアフターフォローなどを直接ブリーダーの方に確認しましょう。

 

里親制度とは?

年間で100,000頭以上の保護犬・猫が預かり期間内に引き取り手が現れず殺処分されています。

里親制度とは1頭でも多くの犬や猫に新しい引き取り手を募集することで、殺処分されてしまう頭数を少しでもゼロに近づけていくための制度です。

ミニチュア・ブル・テリア が保護されることはあまりありませんが、犬を飼うことを考えているのなら、日本が抱えているペットの問題から目を背けないでいただきたいのです。

里親の募集情報はインターネットで簡単に検索することができますし、保護犬の譲渡会などは色々な場所で開催されています。譲渡会の開催場所や時期は、各自治体の動物愛護センターもしくは保健所や、民間の保護団体のホームページに記載されています。1度参加してみませんか?犬を飼うことについて改めて考えさせられると思います。

ミニチュア・ブル・テリアを飼うときに考えてほしいこと

ミニチュア・ブル・テリアはそのとぼけた顔とは裏腹に、しっかりと闘犬としての本能を持った犬です。

子犬の時からしっかりと社会性を身に付けさせ、家庭犬として人や他のペットとの接し方を教えてあげないと、落ち着きのない噛み癖のある犬へと育ってしまいます。

犬を飼う時はイメージだけでなくその犬の特徴や気質、かかりやすい病気などをよく調べて、自分たちが飼うことができる犬かをよく検討してから購入しましょう。