2016年2月22日更新

バセンジーの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

吠えないことや、発情の周期が年に1回しかないことなど特殊な特徴を持つバセンジー。勝気なところがテリアのようだとも、内向的なところが猫のようだともいわれています。そんなバセンジーの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

バセンジーの価格・相場は?

子犬の価格にははっきりとした基準がありません。そのため販売元によって価格に差が出ることが多くあります。バセンジーの場合もインターネットで価格の相場を調べると50,000円~100,000円、180,000円~250,000円、200,000円~300,000円とバラバラでした。実際にバセンジーの子犬の価格は100,000円以下の子犬から300,000円以上の子犬まで大きな幅があり、この価格帯の子犬が多いということがないので、価格の相場を出すことが難しいのだと思われます。

子犬の価格の差は主に血統、容姿、月齢などで決まります。チャンピオン犬の直子であるような良血統であったり、容姿が犬種標準(スタンダード)に近い要素が多かったりする場合は高額になりますし、逆に月齢が販売の適齢時期を越えてしまっている場合は安くなることが多くなります。これらの要素を踏まえて購入を検討しているバセンジーの価格に対する設定理由を確認し、納得できるものであるかを確認しましょう。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでバセンジーを購入するには?

バセンジー は日本ではまだ繁殖頭数の少ない希少な犬種になります。繁殖しているブリーダーの数も限られており、子犬がオークションなどに出品されることも少ないため、専門のブリーダーとの契約があるようなペットショップ以外で販売されることはあまりありません。

バセンジーのように店頭に並んでいない犬種をペットショップで購入するには、子犬を探すサービスを利用することになります。ただしバセンジー のように子犬の頭数が少ない希少な犬種の場合は、見つかるまでにかなりの時間がかかると思いますし。またこのサービスは通常の販売とサービス内容が異なりますので、サービスを受ける前によくその内容を確認しましょう。

ブリーダーからバセンジーを購入するには?

バセンジーの場合はペットショップから購入するよりも、専門に繁殖を行っているブリーダーから購入する方が確実に子犬を購入することができます。また国内でのブリーダー数が少ない犬種なので、海外からの輸入も視野にいれて探す必要があるでしょう。

日本で飼育されているバセンジーの場合はファンコーニ症候群と呼ばれる遺伝性の疾患が多くの犬に見られます。ファンコーニ症候群とは腎臓の病気で、本来は体に取り込まれるはずの栄養がオシッコとして外に出てしまう病気です。明確な治療法はないので早期に発見し食事で失われる栄養を補給する以外になく、発見が遅れると命に係わる病気です。

ブリーダーから購入する1番のメリットは、子犬の血統がはっきりと確認できることです。親犬の血統に遺伝性の疾患をもっている犬が含まれていないか、発病している兄妹がいないかなど、ブリーダーに直接確認しましょう。100%遺伝性の疾患を防ぐことは難しいですが、予めどのような可能性があるのかを理解できていれば、検査や病院の手配などの準備を整えておくことができますね。

里親制度とは?

最近では様々なメディアで取り上げられる機会が増えてきたので、保護された犬や猫の現状をご存知の方も多いと思います。

保護犬や猫の殺処分については長い間ペット産業の闇の部分として一般の人の目に触れることのないものでした。現在はこのことを多くの人に知ってもらうことで、犬や猫を飼うことに対するモラルの啓発を行い、保護される頭数を減らしていこうという殺処分ゼロ活動が行われています。この活動は少しずつ効果が表れており10年前よりはるかに保護される頭数は減ってきています。

里親制度はこの活動の一環で行われているもので、今保護されている犬や猫を殺処分から救うために情報を公開し、広く飼い主を募集する制度です。

里親募集の情報はインターネットで検索することができます。ご自分の地域名、犬、里親で検索してみてください。バセンジーのような希少な犬種が保護されることはありませんが、プードルや柴犬などは多くの犬が里親を募集しています。1度どのような犬たちが里親を募集しているか見てみませんか?

バセンジーを飼う時に考えて欲しいこと

バセンジーは元々アフリカのコンゴで生きてきた犬です。そのため日本の冬の寒さに体が対応することができないので、しっかりとした防寒対策が必要になります。またとても活発で自由奔放なところのある犬なので、小さなお子さんがいらっしゃるような家庭での飼育は向いていません。

日本での飼育頭数が少ない犬種の場合は、その犬種に対する正しい知識が不足していることがあります。このような基本的なことからかかりやすい病気までしっかりと調べた上で、自分たちが飼って行くことができる犬なのかをよく考えてもらいたいと思います。

そして犬を家に迎える方法としてペットショップやブリーダーから子犬を購入することだけでなく、保護犬の里親になる選択肢を含めてよく検討していただけたらと思うのです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

忠実で万能な鳥猟犬であるジャーマン・ショートヘアード・ポインター。硬く短い被毛は艶やかで美しく、強靭な四肢がその運動能力の高さを表しています。そんなジャーマン・ショートヘアード・ポインターの……

犬の購入・入手方法

セント・バーナード の価格は?購入する方法・里親になる方法は?

山岳救助犬とし多くの遭難者を救ってきた聖なる犬セント・バーナード。大きくて暖かい、慈愛にあふれた犬です。そんなセント・バーナード の価格の相場はどのくらいなのか、ペットショップで購入する場合……

犬の購入・入手方法

スキッパーキの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

穴という穴、割れ目という割れ目に鼻を突っ込んで、いつでも冒険を探しているような好奇心旺盛なスキッパーキ。小さな体に勇気とエネルギーをためて何か楽しいことを探しているそんなスキッパーキの価格の……

犬の購入・入手方法

ロットワイラーの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

勇猛で堂々とした風貌が魅力のロットワイラー。そんなロットワイラーの価格の相場はどのくらいなのか、ペットショップで購入する場合とブリーダーから購入する場合の何が違うのか、里親制度とはどのような……

犬の購入・入手方法

ブルドッグ の価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

顔に深く刻まれたしわと大きな口、重心の低いがっしりとした体形が勇猛さを感じさせるブルドッグ。見た目の厳つさの反面、陽気でユニークな仕草が愛嬌たっぷりな犬ですね。そんなブルドッグ の価格の相場……

犬の購入・入手方法