2016年5月19日更新

アメリカンショートヘアの価格・値段は?ペットショップや里親などお迎えする方法まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

アメリカンショートヘアといえば、猫をあまり知らない人でも知っている最もポピュラーな猫種です。人懐っこくて、人間が大好きな猫です。子供との相性も良いので家族でもお迎えしやすいです。

ペットショップやブリーダー、里親でも多く見かける猫ではないでしょうか。希少な猫ではないので、値段も上がりにくくお迎えしやすいでしょう。

 

アメリカンショートヘアの値段・相場


アメリカンショートヘアの値段は、平均して10万円前後だと言われています。

血統や性別、カラーなどによっても値段が上下するでしょう。チャンピオンの子孫だと20万円前後にまで、値段が上がりますし、模様などにも左右されます。ブリーダーでは、ショータイプの個体なども取り扱っている場合があります。

値段が下がる理由として、成長するに従い下がる傾向にあります。ペットショップなどでは生後半年ほどになると、数万円ほどで売られていることもあるでしょう。

ペットショップとブリーダーでは、ブリーダーの方が中間業者が入らない分、安いことがあるようです。

ペットショップ・ブリーダーの違い

ペットショップとブリーダーでは、何が違うでしょう。それぞれメリットとデメリットがあります。

ペットショップの場合

一般的に、猫との生活を始めるときには多くの人が、ペットショップへ足を運ぶでしょう。アメリカンショートヘアは人気のある猫なので、ペットショップでも多く取り扱いがあるでしょう。

メリットとしては、様々なブリーダーから仕入れているので大きさ、顔、性格など選択肢があります。他にも、系列店舗から好みの猫を探してもらうことも可能です。

デメリットとしては、様々な動物を取り扱っていることから、感染症が心配かもしれません。他にも、精神的に不安定になってしまう猫もいるかもしれません。

早く店頭へだすため、母猫や兄弟たちと過ごす時間が少ないためです。

ブリーダーの場合

ブリーダーも昔とは違い、インターネットで気軽に問い合わせや見学ができるようになりました。中間業者が入らない分、お値段を抑えられますし最近では人気です。

メリットとしては、母猫や育った環境が見られるという点です。母猫や兄弟たちと過ごす時間もたっぷりあるので、お迎え後も安心です。

デメリットは、頭数が多くないので数頭から選択する必要があるかもしれません。他にも、基本的に個人宅なので見学やアポがペットショップよりは手間がかかります。

 

アメリカンショートヘアを里親としてお迎えする


里親という選択は、中々難しいと考える方も多いでしょう。

しかし、最近ではSNSやインターネットでの募集も増えていて、手軽になりました。アメリカンショートヘアは人気の猫種なので、里親の募集も多くあります。

血統書や子猫に、こだわりがなければ里親としてお迎えすることもお勧めです。

里親としてお迎えするには、インターネットで里親募集のサイトを検索してみるのが良いでしょう。かかる費用としては、募集主や子猫か成猫かにもよりますが無料の場合があります。

しかし、実費として去勢手術代金やワクチン代金、交通費などの負担があることがあります。5千円~3万円ほどが多いかもしれません。

それでもペットショップやブリーダーと比べるとお安く済みます。

アメリカンショートヘアとの暮らし

アメリカンショートヘアは、大変人気のある猫です。そのため、里親として出されることも残念ながら多いようです。

確かに他の猫種と比べると、ペットショップやブリーダーで購入しても安く購入できるため、気軽に購入して飼えなくなり、里親へ、ということもあるようです。

生体にお金をかけるのではなく、猫とのその後の生活にお金をかけてみてはいかがでしょうか。