猫の膀胱結石〜原因・症状と対策

猫の病気で尿路結石というのはよく聞く病気かもしれませんが、その尿路結石としてよくまとめられる病気の一つが膀胱結石という病気です。膀胱は体の中でも有害な尿をためて排泄する重要な器官です。この膀胱に結石ができてしまうことは猫にとって命の危険もあるほど危険な状態だということです。そんな膀胱結石について詳しく知ることで愛猫が放つSOSのサインに気づきやすくなります。今回は膀胱結石について詳しく見てみましょう。

 

猫の膀胱結石の原因とは

猫の膀胱結石は、尿を蓄積する膀胱内に結石と言われる小さな石のようなものができてしまう病気です。犬や猫の膀胱結石の多くはストルバイト結石と言われる燐酸アンモニウムマグネシウムで構成されることがほとんどです。この結石ができてしまう原因についてはまだ研究が進められている段階で、正確なメカニズムは解明されていません。

膀胱炎によるもの

膀胱結石の主な原因として考えられているのが膀胱炎です。膀胱炎は細菌に感染してしまうことで発生する膀胱内の炎症のことで、この膀胱内の炎症によって剥がれ落ちた細胞などが核となり結石ができると考えられています。

偏食によるもの

偏った食生活を続けることで尿がアルカリ性や酸性になり、結石ができやすくなります。アルカリ性が高まった尿ではストルバイトやリン酸カルシウム結石が、酸性が高まった尿ではシュウ酸カルシウムや尿酸塩、シスチン、キサンチン結石などのリスクが高まります。

既存の病気によるもの

前立せん肥大症や尿道狭窄、神経因性膀胱などの疾患が原因で膀胱結石が起きることがあります。また何らかの膀胱の手術を行った際に縫合した糸が核となって結石ができてしまうケースもまれにあります。

 

猫の膀胱結石の症状について

膀胱結石は発症することがまれな尿路結石の一種です。膀胱内に石ができてしまうことで発症する膀胱結石ですが、石の数が少なくて小さいようであればそのまま様子見とされることもあり、尿と一緒に自然排出されることもあります。しかし、石の数が多かったり、石が大きかったりすると体に甚大な被害をもたらし、最悪の場合には死に至ることもあります。

初期の症状

初期の症状では食欲不振やぐったりして元気がないといった様子が見られます。少し悪化してくると発熱症状やおしっこの回数が増えたり、水をたくさん飲んだりするようになります。尿の色が濃くなり、血尿することもあり体の中にどんどん毒素が蓄積している状態です。

重度の症状

症状がどんどん悪化してくると血尿が頻繁に出、尿の色がコーヒーのように濃くなりにおいも強くなります。そうなると排尿後に痛みを感じるようになり、排尿自体が困難になります。また膀胱で細菌感染が起こってしまうと尿路感染症を引き起こしてしまうこともあります。症状が悪化しているにもかかわらず、飼い主が気付いてあげないと体の中に毒素がたまっていき、他の病気を引き起こしてしまうこともあります。腎臓などにトラブルが出てしまうと腎臓病を患って死に至ることもあるので、注意しましょう。

 

猫の膀胱結石の対策

膀胱結石は膀胱内にできている結石の大きさや数によって治療方法が大きく変わる病気です。対策方法としては基本的にすでに出来てしまっている結石の治療と結石ができる原因を改善していく方法に分けられます。どういった治療を行うにしても飼い主が的確に愛猫が放つSOSを察知して、早急に病院に連れて行ってあげることが非常に重要です。

内科的療法

結石が小さく、数も少ない場合には薬剤による内科療法を行います。抗生物質を使用することで感染症を防ぎ、自然に石が尿と一緒に排泄されるのを待ちます。

外科的療法

結石が大きく、数も多い場合には外科手術によって取り出していきます。

既存の病気の治療

前立せん肥大症や尿道狭窄、神経因性膀胱などの疾患が原因で膀胱結石が起きてしまっている場合は、膀胱結石の様態を見ながら、膀胱結石の治療を優先して行うか既存の病気の治療を優先させて行うかを決めて治療していきます。

食事療法

偏食により体が極端にアルカリ性や酸性になってしまっている場合には、医師の適切な診断のもとバランスをコントロールする食事療法を行っていきます。

 

まとめ

猫の膀胱結石はそれほど頻繁に発生する病気ではありませんが、発生してしまうと愛猫を非常に危険にさらしてしまう恐ろしい病気です。まだまだ研究が進められている分野で、その解明が急がれますが、膀胱結石の治療ではほとんどのケースで手術を行って石を取り出すようになります。そうなると愛猫の体にも負担になり、子猫や老猫では行えないこともあります。早期発見、早期治療が愛猫を救うためには重要です。

関連記事