2016年2月22日更新

ウィペットの価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

グレイ・ハウンドを小型にしたような、美しい流線型の曲線が特徴的なウィペット。正統派のサイトハウンドの中で、もっとも飼い主の指示に従順で献身的な性格をしているといわれています。そんなウィペットの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

ウィペットの価格・相場は?

ウィペットの価格の相場はおおよその120,000円前後~200,000円台というところでしょう。

ウィペットのカラーはかなり多彩で、ブラック、フォーン、ブルー、レッド、ブリンドル、ホワイトが基本で、これらのカラーがミックスされたブリンドル&ホワイト、ブラック&ホワイトなど様々な柄がありますが、カラーによる価格の差はあまりありません。

ドッグショーを目指せる要素の高い子犬はやや高額になり、200,000円後半~300,000円台となります。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでウィペットを購入するには?

ウィペットはドッグショーなどでも注目を集め、以前に比べてはるかに人気があがってきていますが、まだあまりペットショップの店頭で見かける機会は少ない犬種でしょう。

ペットショップから購入することの最大のメリットは、何といっても自宅の近くから子犬を引き取ることができることでしょう。子犬の引き取りは遠方のからの場合は、ペット用の宅配などで届けられることもあります。子犬の負担を考えるできる限り自宅から近い場所から引き取ってあげたいですね。また購入後も気軽に相談に訪れることができるのも魅力の1つでしょう。

ウィペットをペットショップで購入する場合は、店頭に並んでいない子犬を探してくれるサービスを利用するとよいでしょう。ただしこのサービスは探してもらう分の手数料などが上乗せされますので、価格が通常よりも高額になります。また探してもらった子犬が希望していた子犬と違っていた時などにトラブルになることがありますので、サービス内容をよく確認してから利用しましょう。

ブリーダーからウィペットを購入するには?

人気があがると急激に需要が増えるので、それに便乗して今まで繁殖を行っていなかったブリーダーが急に繁殖を始めます。このようにブリーダーの数が増えている犬種の場合に注意しなければならないのが、利益をあげることを目的として繁殖を行っている、いわゆるパピーミル(繫殖屋)と呼ばれる悪質なブリーダーの存在です。

ブリーダーから購入する最大のメリットは、購入する子犬の親犬や繁殖の環境を直接確認できることでしょう。このメリットを生かしてブリーダーから購入する際は、電話やメールのやり取りだけでなく、直接出向いて犬舎の見学をさせてもらいましょう。またできる限り長い間ウィペットを専門に繁殖しているブリーダーを選ぶことをおすすめします。

 

里親制度とは?

里親制度とは保護犬や猫の殺処分をゼロにするための活動の一環で行われているものです。保護犬や猫のうち病気やけがなどがなく、飼育可能だと判断された犬や猫たちの情報を公開し新しい飼育者を募集する制度のことです。

里親制度を利用して保護犬を引き取るには、まず地域の広報誌やインターネットなどを利用して、里親を募集している犬や猫の情報を確認します。希望する犬が見つかった場合は、保護している施設が決めている条件や応募の方法にのっとって里親へと応募します。応募をしてもすぐに引き取れるわけではありません。応募内容やアンケート内容を元に里親としての条件を満たしているかの審査があります。里親としての条件を満たしていると判断されると、家族や先住のペットとの相性を確認するためにトライアルやマッチングという期間が設けられます。トライアルの結果問題がないと判断されて初めて引き取ることができます。このようにいくつもの審査や確認を行うのは、引き取られる保護犬にも、引き取った飼い主にも負担がないようにするためです。

具体的な里親への応募規約や手続きはそれぞれの施設及び団体で異なりますので、各ホームページで確認してください。

ウィペットが保護されるケースはあまりありませんが、ウィペットよりも一回り小型のイタリアン・グレーハウンドの保護件数は、飼育頭数の増加に伴って増えてきています。子犬を購入する前に1度、自分の地域でどのような犬が里親を募集しているか見てみませんか? もしかしたら運命の出会いがあるかもしれませんよ。

ウィペットを飼うときに考えてほしいこと

ペットの流行には色々な問題が含まれています。

もちろんその犬種を愛するブリーダーの方たちの努力で、少しずつ飼育の頭数が増えている場合もあります。

ですがテレビや映画などのメディアで注目されることで、急激に特定の犬種が流行するような場合は、その流行は残念ながら長く続くことはなく、流行が終わるとともに徐々に保護される犬が増えて行く傾向が多いのです。サイトハウンドの中では先ほども述べましたが、イタリアン・グレーハウンドがその傾向にあります。

ウィペットも徐々に人気があがっている犬種です。周りの人が飼っていて可愛いからなどの理由で犬の飼うのではなく、自分たちの生活にとってウィペットがもっともライフスタイルにあった犬だからという理由で飼ってもらいたいと思うのです。それが購入後の犬とのペットライフを充実したものにしてくれるからです。