2016年4月29日更新

キャバリアの病気〜獣医師が解説するキャバリアのかかりやすい病気〜

 
 

豊富な飾り毛を備えた優美な見た目と、友好的でいて優しく穏やかな性格で、ペットとしての人気の高いキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。キャバリアという愛称で親しまれています。高齢のキャバリアは心臓病にかかりやすいことが広く知られていますが、その他にもキャバリアで気をつけておきたい病気がいくつかあるので紹介します。


キャバリアの脳と脊髄の病気

キアリ様奇形(尾側後頭骨形成不全症候群)

後頭骨の先天性奇形です。後頭骨に奇形があることで、小脳と脳幹が納まるべき後頭部が狭くなり、脳幹とそれに続く頸髄を圧迫してしまいます。さらに小脳が後頭骨から外に飛び出してしまう、小脳ヘルニアを起こします。また、脳幹から頸髄にかけて圧迫されることで、内部を流れる脳脊髄液の流れが悪くなり、脊髄空洞症を起こすといわれています。この病気の詳細な病態については、いまのところはっきりわかっていません。

症状はキャバリアが若いうちから見られることが多く、この病気を発症しているキャバリアは、片側の耳の周りや首の片側をしきりに掻いたり、ずっと首を一方に曲げたような状態でいたりします。また、頚部に痛みが見られることもあります。症状が徐々に悪化するケースも多くあり、痙攣発作などの脳障害による症状を起こすことがあります。

確実な治療方法が確立されていないのが現状です。薬によって脳や脊髄の圧迫をおさえ、痛みなどの症状を改善させながらつきあっていくことになります。手術を行なうこともありますが、症状が再発する可能性があるほか、手術が可能な施設も限られています。


キャバリアの目の病気

白内障

水晶体が白く濁って視力障害を起こす病気です。加齢に伴うものもありますが、キャバリアでは非常に若いうちから発症することがあり、遺伝の関与が疑われています。

 
 

人気の記事