2016年2月23日更新

ロボロフスキーハムスターの値段や特徴・性格・飼い方をご紹介!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ハムスターの中でもとても小さいからだで、白いまゆげがチャームポイントのロボフスキーハムスター。毛色も様々な種類があり、動きがとっても可愛いその姿にせまってみました。

 

ロボロフスキーハムスターの性格や特徴

素材_その他_shutterstock_157883948

『最小のハムスター』といわれる品種。からだの大きさは、ポピュラーなゴールデンハムスターの約半分くらいです。動きがちょこまかとしていて、見ていると可愛さがあふれ出ています。とてもすばしっこいので脱走注意です。
性格は警戒心が強く臆病で、抱っこが苦手です。そういった意味では初心者の方向きというよりは、他の種類を飼ったことがあり、見て楽しみたい、という方におすすめでしょう。
寿命は2年~3年です。臆病な性格ですので、無理やりのスキンシップはストレスになってしまいます。可愛くても構いすぎず見守ってあげましょう。

毛色には数種類あり、背中は黄茶色やこげ茶色でお腹側が白い毛に覆われているものが一般的ですが、全体が白い毛に覆われているものや白や茶色のブチ模様のものもいます。

ロボロフスキーハムスターの値段や飼い方

小型専門のペットショップなどやホームセンターで2000円から、希少な毛色などですと1万円くらいのお値段がついていることも。色々なショップをめぐって健康状態やお値段の違いを確認してください。ハムスターは基本的に夜行性ですので夕方以降にショップへ行くと本来の活動的な姿を見ることができます。
臆病で警戒心が強いため、噛みつくことはあまりありませんが手乗りにするのは少々むずかしいよう。気長にゆっくりと接していきましょう。また、個体どうしの仲が良ければ複数で飼うことも可能です。
動きが素早いので脱走してしまったら見つけるのが大変です。基本的にケージには通気性の良いふたをしておき、お世話やケージの掃除をする時はドアや窓をしめ、別の入れ物に移し替えることをおすすめします。

 

これだけは揃えて欲しいグッズ

快適で健康に暮らしてもらえるように揃えたい必要最低限のグッズはこちら。

  • ケージ
  • 巣箱
  • 床材
  • エサ入れ
  • トイレ
  • 給水器
  • 回し車

ケージとはハムスターを入れる入れ物で、すきまのない水槽のようなタイプがおすすめ。脱走してしまうこともあるので、通気性のよいふたをしましょう。素材や形のタイプが色々あるので生活環境や性格に合わせて選びましょう。飼育グッズは種類が豊富なのですが、同じくからだの小さなジャンガリアンハムスター用のグッズを応用できます。

エサや生活環境

imasia_11273663_S

エサはハムスターの栄養バランスを考えて作られている「ペレット」を主食に。野菜や果物も食べられますが、体質に合わないものもあるので要注意です。騒音や振動は恐怖を与えてしまいますし、ストレスの原因になります。ケージはなるべく静かで風通しがよいところに置きましょう。寒さに弱いので23度前後を保ってあげてください。また、あらかじめ小さなハムスターを診察してくれる動物病院を生活圏内で見つけておくことも重要です。小さすぎる生き物はなかなか診察してもらえない場合もあるようです。