2016年2月20日更新

ラブラドールレトリバーの病気〜獣医師が解説するラブラドールレトリバーのかかりやすい病気〜

がっしりとした体幹に力強い骨太な四肢を持つラブラドールレトリバー。活動的で社会的、さらに温和な性格でもあり、国内外で大人気の大型犬です。また、ラブラドールレトリバーは伴侶犬としての活躍も有名です。そんなラブラドールレトリバーでは、運動器官に関わる病気をはじめとして、いくつか気をつけておきたい病気がありますので紹介します。

ラブラドールレトリバーの目の病気

白内障

水晶体が徐々に白濁してきて視力障害を起こす病気です。加齢に伴って起こることもありますが、若齢でも発症することがあり、遺伝が関与しています。

白内障の初期は、水晶体の白濁が軽く、視力低下も軽度であるため、検診などで指摘されることはあっても日常生活で白内障を発見することは困難です。白内障が進行して視力が失われると、物にぶつかったり、散歩を嫌がったりします。

白内障と診断されたら、点眼治療で進行を遅らせることを目指します。白内障が進行して視力が失われてしまった場合、手術による視力の回復を検討できることもあります。ただし、実施可能な設備の問題、合併症や術後のケアの問題などがあるので、かかりつけの動物病院の先生とよく相談しましょう。

ラブラドールレトリバーの消化器の病気

胃拡張胃捻転症候群

大型で胸の深い犬種でよく起こる、命に関わる疾患です。ラブラドールレトリバーでも起こることがあります。食事を急いで食べたあとに運動するとこの病気が起こりやすいと言われています。胃にガスが過剰に貯まって拡張し、やがてねじれてしまいます。胃がねじれることによって、ガスが排出されなくなるため、胃内へのガスの貯留はさらに進みます。やがて拡張した胃によって周囲の血管が圧迫されるなどして、全身の循環不全を起こします。また、ねじれた胃は血流障害による壊死が進みます。この病気は、すぐに処置をしなければ死亡してしまいます。

胃拡張胃捻転症候群を起こすと、急激におなかがふくらんできます。また、吐こうとする仕草を繰り返すものの、何も嘔吐することができず、多量のよだれが見られます。さらにそわそわと落ち着きのない様子も見られます。その後、状態の悪化に伴い、ショック状態に陥ってしまいます。

まずは応急処置として、胃に貯留しているガスを抜かなくてはなりません。口から胃内にカテーテルを挿入できる場合には、挿入し、ガスを排泄させます。緊急的な処置として、ガスを抜く為の針を体表面から胃に向かって挿入することもあります。胃のねじれによりカテーテルが挿入できない場合には緊急開腹手術を行ないます。胃内のガスを抜き、ねじれた胃の整復、胃洗浄、ねじれの再発を防止するための固定も行ないます。術後も、慎重な経過観察と投薬や輸液といった集中的な治療が必要です。

ラブラドールレトリバーの骨と関節の病気

股関節形成不全

股関節形成不全は先天的に股関節が緩く、亜脱臼を起こしている病気です。成長とともに亜脱臼が進行するほか、股関節が不安定であることが原因で関節炎が起こります。ほとんどの場合は両側で発症します。この病気には遺伝が関与しています。

股関節形成不全の症状としては、後ろ足がうまく使えずにぴょんぴょんと跳んで歩いたり、腰を振って歩いたりします。また、おすわりがうまくできなかったり、運動や段差を嫌ったりといった症状も見られます。これらの症状は、成長期に見られ始め、多くの場合で成長後に一時的に症状が軽快します。しかし、股関節の関節炎が進行することで、後に症状が再発します。

軽症の場合には、体重管理やリハビリテーションに加えて、鎮痛剤やサプリメントを用いて症状をコントロールし、病気とつきあっていきます。滑りにくい床材を使うなどの生活環境の改善も効果的です。一方で、外科手術が必要なケースもあります。股関節形成不全の手術にはいくつかの方法があり、年齢や体格、股関節の状況などを考慮して手術方法を選択します。非常に厳密な適応基準が決められている手術もあるため、かかりつけの動物病院でよく相談をしましょう

肘関節形成不全

肘関節形成不全は、肘関節を構成する骨や靭帯などの先天的な異常によって、肘関節が安定せず、痛みや歩行異常が生じる病気です。この病気の発症には遺伝が関与しているといわれています。また、股関節形成不全と併発して起こることがよくあります。

5〜9ヶ月の成長期に前足の歩行に異常が見られます。前足を着地したがらなかったり、着地してもあまり体重をかけたがらなかったりします。重症の場合には、頭を上下に動かすような特徴的な歩き方をします。成長に伴って症状が軽くなることもありますが、加齢に伴い不安定な肘関節での炎症が進み、再び歩行異常が見られるようになります。

できるだけ早い時期に手術を行なうことがすすめられています。成長期であっても、すでに病気が進行していると、手術を行なってもあまり効果が見られないといわれています。手術が適応できない場合には、鎮痛剤やサプリメント、体重管理、床材の工夫など生活環境の整備などによって、症状を和らげながら病気とつきあっていくことになります。

ラブラドールレトリバーの腫瘍性疾患

悪性リンパ腫

犬の造血器腫瘍の中で最も多く見られる腫瘍で、リンパ節、肝臓や脾臓などの臓器を原発とする腫瘍です。腫瘍のできる場所によっていくつかのタイプにわけられますが、最も多いタイプのものは、体表のリンパ節が腫大する多中心型といわれるものです。病気の進行に伴い、肝臓や脾臓、骨髄へと腫瘍は浸潤します。

症状としては、体表のリンパ節が腫れるのみで特に他の症状が見られないこともあります。病気の進行に伴い、つかれやすくなったり、元気消失や食欲低下、体重の減少なども見られたりします。

治療を行なわなければ、多くのケースでは数週間のうちに死亡してしまいます。悪性リンパ腫は抗がん剤に対する反応が良いことが多く、いくつかの抗がん剤を組み合わせた化学療法を行なうことで腫瘍が小さくなることが期待できます。化学療法に良好に反応している間は、これまでの生活の質を概ね維持できるでしょう。しかし、残念ながらほとんどの症例で腫瘍は再発してしまい、最終的には死亡してしまいます。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ラブラドール・レトリバーの性格・特徴、飼うときの注意点など

ラブラドールはカナダのラブラドール州にちなんだ名前で、この島の漁師が網や竿から外れた魚を回収する目的で連れ歩かれていた犬がラブラドールレトリバーの起源と言われています。四肢に水かきを持ち、水……

犬の習性

ラブラドール・レトリーバーの寿命は?長寿の秘訣は?

ラブラドール・レトリーバーは穏やかで激昂することのない性格なので小さな子どもから老人まで多くの人々に愛されています。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれて……

ラブラドール・レトリーバー

ラブラドール・レトリバーの里親になる方法・里親を探す方法

盲導犬や介助犬として働く姿を見かけることの多いラブラドール・レトリバー。賢く、穏やかな性格が人と寄り沿い仕事をすることに適しているからですね。そんなラブラドール・レトリバーの里親になるにはど……

犬・小犬の里親になる

【動物看護師が解説】ラブラドールレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

盲導犬など、人を手助けする非常に頭の良い犬種で有名な、ラブラドール。子犬の頃はやんちゃでいたずら好きであるものの、きちんとしつけをすれば善悪を記憶し理解する、人間と共存するにはとても相性の良……

犬のシャンプー

【超初級!】あなたは見分けられる??ゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリバーの違い。

代表的な大型犬であるゴールデン・レトリバーとラブラドール・レトリバー。 この2犬種の違い、犬好きさんならわかりますよね?? それでは問題です!! 次の写真のわんちゃんは、ゴール……

ゴールデン・レトリーバー