2016年4月29日更新

ブルドッグの病気〜獣医師が解説するブルドッグのかかりやすい病気〜

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ずんぐりむっくりした体型で、ごろりと寝そべりながらも飼い主をよく観察していて、賢く甘え上手なブルドッグ。のんびりすることが大好きで、成犬になると散歩や運動も面倒くさがってしまうことが多く、肥満になりやすいので注意が必要です。ブルドッグの肥満は、呼吸困難や熱中症などの命に関わる病気のリスクを大きくします。少しずつでも運動をさせて、肥満は必ず予防しましょう。ただし、真夏の日中は無理に外出せず、室内での軽い運動にしましょう。そのほかにも、ブルドッグで知っておきたい病気がいくつかありますので紹介します。

 

ブルドッグの目の病気

眼瞼内反症

生まれつきまぶたの縁が内側に巻き込むようになる病気です。上下どちらのまぶたにも起こる可能性があります。

眼瞼内反症を起こすと、刺激で目をしばしばさせたり、涙が多くなったりします。また、まぶたの被毛やまつげが角膜に触れるので、角膜炎や角膜潰瘍の原因になります。角膜炎を起こすと、黒目の表面が白く濁ったように見えます。

角膜炎を繰り返す場合には、内反している部分を切除する手術を行ないます。若齢のため手術することが難しいうちは、眼軟膏などで角膜を保護します。

乾性角結膜炎

涙が十分に産生されず、角膜や結膜で炎症を起こす病気です。免疫異常によるものが多いですが、詳しい原因は不明です。

結膜炎を起こした結膜は腫れて充血します。一方、角膜炎を起こすと、黒目の表面が濁って見えます。黄色くねばりけのある目やにが増え、かゆみが起きます。角膜の炎症が進むと、角膜に多くの新しい血管ができ、やがて黒っぽく色素沈着を起こします。ひどい時には角膜穿孔といって、角膜に穴があいてしまうこともあります。

治療としては、清潔にして、人工涙液や眼軟膏の点眼をこまめに行い結膜や角膜を保護します。炎症が強い時には、自分でひっかいて角膜や結膜に傷をつけないように、エリザベスカラーを着用した方がよいでしょう。角膜穿孔を起こした場合には、早急に手術が必要です。乾性角結膜炎の根治は困難です。多くのケースで良化と悪化を繰り返しながら慢性化してしまいます。

ブルドッグの呼吸器の病気

短頭種上部気道症候群

鼻腔狭窄症や軟口蓋過長症、気管低形成といった、鼻からのど、気管に至る気道が狭くなる病気が複合して発症する病気です。

鼻腔狭窄症は、鼻の入り口にあたる鼻翼の構造異常が原因となって気道が狭くなります。また、軟口蓋過長症では、のどの奥にある、上あごの粘膜が生まれつき長く、垂れ下がってしまうことで、気道がふさがってしまいます。気管低形成とは、発育過程で気管が本来の太さにまで達する事ができない病気です。

いずれも、呼吸をするときの空気抵抗が非常に大きくなってしまうため、喘ぐように呼吸をしたり、運動に耐えられなかったりします。そのほか、軟口蓋過長症の特徴的な症状には、いびきがあります。暑い時や興奮時に症状は悪化しやすく、呼吸困難で粘膜が紫色になるチアノーゼを起こして重篤な状態となることもあります。

治療としては、 手術による鼻腔狭窄症や軟口蓋過長症の矯正を行ない、気道を確保します。急性の呼吸困難を起こしているときは、酸素吸入をはじめとした緊急処置が必要です。

 

ブルドッグの心臓の病気

心室中隔欠損症

心室中隔欠損症は、右心室と左心室を隔てている壁である心室中隔に穴(欠損孔)が開いている先天性の心臓病です。

欠損孔が小さければ、特にこれといった症状をみとめない場合もあります。欠損孔が大きい場合には、疲れやすかったり、咳をしたりといった症状が見られるようになります。また、発育不全を起こすこともあります。

欠損孔が成長とともに自然に閉鎖するケースもまれにはありますが、ほとんどの場合、自然治癒はかなり難しいでしょう。内科治療で症状を安定させたのち、根治を目指すには外科手術を検討します。しかし、現状では手術を実施できる施設は非常に限られています。また、すでに重度の心不全を起こしている場合には、手術をすることはできません。内科治療で心臓を補助することで状態を安定させ、それを維持していくことになります。

ブルドッグの泌尿器の病気

異所性尿管

本来、腎臓から膀胱に接続している尿管が、生まれつき尿道や膣に接続してしまっている病気です。尿路感染症や腎障害を併発することがあります。

腎臓で作られた尿が、膀胱を経由しないで膣や尿道へ流れるため、尿が膀胱に貯留せずに失禁を起こします。先天性の病気なので、子犬の頃から常に尿を漏らしている状態になります。膣炎や膣の周囲の皮膚炎を起こすことがあります。

尿道や膣に接続している尿管を膀胱に接続させるための移植手術を行ないます。これにより、基本的には尿失禁は起こらなくなります。しかし、尿道の締まりが十分でないために手術をしても尿失禁が完治しないケースがあり、内科治療を試みることもあります。 膣の周囲の皮膚炎に対しては清潔を保つためのケアも必要です。

ブルドッグの骨と関節の病気

股関節形成不全

生まれつき股関節が不安定で、亜脱臼を起こしている病気です。股関節形成不全の発症には遺伝が関係しています。成長に伴って進行していく病気で、不安定な股関節ではやがて関節炎が起きます。

股関節形成不全を起こしているブルドッグは、後ろ足がうまく使えずに跳ねるようにして歩いたり、腰を振って歩いたりします。また、上手におすわりができない、運動や段差を嫌うといった症状も見られます。こういった症状は、成長期に始まります。多くの場合、成長後に一旦症状が軽快するように見えます。しかし股関節の関節炎は進行していくため、後に症状が再発します。

軽症であれば、体重管理やリハビリテーションをしっかりと行ないながら、鎮痛剤やサプリメントを用いて股関節形成不全とつきあっていきます。滑りにくい床材を使うなど、生活環境の工夫も大切です。一方、外科手術を必要とするケースもあります。いくつかの手術方法の中から、年齢や体格、股関節の状況などを考慮して選択します。

ブルドッグの皮膚の病気

皮膚炎

ブルドッグの特徴でもある皺の中や皮膚のたるんだ部分では、細菌などが繁殖して皮膚炎を起こすことがあります。また、アレルギー性皮膚炎や皮脂の過剰分泌による脂漏性皮膚炎が同時に起こることもあります。

皮膚の皺の中や皮膚のたるんだ部分、腹部や顔面、四肢、脇の下、指の間、あごが皮膚炎の症状が見られやすい部位です。かゆみがあり、脱毛して皮膚が赤くなるほか、赤いプツプツができたりもします。慢性化すると皮膚は黒っぽく色素沈着し、やがてかたく分厚くなっていきます。

皺の中や皮膚のたるんだ部分は丁寧に清拭するなどして、清潔を保ちましょう。細菌感染には内服薬やシャンプーが有効です。皮膚炎のコントロールが困難な場合、アレルギーや脂漏症が根底にあることがあります。アレルギー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎は根治が難しく、食事療法や内服薬、シャンプーで症状を抑えながらつきあっていかなくてはなりません。

ブルドッグについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ブルドッグとの暮らしで注意すること