2016年3月13日更新

犬が遠吠えをする理由とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

祖先のオオカミから引き継いだのか、犬も遠吠えをする事があります。ご近所さんの目が気になる遠吠えですが、そもそもなぜやるのでしょうか?何かを訴えているのか、それとも宇宙との交信なのか??謎多き犬の生態を読み解いていきます。

今回は、遠吠えをする理由とその対策について解説していきます。

〈画像引用元:Darren

 

いくつか理由があります


遠吠えをする理由は、一つではありません。

ふざけている、歌っている

何だか楽しい!!仲良しの友達に久しぶりに再会した!など、ウキウキ気分でいるのかもしれません。また、救急車などのサイレンにつられて歌っているのかもしれません。人間がカラオケに言って大声で歌う事によってストレスを解消しているように、犬もストレス解消で遠吠えをする事があります。

寂しさを紛らわせている

寒い夜に家の外に一人・・・犬でなくても寂しさを感じますね。犬は元々群れて生活をしていた習慣がありますから、ふと一人でいると寂しくなる事があるのでしょう。そんな時には、遠吠えをする事で「誰かいる?寂しいよ〜」と仲間を探しているのかもしれません。

大体1匹が遠吠えを始めると、それを聞きつけた他の犬も連鎖的に遠吠えを始める事が良くあります。こだまのように夜空に響く犬の声は、哀愁漂う風景となりそうです。

遠吠えをやめさせるには


犬の気持ちは分かるけど、遠吠えはご近所迷惑・・・

辞めさせなくても良い場合

ふざけていたり、歌っている遠吠えの時は無理に辞めさせなくても良いでしょう。一緒に飼い主も遠吠えをして歌うと、犬との仲が深まります。あまりにボリュームが大きく近所迷惑になる場合は、やんわりと注意しても良いかもしれません。いずれにせよ犬は楽しんでやっているだけですので、そこまでキツく叱らなくても良いでしょう。

辞めさせた方が良い場合

寂しさから遠吠えをしている場合は、吠えている最中に大きな声で叱ります。空き缶をたたいて大きな音を出し、驚かせても良いですね。しばらく静かに出来たら褒めます。少し離れて様子をみて、また吠えだしたら叱ります。これを繰り返していくと、そのうち遠吠えをしなくなるでしょう。

寂しいと感じているのであれば、犬が寂しさを感じないようにする事も大切です。良く構ってやり一緒に遊ぶ、留守中はラジオをつけて外出するなど、出来る事は沢山あるはずです。飼い犬にあった方法で、寂しさをやわらげてあげましょう。

子犬の場合

子犬の場合は遠吠えをしても叱らずに、出来るだけ側で過ごすようにされてください。夜も側で寝る、ラジオをつけておくなどして寂しい思いをしないように気をつけてあげます。しばらくしたら寂しさが癒され、遠吠えをしなくなる事でしょう。