2016年6月30日更新

【獣医師監修】「猫にエビは有害」の正しい理由は?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫にエビを食べさせてはいけない、というのは良く目にする情報ですが、なぜ食べさせてはいけないのかはそれぞれ書いてある理由が違ったりしますよね。専門家ではない人の書いた情報を鵜呑みにして、自分の猫を知らず知らずのうちに危険に晒してしまってはいませんか?

エビを食べてはいけない理由は、こんなことがあるからなのです。

 

消化に悪いからエビはダメ?

エビはダメ、という記事はよく目にしますが消化不良になるから与えてはいけないと書いてあるものがちらほら見受けられます。普段と違うものを口にするのですから、消化不良を起こして当たり前なのですが、エビを食べてはいけない理由はそんなことではありません。

エビを食べると、猫が必要としているある栄養素を壊し、定期的に食べさせてしまうと欠乏症を起こし、最終的に体調を崩して起立困難や昏睡状態を経て死に至る危険があるのです。

キーポイントはビタミンB1

ビタミンB1はチアミンと呼ばれ、糖を代謝しエネルギーに変えるサポートをする役割があります。猫は元々このビタミンB1を大量に必要とする動物で、足りなくなると体の栄養バランスが崩れ、体調を崩します。

何故ビタミンB1の話をしたかというと、猫にエビを与えるとこのビタミンB1が分解されて無くなってしまうからです。

先程もお話しした通り、ビタミンB1は猫にとって重要な栄養素であり、足りなくなると神経症状等を起こし、最悪の場合死に至ります。エビを食べさせるということは、猫が生きるのに不可欠なビタミンB1を壊し、死に近づけているのと同じということになるのです。

 

ビタミンB1は体に長くとどまらない

ビタミンB1は、水溶性ビタミンと呼ばれ、体に長く蓄積されずに、水に溶けて排出されてしまうビタミンの一種です。そのため、食事から積極的に取らなくては、すぐに不足する栄養素だといえます。

ビタミンB1は肉の赤身等によく含まれていますが、猫の場合はそれを食べさせるわけにはいかないので、キャットフードで補う必要があります。キャットフードにはビタミンB1が添加されているものがあり、新鮮であれば問題はありませんが、古くなってしまうとビタミンB1が壊れてしまっている可能性があります。

与える際には、必ず新鮮なキャットフードを与え、きちんとビタミンB1が摂取できるようにしてあげてください。

ビタミンB1を壊すのはエビだけではない

ビタミンB1を壊すチアミナーゼを含む食べ物はエビだけではありません。エビやタコ、イカ、生の魚等に多く含まれており、特に猫が好きそうな刺身は絶対に与えてはいけないことがわかります。

ビタミンB1が不足した症状で、有名なのが”脚気”です。始めは手足のしびれから始まり、最終的には心不全を起こします。猫にも同様の症状が現れますので、絶対に生魚や甲殻類を与えるのはやめてください。

猫のために正しい情報を

エビがダメな理由をただの消化不良を捉えて、うちの猫は上手に消化して下痢もしないし嘔吐もしないから、といって食べさせ続けるといつの間にか病気になっている可能性があります。ネットですぐに情報を手に入れられるのは便利ですが、その情報が本当かどうかはわからないですよね。

猫を危険に晒さないためにも、正しい情報をきちんと選び取れるようにして下さいね。

 
 

関連カテゴリ