2016年3月31日更新

犬に階級意識はあるのか? 犬の順位づけ行動、序列意識について

昔から犬は階級意識が強く、人間の家族の中でも序列を決めて接している、と言われてきました。言う事を聞かない人は自分より下だと見ているとか、甘やかすと自分をボスだと勘違いしてしまうとか、諸説あります。そもそも、階級意識があるかどうかも様々な説がありますので、ここでは参考程度に聞いて頂いた方が良いかもしれません。

階級意識がある犬とない犬がいる!?


犬が階級意識があるとされているのは、犬の祖先がオオカミでオオカミは群れをなして生活する動物だからです。まず1番強いリーダーがいて、その下に2番目・・・と地位が形成されている、というのが通説です。

階級を意識する犬

日本犬の中でも特に柴犬は、縄文時代からいる犬で、階級を気にする犬種だと言われています。洋犬の中でも、番犬や闘犬は命令に従う傾向が強いので、命令をだす存在がいる事が当たり前で、比較的階級意識が強いです。このような犬の場合は、飼い主がしっかりとリーダーシップを発揮する事が大切になります。

気にしない犬

レトリーバーは争いを好まない性格なので階級も気にしないと言われています。おとなしい性格の犬も、飼い主家族全員をリーダーと見なす傾向があるので、階級を気にしないようです。他の犬は、リーダーが1人(1匹)いれば後は階級を意識せずにみんな横並びと認識します。

注意点


犬はリーダーさえ認識出来れば後は、その人なり犬に従う事で喜びを感じる生き物です。

甘やかしは厳禁!!

犬が飼い主をリーダーと認識しているうちは良いのですが、犬との関係性にメリハリをつけず犬を甘やかし溺愛する飼い主は多いです。すると犬は自分がリーダーと勘違いをし、問題行動に走る事が多くなります。俗にいう、権勢症候群です。権勢症候群は、「非行」です。

散歩に行っては飼い主を従え連れ回す、飼い主が遊びを終わらせようとおもちゃを片付け始めるとその手を噛む、など飼い主にとって困った行動を取ります。犬は嫌がらせでやっているワケではなく、自分がリーダーで飼い主が下だという序列を教えるためにとる行動です。

権勢症候群の疑いがある場合は、犬がお腹を見せてきた時に叱ってみてください。もし辞めずにうなるなどしてきたら権勢症候群で間違えないでしょう。

権勢症候群になってしまったら

飼い主が犬に対する態度を変える事で改善します。一貫性と威厳を持って、優しく公平に接するようにします。飼い主がいつでも主導権を持つようにしていけば、犬は飼い主をリーダーと認め、喜んで従ってくれるようになるでしょう。権勢症候群への対策については、様々な資料が出ていますので調べてみてご自身にあったやり方を見つけると良いでしょう。

また、去勢手術をすると攻撃性に関係している男性ホルモンの分泌が軽減されるので、権勢症候群が和らぐ、という報告もあるようです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

アラスカン・マラミュートの性格・寿命・飼い方・お手入れなど知っておきたい情報まとめ

アラスカン・マラミュートはオオカミの様な顔立ちの大型犬です。シベリアン・ハスキーにもよく似た顔立ちですが、シベリアン・ハスキーより一回り大きく、ソリ犬の中では一番大きい犬種とも言われています……

犬の習性

イビザン・ハウンドの特徴・寿命・性格・しつけ・お手入れ情報まとめ

イビザン・ハウンドの特徴 古代エジプト犬の資質を現代までに引き継いできたエジプシャンハウンドの末裔の雄です。イビサ島という名前の孤島に連れてこられ、他の犬と交わることが無く純血種のみ……

犬の習性

アナトリアン・シェパードの特徴やしつけなどのまとめ

アナトリアン・シェパードの特徴・性格 トルコ原産のこの犬のルーツは古代犬で長い年月を経て様々な犬との自然交雑を繰り返し、現在の姿になったと言われています。主に羊を獣や泥棒から守る護畜犬や軍……

犬の習性

クランバー・スパニエルの飼い方情報をご紹介

クランバー・スパニエルの特徴 ずんぐりむっくりとも言える体形に垂れた顔、愛嬌たっぷりその姿も特徴的な犬種です。原産国はフランスともイギリスとも言われています。一説にはフランス原産種の犬がフ……

犬の習性

ジャック・ラッセル・テリアの性格や飼う時の注意点をまとめました!

ジャック・ラッセル・テリアの歴史 イギリス原産の犬で、この犬を改良した繁殖家の名を付け、ジャック・ラッセル・テリアと呼ばれています。 この犬の改良目的は、当時の小型の実猟犬はキツネ……

犬の習性