2016年2月22日更新

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

独特な風貌が印象的なチャイニーズ・クレステッド・ドッグ。無毛タイプが有名ですが、全身に絹のような被毛の生えたパウダー・パフ・タイプもいます。そんなチャイニーズ・クレステッド・ドッグの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの価格・相場は?

子犬の価格には大きな幅があるのが通常なので、はっきりとした相場があるわけでありませんが、チャイニーズ・クレステッド・ドッグのおおよその相場は150,000円~200,000円といわれています。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグには無毛のヘアレス・タイプとパウダー・パフ・タイプの2種類がいますが、タイプによる価格差はあまりないようです。

価格差の大きな要因は主に血統と容姿によるもので、JKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)の定めた犬種標準(スタンダード)に近くなる要素が多い子犬ほど、ショータイプと呼ばれ高額になる傾向があります。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでチャイニーズ・クレステッド・ドッグを購入するには?

ヘアレス・タイプのチャイニーズ・クレステッド・ドッグは、アレルギーのある人でも飼うことのできる犬種として人気があがり、ペットショップでも見かけることができるようになってきました。

ペットショップの1番のメリットは身近にあって気軽に見て回れることですね。購入後の子犬の負担を考えると、できるだけ近い場所から引き取りたいものです。

まだそれほど多くの子犬が販売されている訳ではないチャイニーズ・クレステッド・ドッグですから、見かけたら購入したくなるかもしれません。でも衝動的に購入するのは大変危険です。ペットショップから子犬を購入する場合は、1つのお店だけで決めるのではなくいくつかのお店を回って、雰囲気などを比較することがとても重要です。まずは信頼できるペットショップを見つけることから始めましょう。

ブリーダーからチャイニーズ・クレステッド・ドッグを購入するには?

人気があがるにつれてチャイニーズ・クレステッド・ドッグ のブリーダーも徐々に増え、インターネットでも簡単に検索することができるようになってきました。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグのヘアレス・タイプの場合は遺伝的に歯の少ないまたは小さい犬が多くいます。歯が小さいということは粒の大きい硬いものは食べられないということです。また肌がむき出しの状態ですから寒暖のコントロールも必要ですし、日焼けや乾燥の対策も必要になります。パウダー・パフ・タイプは遺伝的にはヘアレス・タイプよりも安定しているといわれていますが、絹のような被毛は手入れを怠ると毛玉ができ皮膚病の原因になります。

このような犬種固有の特徴をよく理解していて、飼育に対する的確なアドバイスをしてもらえることが、ブリーダーから購入するメリットの1つですね。特にチャイニーズ・クレステッド・ドッグは皮膚が弱い犬種だといわれています。どのようなケアをすればよいかアドバイスをいただけるのは心強いですね。

 

里親制度とは?

1年間でどれだけの犬や猫が保護されているか知っていますか?

環境省自然局の統計資料によると平成26年度の保護頭数は、犬と猫をあわせて151,095頭となっています。そのうち預かり期間内に飼育者が現れなかったため殺処分されてしまった頭数は、約70%あたる101,338頭となっています。この頭数は殺処分ゼロ活動のお蔭で10年前に比べると1/4近い頭数になっていますが、まだ少ないとはいえません。

里親制度は殺処分ゼロ活動の一環で行われているもので、1頭でも多くの犬や猫に新しい引き取り手を見つける活動です。

里親募集の情報はインターネットで簡単に検索することができます。地域名、犬、里親の順に入力して検索してみてください。チャイニーズ・クレステッド・ドッグが保護され里親を募集しているケースは少ないですが、プードルやミニチュアダックスフンドなどは多くの犬が里親を募集しています。1度どのような犬たちが里親を募集しているのか見てみませんか?すてきな出会いがあるかもしれませんよ。