2016年4月30日更新

バーニーズマウンテンドッグの病気〜獣医師が解説するバーニーズ・マウンテン・ドッグのかかりやすい病気〜

どっしりとした大きな体につややかなトライカラー、知的な表情で人気のバーニーズマウンテンドッグ。その力強い体つきはバーニーズマウンテンドッグの魅力の一つですが、体重管理は大切です。股関節形成不全などの関節疾患がある場合は特に肥満は避けなくてはなりません。また、熱中症にも注意が必要です。そのほか、バーニーズマウンテンドッグで気をつけておきたい病気について紹介します。

バーニーズマウンテンドッグの消化器の病気

胃拡張胃捻転症候群

胃拡張胃捻転症状群はバーニーズマウンテンドッグに限らず、胸の深い大型犬で多い、命に関わる病気です。食事を勢いよく食べた直後に運動すると発症しやすいと言われています。貯留したガスと液体で胃が拡張し、やがて胃がねじれてしまいます。胃がねじれると、胃内のガスが排出されない一方、胃の中で内容物の発酵が進んでガスが発生し続けるため、ガスはさらに貯まります。やがて拡張した胃による周囲の血管の圧迫などが原因で、全身の循環不全が起こります。さらに、ねじれた胃では血流障害による壊死が進みます。この病気は速やかに治療を開始しなければ死亡してしまいます。

胃拡張胃捻転症候群を起こすと、急激に腹部がふくらみはじめ、時間とともにどんどん進行していきます。また、吐こうとするものの、何も吐くことができずに、多量のよだれを流します。その後、状態は悪化してショック状態となります。

すぐに応急処置が必要です。口から胃内にチューブを挿入することができれば、チューブを通して胃内のガスと内容物を排出させます。緊急的に胃内のガスを抜く為に、針を体表面から胃に向けて挿入することもあります。胃のねじれのためチューブが挿入できなければ、緊急開腹手術を行ないます。手術では、胃内のガスを抜き、ねじれた胃を整復した後、胃洗浄、胃のねじれを再発させないための固定を実施します。手術後も集中的な治療と状態の管理が必要です。

バーニーズマウンテンドッグの骨と関節の病気

股関節形成不全

股関節形成不全は生まれつき股関節が不安定で、亜脱臼を起こしている病気です。成長に伴って病気は進行し、不安定な股関節で関節炎を起こします。股関節形成不全の発症には遺伝が関与しています。

股関節形成不全のバーニーズマウンテンドッグは、後ろ足がうまく使えずに跳ねるように歩いたり、腰を振って歩いたりします。また、おすわりが上手にできない、運動や段差を嫌がるといった症状も見られます。これらは、成長期に始まりますが、多くの場合で成長後に一旦、症状が軽快したように見えます。しかし、股関節の関節炎は進行するため、やがて症状は再発します。

軽症であれば、体重管理を徹底するほか、リハビリテーション、鎮痛剤やサプリメントで股関節形成不全とつきあっていきます。床材を滑りにくいものにするなどの生活環境の改善も効果的です。一方で、外科手術が必要なケースもあります。股関節形成不全の手術にはいくつかの方法があります。年齢や体格、股関節の状態などを考慮して手術方法を選択します。

肘関節形成不全

肘関節形成不全は、生まれつき肘関節を構成する骨や靭帯などに異常があり、肘関節が不安定となる病気です。股関節形成不全と同様、不安定な肘関節はやがて関節炎を起こします。この病気の発症には遺伝が関与しており、股関節形成不全を併発していることがよくあります。

成長期に痛みと歩き方の異常が見られます。前足を使いたがらなかったり、着地してもあまり体重をかけなかったりします。重症の場合には、頭を上下に動かす特徴的な歩き方をします。成長すると症状が落ち着くこともありますが、不安定な肘関節で関節炎が進行するので、やがて症状は再発します。

肘関節形成不全のバーニーズマウンテンドッグでは、できるだけ早い段階での手術が勧められています。成長期であっても、すでに関節炎を起こすなど病気が進行していると、手術を行なってもあまり効果が期待できません。手術を行なわない場合は、体重管理を徹底し、鎮痛剤やサプリメントを用いるなどして、病気とつきあっていきます。

バーニーズマウンテンドッグの腫瘍性疾患

血管肉腫

血管肉腫は、血管の細胞を由来とする悪性腫瘍です。増殖や転移のスピードが早く、非常に悪性度の高い腫瘍です。脾臓を原発とすることが多く、肝臓、心臓、肺をはじめとした全身の臓器に転移を起こします。また、心臓を原発とすることもあり、心臓腫瘍の多くはこの血管肉腫です。最終的には、腫瘍の進行による臓器障害や、腫瘍からの出血による貧血により死亡します。

病気が進行するまでは、特に症状が見られないことがよくあります。脾臓などの腹腔内の臓器の血管肉腫の場合、おなかが膨らんだようになってきます。一方、心臓の血管肉腫の場合には、疲れやすくなったり、失神したりすることがあります。血管肉腫は非常に出血しやすく、腫瘍からの出血で貧血が進むと、舌など口の中の粘膜の色が薄くなったり、運動を嫌がったりします。さらに腫瘍が進行すると、多臓器臓器不全や貧血で死亡します。また、腫瘍はとてももろく、破裂することで急激な大量出血を起こし、ショック状態となって死亡することがあります。

残念ながら、血管肉腫を根治させる治療方法はありません。脾臓を原発としていて転移病巣が確認されない場合には、出血をくいとめる目的で脾臓を摘出する手術を行ないます。しかし、血管肉腫では既に腫瘍細胞は血流に乗って全身の臓器へと運ばれているため、手術をしても転移を完全に抑えることは困難とされています。抗がん剤治療を行なうことで、生存期間を延長させられることがあります。

バーニーズマウンテンドッグについて詳しく知りたい方はこちら
バーニーズマウンテンドッグの基礎知識まとめ

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

穏やかな表情が魅力的!バーニーズ・マウンテン・ドッグの世界

大きな体とゆったりとした雰囲気が魅力的なバーニーズ・マウンテン・ドッグ。寒さの厳しい山で働く犬らしく、長く豊かなトライカラーの被毛が温かさと優しさを醸し出していますね。 バーニーズ・マ……

バーニーズ・マウンテン・ドッグ

【動物看護師が解説】バーニーズマウンテンドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大型犬好きの方の中で、高い人気を誇るバーニーズマウンテンドッグ(以下、バーニーズ)。優しく、賢く、小さな子供とも遊べる家族に馴染みやすい犬種です。体が大きく、毛量もかなりあるので被毛の手入れ……

犬のブラッシング

バーニーズマウンテンドッグの病気〜獣医師が解説するバーニーズ・マウンテン・ドッグのかかりやすい病気〜

どっしりとした大きな体につややかなトライカラー、知的な表情で人気のバーニーズマウンテンドッグ。その力強い体つきはバーニーズマウンテンドッグの魅力の一つですが、体重管理は大切です。股関節形成不……

バーニーズ・マウンテン・ドッグ

ブリーダーからバーニーズ・マウンテン・ドッグを迎える時の選び方、メリットは?

世界一有名な山岳犬のバーニーズ・マウンテン・ドッグ。スイス原産だけあって寒さに強く、牽引などの作業が得意です。性格は温和で子供にも優しく接します。 暑いのはちょっと苦手なバーニーズ・マ……

バーニーズ・マウンテン・ドッグ

温和で優しい!バーニーズ・マウンテン・ドッグ オススメブログ 6選

がっしりした体格で丈夫、大きくたくましいバーニーズ・マウンテン・ドッグは荷物を牽引したり家畜を追ったりする仕事が得意です。性格は温和で献身的、のんびりとしています。しらない人にはあまり懐きま……

バーニーズ・マウンテン・ドッグ