2016年6月29日更新

【獣医師監修】猫にとうもろこしは有害?無害?一体どっち?

 
 

キャットフードの原材料表記を見てみると、”とうもろこし”と書いてあるフードが数多く見られます。しかし、猫に有害な食べ物として、とうもろこしがあがっているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。

キャットフードにも入っているのに、どうして食べてはいけないものとされているのか不思議ですよね。その謎を紐解いてみましょう。


猫にとうもろこしは有害なのか。

答えは△。

過剰に与えなければ、特に問題はありません。茹でてあり、味付けはしていないもので、数粒であれば問題ありません。何粒を越えると有害とされる域に達するのかは個体差がありますので、ハッキリしたことはいえませんが、ごく少量であればあるほど、安全と言えます。

過剰に与えすぎた場合、消化不良を起こし、便秘や下痢等の消化器症状が現れることがありますので注意しましょう。


何故過剰に摂取すると有害なのか。

猫は元々肉食の動物であり、植物である野菜等を消化するのが苦手な体の構造になっています。