2017年5月17日更新

ペキニーズの病気〜獣医師が解説するペキニーズのかかりやすい病気〜

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ずんぐりとした体型で愛嬌いっぱいのペキニーズ。のんびりマイペースで、気ままな性格も魅力のひとつです。そんなペキニーズは体温調節が大の苦手で、非常に熱中症を起こしやすい犬種です。熱中症は命に関わる病気ですので、夏は特に気をつけなくてはいけません。また、ペキニーズは肥満になりやすいため、生活習慣に注意しましょう。ペキニーズを飼う上で知っておきたい病気を紹介します。

 

ペキニーズの目の病気

睫毛(しょうもう)乱生

いわゆる逆まつげです。まつげが角膜にむけて生え、常に眼球表面の角膜を刺激した状態になります。

まつげが角膜を刺激することで、涙が増えます。また、角膜を傷つけ、角膜炎や角膜潰瘍を起こすと、痛みが出たり目やにが増えたりします。炎症が慢性化してくると、角膜に細い血管がたくさん現れ、やがて色素沈着を起こします。

睫毛乱生の治療としては、まずは逆まつげを抜いてしまいます。同じ毛根から角膜を傷つけるような逆まつげが繰り返し生えてくる場合は、毛根をレーザーで焼くなどします。

乾性角結膜炎

涙の分泌が不十分で、角膜や結膜が炎症を起こす病気です。発症の詳細な原因は不明です。

結膜炎を起こすと、結膜が腫れて充血します。また、角膜炎を起こすと、黒目の表面が濁って見えます。角膜炎と結膜炎を起こしたペキニーズでは、黄色くあぶらっぽい目やにが増え、かゆみも出ます。さらに炎症が進むと、角膜に多くの血管ができたり、色素沈着を起こしたりします。

治療としては、人工涙液や眼軟膏の点眼を行ないます。清潔を保つことも大切です。乾性角結膜炎は根治が困難で、慢性化しやすい病気です。炎症が強い時は、ペキニーズが自分でひっかいて傷つけないようにエリザベスカラーを着用しましょう。

チェリーアイ

ペキニーズの目頭にある瞬膜や第三眼瞼と呼ばれる組織が飛び出してしまう病気です。

飛び出した瞬膜は米粒大〜小豆大に腫れ、充血します。さらに、その刺激で涙が増え、結膜炎を起こすこともあります。

治療としては、手術で飛び出した瞬膜を元の位置に戻して縫合します。瞬膜は涙液を産生しており、切除するとドライアイになる可能性があります。

ペキニーズの脊髄の病気

椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間でクッションとして働く椎間板物質が変性し、脊柱管という脊髄神経が通る空間内に飛び出してしまう病気です。これにより脊髄神経が障害されます。椎間板ヘルニアは背中だけでなく、首でも起こります。

症状は発症部位や重症度により異なります。軽症で初期であれば、背中や首の痛みのみが現れます。一方で、麻痺のため歩行や起立ができなくなったり、排尿や排便がコントロールできなくなったりするペキニーズもいます。

ごく軽症であれば、一定期間の安静で改善することもあります。しかし、再発を繰り返したり、安静で状態が改善しなかったりする場合には手術を行ないます。特に、麻痺が深刻なペキニーズには、速やかな手術が必要です。術後はリハビリテーションを行ないますが、状態によっては完全な回復が難しいこともあります。

 

ペキニーズの呼吸器の病気

短頭種気道閉塞症候群

鼻腔狭窄症や軟口蓋過長症、気管低形成など、気道の先天的な問題が複合して起こる病気です。鼻腔狭窄症は、鼻の入り口部分にあたる鼻翼の構造異常により気道が狭くなります。また、軟口蓋過長症では、のどの奥にある、上あごの粘膜部分が長く、垂れ下がることで、気道が閉塞します。気管低形成は、発育過程において気管が本来の太さにまで達する事ができない病気です。

呼吸時の空気抵抗が大きいため、短頭種気道閉塞症候群のペキニーズは喘ぐように呼吸をしたり、運動に耐えられなかったりします。暑い時やペキニーズが興奮した時に症状は悪化しやすく、呼吸困難によるチアノーゼを起こすこともあります。また、軟口蓋過長症のペキニーズでは、特徴的な症状として、いびきやガーガーという呼吸音があります。

いずれも自然に正常な状態になることはありません。重度の呼吸困難を繰り返すペキニーズには、手術による鼻腔狭窄症や軟口蓋過長症の矯正を行ないます。また、ペキニーズが急性の呼吸困難を起こしている時には、酸素吸入などの緊急処置が必要です。

ペキニーズの骨と関節の病気

膝蓋骨脱臼

膝関節にある、いわゆるお皿の骨が、正常な位置からずれる病気です。骨や腱、靭帯などの膝関節を構成する組織に先天的な異常があると、膝蓋骨脱臼を起こしやすく、発症には遺伝が関係しています。

重症度により症状は様々です。ごく軽度ならば、ほとんど症状がなく、たまにスキップのような歩き方をする程度です。一方、重症化すると、後ろ足は変形し、膝を伸ばすことができず、後ろ足を着地することもできなくなります。

治療は重症度や年齢から決定します。多くの場合で手術が必要ですが、軽症であれば、膝関節を正常に動かすためのリハビリテーションのみを行なうこともあります。重度の膝蓋骨脱臼の場合、成長に伴って後ろ足の変形が進むため、早期の手術が勧められます。

ペキニーズの皮膚の病気

皮膚炎

ペキニーズは、顔の皺の中や皮膚のたるんだ部分で細菌やマラセチアとよばれる酵母が繁殖しやすく、皮膚炎を起こすことがあります。

ペキニーズの顔の皺の中や皮膚のたるんだ部分で皮膚炎は多く見られます。かゆみがあり、赤いプツプツができたり、脱毛して皮膚が赤くなったりします。慢性化すると皮膚は黒っぽく、分厚くなります。また、べたつきとともに、独特のにおいがします。

皺の中や皮膚のたるんだ部分は、こまめに清拭するなどして、清潔を保ちましょう。症状がひどい場合には、内服薬を用いる場合もあります。

ペキニーズについて詳しく知りたい方はこちら
ペキニーズの基礎知識まとめ

 
 

関連カテゴリ