2016年2月22日更新

シンガプーラの価格・値段は?ペットショップや里親などお迎えする方法まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

シンガプーラは、小さな妖精とも呼ばれ世界で一番小さい猫です。

その愛らしい見た目に加え、明るく懐っこい性格の猫で、飼い主によく甘えます。ただ、臆病なので他の猫との同居は、避けたほうが良いかもしれません。入手方法は、中々希少な猫なのでブリーダーが主になるでしょう。

 

シンガプーラの値段は?相場は?


シンガプーラの相場は、ペットショップではほとんど見かけませんが12万円~18万円前後でしょうか。
子猫、コンテスト入賞などの血統などにこだわる場合は、やはりお金をかけるしかありません。数はあまりないようですが、専門のブリーダーから購入することができるようです。

専門のブリーダーから購入する場合は、やはり値段が張るようで20万円前後で取引されているようです。また、タイミングにもよりますが、あまり多くの頭数はいないようです。
ブリーダーの場合、中間業者などが入らない分お安くはなりますが、それ以外の経費が子猫にダイレクトに反映されるので、ブリーダーによっては高額になる場合があるようです。

ペットショップとブリーダーの違い

ペットショップの場合

ペットショップには、猫を飼おうと考える方がまず最初に足を運ぶ場所ではないでしょうか。メリットとしては、一度に多くの猫との相性を見ることができます。

また、気軽に足を運べて触れ合うことができます。他にも、グッズなどを一式揃えることもできるので安心です。店員さんに相談をしたりすることも可能なので、近くのペットショップで買った場合は安心できるかもしれません。

デメリットとしては、犬猫以外に爬虫類やハムスターなど、様々な動物を取り扱っているペットショップだと、感染症などが心配です。また、早い時期に母猫や兄弟たちと離れているので、将来精神的に不安定になってしまう可能性もあります。

よく観察をして、不安なことは店員さんに質問してみましょう。

ブリーダーの場合

ブリーダーは基本的に自宅で開いている方が多いため、昔は敷居が高かったのですが最近ではインターネットで、簡単に探すことができるようになりました。

メリットとしては、母猫や兄弟と過ごす時間がしっかりとれるため、社会性を学んだり猫同士のコミュニケーションができるようになります。

他にも、母猫や兄弟を見ることもできますし、育った環境が見学できます。また、普段の生活を見ることができるので、性格もわかりやすいかもしれません。

デメリットは、あまり頭数がいないことです。

一度に生まれた子猫しかいなかったり、生まれていなければ次の出産まで待つことも考えられます。
また、シンガプーラは人気なので場合によっては、生まれる前から予約という可能性もあります。

 

シンガプーラの里親という選択

里親という選択は、絶対に子猫でなければ、純血でなければ、などの絶対条件がある方には難しいかもしれません。

しかし、猫との生活をスタートして猫も飼い主も幸せに暮らせれば良い、という方には里親という選択があります。里親と聞くと、保健所などを想像するかもしれませんが最近ではインターネットやSNSなどで募集がされています。

里親としてお迎えする場合には、生体価格はありません。

しかし、無料で猫がもらえるかというと、そうではありません。

ワクチン代金や寄付金、去勢手術代金、遠方なら輸送のための交通費などを負担する必要があります。大体5千円~3万円くらいが多いでしょうか。それでも、ペットショップ、ブリーダーなどで購入するよりはお安く済む可能性が高いでしょう。

現在、残念ながらシンガプーラの里親募集は、大変少ないのが現実です。しかし、全くないわけではないようです。根気強く探してみるのも良いでしょう。

シンガプーラとの生活


世界で一番小さい猫、と聞くと本当に可愛らしく子の猫種でなければ、と考える方も多いかもしれません。しかし、シンガプーラとの生活が無料で手に入るなんてことはありません。

どんな方法であっても、お金はかかります。それを頭に置いて、里親として時間をかけて探してみるのも良いかもしれません。

 
 

関連カテゴリ