2017年5月17日更新

ボストンテリアの病気〜獣医師が解説するボストンテリアのかかりやすい病気〜

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ピンと立った耳に短い鼻に愛嬌のある表情、小柄ながらもがっしりとした体に、短い被毛と独特の模様をもつボストンテリア。頑丈な体を持ち、活発で遊び好きな性格で国内外で安定した人気を誇っています。パグなど他の短頭種と同様に、熱中症を起こしやすいため、夏場の運動や温度管理には十分な注意が必要です。ボストンテリアは他の小型犬と比較すると、かかりやすい病気は少ないものの、白内障などの目の病気や鼻腔狭窄などの呼吸器の問題を起こしやすいことが知られています。ボストンテリアを飼う時に知っておきたい病気を紹介します。

 

ボストンテリアの目の病気

白内障

目のレンズにあたる部分である水晶体が白濁し、視力に障害が起こる病気です。犬の白内障は加齢に伴って発症しやすくなることが知られていますが、ボストンテリアでは比較的若いうちから白内障を発症することがあります。

ごく初期で視力障害が見られないうちであれば、健康診断などで獣医師に指摘されることがあります。白内障が進行すると、目が白く見えるようになり、飼い主も白内障を確認できるようになります。また、目が見えづらくなることで、散歩を嫌がったり、物にぶつかりやすくなったりするほか、急にボストンテリアに触ろうとすると驚いて噛み付いてしまうこともあります。

白内障が進行して視力が失われてしまった場合でも、視力を取り戻すための手術が可能なことがあります。手術を希望される場合には、白内障手術を実施している施設、手術が適応できるかどうか、術後の合併症やケアの方法などについて、かかりつけの獣医師とよく相談しましょう。

チェリーアイ

「瞬膜」や「第三眼瞼」と呼ばれる、目頭にある組織が飛び出してくる病気です。チェリーアイには遺伝が関与していると言われています。

飛び出した瞬膜は赤く充血し、米粒〜小豆くらいの大きさに腫れた状態になります。さらに、涙の量が増えるほか、結膜炎を起こすこともあります。

治療としては、飛び出した瞬膜を元の位置に戻して縫合します。瞬膜は涙液を産生している組織なので、飛び出したからといって切除してしまうと、ドライアイを起こす可能性があります。

ボストンテリアの呼吸器の病気

鼻腔狭窄

鼻の穴やその奥の気道に構造上の異常があり、気道が狭くなってしまう先天性の病気です。短頭種で多く、遺伝が関与しています。ボストンテリアでは、軟口蓋過長症など、気道で起こる他の構造上の問題が合併していることがよくあります。

鼻腔狭窄のボストンテリアはブーブーといつも鼻をならしていたり、荒い呼吸をしていたりします。気温が高かったり、興奮していたりすると、症状は酷くなり、時には呼吸困難を起こします。

鼻腔狭窄が自然に治癒することはありません。症状が軽ければ、できるだけ興奮させすぎないようにしたり、暑過ぎる環境を避けたりして、鼻腔狭窄とつきあっていきます。一方、度々重度の呼吸困難を起こすような場合には、手術で鼻の入り口部分を広げます。鼻腔狭窄のボストンテリアは、暑い時に呼吸がうまくできないことで体温調節がうまくいかず、熱中症を起こしやすいので注意が必要です。

軟口蓋過長症

のどの手前にある、上あごの粘膜部分(軟口蓋)が生まれつき長く、呼吸時に空気の通り道となる、のどの入り口付近で垂れ下がってしまう病気です。ボストンテリアでは、鼻腔狭窄や軟口蓋過長症などの先天的な問題が複合して起こることがあります。

垂れ下がった軟口蓋によって気道が狭くなってしまうため、呼吸がしづらくなります。軟口蓋過長症のボストンテリアでは、寝ているときのいびきも特徴的です。重症の場合には、垂れ下がった軟口蓋がのどを塞いでしまって、呼吸困難を起こすことがあります。

急性の重度な呼吸困難に対しては、落ち着かせ、酸素吸入をするなどの緊急処置が必要です。すぐに動物病院を受診しましょう。軟口蓋過長症は先天的な構造上の問題で、自然に正常な状態に戻ることはありません。呼吸困難を繰り返すなど、重症の場合には、長過ぎる軟口蓋を切除する手術を行ないます。

 

ボストンテリアの骨と関節の病気

膝蓋骨脱臼

膝の曲げ伸ばしにかかわっている、いわゆる膝のお皿の骨が正常な位置からずれる病気です。ボストンテリアでは、膝関節を構成する組織に先天的な異常があることがあり、膝蓋骨脱臼を起こしやすいことが知られています。膝蓋骨脱臼の発症には遺伝が関係しています。

膝蓋骨脱臼の症状は、脱臼の重症度や年齢などにより様々です。ほとんど症状がみられず、たまにスキップのような歩き方をする程度ということもあります。一方で、重症化すると、後ろ足は変形し、膝を伸ばせなくなります。後ろ足を着地することができず、脱臼している足を使わずに歩くこともあります。

治療は重症度や年齢から決定します。多くの場合で手術が必要ですが、軽症であれば、膝関節を正常に動かすためのリハビリテーションのみを行なうこともあります。重度の膝蓋骨脱臼の場合、成長に伴って後ろ足の変形が進むため、早期の手術が勧められます。

ボストンテリアについて詳しく知りたい方はこちら
ボストンテリアの基礎知識まとめ

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

ボストン・テリアの平均体重や、年齢による食事の目安

その名の通り、アメリカのボストン市で生まれたボストン・テリア。ブルドッグなどを元に、小型化されて作られていった犬種で、あまり吠えない事や飼い主の気持ちに敏感な所・知能が高い所などが評価され、……

ボストン・テリア

ブリーダーからボストン・テリアを迎える時の選び方、メリットは?

アメリカ・ボストンで誕生したボストン・テリア。白・黒2色の毛色が特徴で、ちょっととぼけたような表情がとても可愛らしいですね。とても繊細で、飼い主の気持ちにも敏感です。活発な犬種なので、運動も……

ボストン・テリア

ボストン・テリアの寿命ってどのくらい?長く元気でいるための秘訣は?

大きな目とペチャっとつぶれた鼻がユーモラスでキュートなボストン・テリア。外ではやんちゃ、家では飼い主に従順な犬です。近年は犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいると……

ボストン・テリア