2016年6月30日更新

【獣医師監修】猫にキャベツは食べさせて大丈夫?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫は時々意外なものに興味を示す時がありますよね。シャキシャキとキャベツを食べていると、くれと言わんばかりに手を伸ばして来ることも…しかしながら、果たして猫にキャベツは与えて良いものなのでしょうか?

人では便秘解消に一役買ってくれると言われるキャベツですが、便秘がちな猫に与えても効果があるのでしょうか?

 

与えても問題はない

キャベツ自体、猫に与えても問題はありません。猫の健康に有害な成分は含まれていませんので安心してください。

しかし、欲しがったとしてもキャベツを食べたくて興味を示しているのではなく、シャキシャキ食べている音が面白くて近寄ってきている場合もありますから、欲しいんじゃないの?と無理に食べさせるのはやめましょう。

元々は食べる必要のない食べ物ですから、与えないのが一番ですが、手作り食などの材料にするのであれば少量なら問題はないでしょう。また、盗み食いをしてしまった場合も焦る必要はありません。

多量に摂取すると下痢をするかも

キャベツには食物繊維が豊富で、人間の場合便秘改善の役に立つ食べ物ですが、猫にとっては消化しにくい食べ物の一つです。

猫は元々肉食の動物なので、植物の細胞壁をうまく壊す(消化する)能力がないため多量にキャベツなどの野菜を摂取すると消化不良を起こし、下痢をする可能性があります。与える際には適切な量を与えるようにしてください。

また、猫はよく噛まないで食べるのでキャベツの葉をそのまま与えるのも良くありません。お湯でゆがいて柔らかくするか、小さく切ってから与えてください。

 

キャベツが尿路結石を引き起こす?

キャベツに含まれるリンを多量に摂取すると、尿路結石を引き起こすという話を聞いたことがある人もいることでしょう。犬ではキャベツの摂取は危険とされていますが、猫では未だハッキリしておらず、答えが出ないままです。
犬に悪いものは猫にも悪い、と思われがちですが、体の作りは似ていても細胞単位まで似ているわけではありませんので、犬はダメで猫は大丈夫、ということも現実には存在するでしょう。

多方面で様々な説が言われていますので、気になる方は与えないに越したことは無いしょう。

与えなければ覚えない

そもそもキャベツを美味しいと思うかどうかは、口に入れて味わう経験をしなければわかりません。
与えなければキャベツが美味しいかどうかはわからず、しつこく欲しがることもありませんので、音が楽しくて来たものを勘違いして与えて、そこから欲しがるようになる…というループを完成させないように注意してくださいね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード