2016年2月23日更新

ネザーランドドワーフ 価格の特徴・性格・飼い方をご紹介!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ぴんと立った短い耳と、ちいさなからだが特徴のネザーランドドワーフ。ふわふわの柔らかい毛に包まれてぴょこぴょこ動く姿は何よりの癒しですね。そんなネザーランドドワーフの情報をお伝えします。

 

ネザーランドドワーフの性格や特徴

素材_shutterstock_215758234

元々は名前にも表れているように、オランダが原産国で毛色や目の色にも様々な種類があります。主な毛色には黒みがかったブラウンやチェスナットブラウンと呼ばれる薄茶色と黒が混ざった栗毛色、ホワイトやブルーグレーなどがいます。目の色には黒目の周りが青いもの、赤い目のもの、ほとんどが黒目に見えるブルーグレーなど。短い耳、丸い顔、短い手足と小柄な体格が特徴です。

ネザーランドドワーフの性格はひとなつこく、好奇心旺盛。スキンシップにも慣れてくれるので呼べばそばに寄ってきてくれ、抱っこさせてくれるようになります。中には警戒心が強く、臆病な性格の子もいますのでゆっくりそっと接していきましょう。
平均寿命は7年~8年です。健康的に過ごすことができれば10年以上生きてくれます。病気やけがの時に診察してくれる病院探しはあらかじめしておきましょう。

ネザーランドドワーフの価格相場は?

「ネザーランドドワーフ」と名称がついているウサギの価格は数千円~4万円と幅広い価格相場になっています。ホームセンターやペットショップですと、セールなどで数千円~3万円という価格で購入できることがあります。都会にあるショップは基本的にショップのお家賃なども加味された価格なので必然的に高めになります。
ウサギ専門店ですともう少し価格は高く設定され、2万円~5万円ほど。専門店は数が少なく、都会にあるのも価格が上がる原因かもしれませんが、ウサギの知識が豊富な方がしっかりとした血統のウサギを仕入れています。

ネザーランドドワーフは純血種の血統書がついているか、また、お店で販売されるまでの育て方によって価格が大幅に変わってきます。専門店以外で低価格で販売されている場合は血統書がついていないもので純粋なネザーランドドワーフとは限らないのが現状です。他の品種と掛け合わされたウサギを販売している場合も。
ウサギ専門店ですと、純血種である証明に血統書がついていて、健康管理され適正な時期に販売開始されています。
そのほかにも、ブリーダーや里親さんから直接引き取るという手段もあります。

 

まとめ

素材_shutterstock_328197353

ネザーランドドワーフはにおいも鳴き声もほとんどなく、ペットとしてとても人気があります。是非飼ってみたいと思った際には、「10年先も一緒にいられるか」ということやお世話をするにはグッズや健康管理にも費用がかかることをよく考えてみましょう。購入する場合はショップを何店かめぐり、お店の環境や店員さんの知識や意見を聞き、よく検討しましょう。
飼ってからのお世話について相談できるか、飼育グッズが豊富かという点も大切です。健康で家族としてずっと一緒にいられるためにはやはり健康な生活を保てる手段を持たなければなりません。飼い主さんも必要な知識を得られる購入先を選ぶことが重要です。