2016年4月30日更新

ボーダー・コリーの病気〜獣医師が解説するボーダー・コリーのかかりやすい病気〜

運動神経抜群でいて、知的で優しい気質も持ち合わせるボーダー・コリー。もとは牧羊犬として飼育されていましたが、現在ではフリスビードッグとしても人気です。ボーダー・コリーは、たくさんの運動を必要とする犬種です。運動能力には優れていますが、つい夢中になってボーダー・コリーが骨や筋肉を痛めてしまわないよう注意しましょう。ボーダー・コリーは成長期に肩関節の骨軟骨症を起こしやすいほか、コリー種特有の目の病気であるコリーアイ症候群にもかかることがあります。ボーダー・コリーで知っておきたい病気について紹介します。

ボーダー・コリーの目の病気

コリーアイ症候群

コリーやシェットランド・シープドッグでよく見られる遺伝性の眼疾患です。コリーやシェットランド・シープドッグに比べると罹患率は低いものの、ボーダー・コリーにも発症することがあります。視神経や強膜をはじめとした目を構成する組織に様々な形成異常が起こります。

コリーアイ症候群の症状は、形成異常の状態により様々です。全く無症状にみえる場合がある一方で、若齢のうちに病状が進行して失明してしまうこともあります。

残念ながら、コリーアイ症候群の治療法はありません。病状が進行し、失明してしまうことも少なくありません。遺伝性疾患であることがわかっていますので、軽症であっても、コリーアイ症候群を発症したボーダー・コリーは繁殖に用いることは勧められません。

ボーダー・コリーの心臓の病気

動脈管開存症

胎生期に大動脈と肺動脈をつないでいる「動脈管」と呼ばれる血管が、出生後も閉鎖せずに残ったままになってしまう先天性の病気です。

動脈管開存症は初期には特に症状がなく、健康診断の時に心雑音を指摘されてはじめて診断されるケースがあります。病気が進行して重症化すると、疲れやすい、咳をする、運動時に倒れるといった症状を起こすようになります。また、発育不全も見られることがあります。

症状が現れ始めている場合には、まずは内科治療で状態を安定させなくてはなりません。動脈管開存症の根治を目指すには、早期の手術が必要です。早期に適切な手術を受けたボーダー・コリーは、通常の寿命を送れる可能性があります。手術を行なわなかった場合には、病気が急速に進行してしまうことがあります。病気が進行してしまうと、手術そのものが不可能となり、最終的には死亡してしまいます。

ボーダー・コリーの骨と関節の病気

離断性骨軟骨症

成長期に、関節の表面にある軟骨がうまく形成されないことで軟骨に亀裂が生じ、関節炎を起こす病気です。軟骨が関節内でちぎれてしまい、破片が関節内に遊離する「関節鼠」と呼ばれる状態になることもあります。骨が急激に成長する4〜8か月齢で発症しやすい傾向があり、特に肩関節でよく見られます。

肩関節での発症が多く、前足の歩行異常や肩関節痛が起こります。離断性骨軟骨症で関節鼠が形成されたボーダー・コリーの症状には、日によって波があるという特徴があります。

ごく初期で関節炎が軽度である場合は、ボーダー・コリーを安静にさせた上で鎮痛剤や関節を保護するサプリメントを使って治療します。一方で、手術が必要なケースもよくあります。早期に適切な手術を行なうことで症状は改善します。既に関節炎が慢性化して、関節の変形が進んでいるボーダー・コリーには、手術が適応できません。鎮痛剤やサプリメントを使いながら病気とつきあっていくことになります。

ボーダー・コリーの皮膚の病気

日光性皮膚炎

メラニン色素の少なく毛の白い犬種が、日光に過剰にあたることで皮膚炎を発症する病気です。日光性皮膚炎の発症には遺伝性の素因もあると考えられています。

ボーダー・コリーの鼻筋や鼻と鼻鏡の境界部分、目の周りなどの被毛の少ない部分に皮膚炎が起こります。はじめは赤くなる程度ですが、徐々に脱毛やかゆみが見られたり、じゅくじゅくしたりするようになります。また、かゆみや痛みから、ボーダー・コリーが自分で患部を引っ掻いて傷つけてしまうことがあります。

日光性皮膚炎には、根本的な治療法はありません。できるだけ直射日光にあたらないようにして、発症を予防しながらつきあっていかなくてはなりません。日焼け止めクリームが有効なこともあります。皮膚炎を起こしてしまった場合には、軟膏を塗布したり、ボーダー・コリーが自分で傷つけてしまうことを防ぐためにエリザベスカラーを着用したりして治療します。

ボーダー・コリーについて詳しく知りたい方はこちら
ボーダー・コリーの基礎知識まとめ

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

聡明で知的な雰囲気が魅力的!心ひかれるボーダー・コリーの世界

力強く軽快に大地を踏みしめて走る姿が優雅で美しいボーダー・コリー。知的で聡明な雰囲気がある顔付きと、長時間の労働にも耐えることができるスタミナを感じさせる均整の取れた体つきが魅力の犬種ですね……

ボーダー・コリー

【ペットシッターが解説】ボーダーコリーとの暮らしで注意すること

ボーダーコリーの性格と性質 性格 ボーダーコリーは、人にも犬にフレンドリーでその賢さからも人気の犬種です。もともと、有名な牧羊犬の犬種ということもあり、その運動能力と体力、パワーには……

ボーダー・コリーの病気〜獣医師が解説するボーダー・コリーのかかりやすい病気〜

運動神経抜群でいて、知的で優しい気質も持ち合わせるボーダー・コリー。もとは牧羊犬として飼育されていましたが、現在ではフリスビードッグとしても人気です。ボーダー・コリーは、たくさんの運動を必要……

ボーダー・コリー

【動物看護師が解説】ボーダーコリーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

頭が非常によく、繊細な精神の持ち主なので飼い主さんと強固な信頼関係を持つボーダーコリー。初心者ではしつけが難しいと言われるほど、隙がなく、判断力があるので、飼い主さんも犬を飼うことについてそ……

犬のシャンプー

ボーダー・コリーの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためには?

全犬種のなかでも高い知性を持つボーダー・コリー。フリスビー競技など飼い主と一緒に何かをすることが大好きな犬です。近年は犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいるといわ……

ボーダー・コリー