2016年3月2日更新

ストレス?換毛期?病気?犬猫の抜け毛について獣医師が詳しく教えます!

 
 

春に増える、犬や猫の抜け毛。犬種・猫種によっては、ごっそり大量の毛が抜けることもあり、家の中が毛だらけで毎日の掃除が本当に大変、という方もいるでしょう。春は換毛期といって、犬や猫の毛が生え変わる時期です。愛犬や愛猫が大量に脱毛していても、換毛期によるものならば心配はありません。一方、精神的な問題や、健康上の問題によっても毛が抜けます。こちらは、ストレスの原因を取り除いたり、適切な治療をしたりといった対策が必要です。そのため、愛犬や愛猫の抜け毛の原因を見極めることが大切なのです。


犬や猫の毛が抜けるのはどんなとき?

換毛期の抜け毛

換毛期の抜け毛は、犬では春と秋、猫では春にもっとも多く見られます。品種にもよりますが、特に冬毛から春毛に抜け替わる春先には、飼い主がびっくりするくらいごっそりと大量に抜けることもあります。通常、このときに犬や猫が皮膚をかゆがることはありません。換毛期は、日照時間や気温の変化が刺激となってはじまります。室内飼育をされている犬や猫では、エアコンや照明器具の使用で本来の季節的な刺激を受けづらくなっているために、体毛の生え変わりが年中起こっている状態になっていることもあります。