2016年4月30日更新

ウェスティの病気〜獣医師が解説するウェスト・ハイランド・ホワイトテリアのかかりやすい病気〜

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

純白の被毛が魅力的なウエストハイランドホワイトテリア。がっしりとした骨格ながらもコンパクトな体型が特徴的です。そんなウエストハイランドホワイトテリアは、好奇心旺盛で活発な性格でウエスティの愛称でも親しまれています。ウエストハイランドホワイトテリアは皮膚疾患に注意が必要で、皮膚の健康と被毛の美しさを保つために、定期的なシャンプーやトリミングなどのケアが欠かせません。そのほか、ウエストハイランドホワイトテリアで気をつけておきたい病気を紹介します。

 

ウエストハイランドホワイトテリアの目の病気

乾性角結膜炎

涙が十分に産生されず、角膜や結膜が乾燥に伴う炎症を起こす病気です。免疫異常によるものが多いですが、詳しい原因は不明です。

結膜炎を起こした結膜は、腫れて充血します。一方、角膜炎を起こすと、黒目の表面が濁ってきます。ねばりけのある黄色い目やにが増えて、かゆみも訴えます。角膜炎が進むと、角膜にたくさんの新しい血管ができてきたり、色素沈着を起こしたりします。また、ひどい時には角膜穿孔といって、角膜に穴があいてしまう状態になります。

治療としては、こまめに清拭するなどして清潔を保ち、人工涙液や眼軟膏を点眼します。炎症が強い時には、自分でひっかいて傷をつけないように、エリザベスカラーの装着が勧められます。角膜穿孔を起こした場合は、早急な手術が必要です。乾性角結膜炎は根治が困難な病気です。良化と悪化を繰り返しながら、慢性化してしまいます。

ウエストハイランドホワイトテリアの泌尿器の病気

異所性尿管

本来、腎臓から膀胱に接続している尿管が、生まれつき尿道や膣に接続している病気です。尿路感染症や腎障害を併発することがあります。

腎臓で作られた尿が膀胱に貯留することなく膣や尿道へ流れ続けるため、常に失禁をした状態になります。先天性の病気で、子犬の頃から常に尿を漏らしているため、膣炎や膣の周囲の皮膚炎を起こしていることが多いです。

尿道や膣に接続している尿管を、膀胱へと接続させる手術を行ないます。これにより、尿失禁は解決します。しかし、尿道の締まりが不十分で尿失禁が完治しないケースがあります。この場合、術後に内科治療を試みることもあります。膣の周囲の皮膚炎に対しては、周囲の被毛をカットするなどして清潔を保つことが必要です。

 

ウエストハイランドホワイトテリアの骨と関節の病気

レッグペルテス

成長期のウエストハイランドホワイトテリアの大腿骨で起こる病気です。大腿骨頭という股関節を形成している部分で、血管の損傷が起こります。それにより、大腿骨頭へと十分な血液が供給されなくなります。血液が十分に供給されなくなると、酸素や栄養分が不足してしまった大腿骨頭は壊死を起こし、やがて骨折してしまうこともあります。この病気が発症する詳しいメカニズムはわかっていませんが、遺伝の関与が疑われています。

レッグペルテスを発症したウエストハイランドホワイトテリアは、後ろ足の痛みを訴えたり、後ろ足をひきずったり、かばうようにして歩いたりします。病気が進むと、常に後ろ足を使いたがらなくなり、後ろ足の筋肉が萎縮することもあります。

レッグペルテスの治療では、ほとんどのケースで手術を行ないます。手術では、壊死した大腿骨頭を切除します。適切な時期に適切な手術を受けることで、歩行に支障はなくなり、通常通りの生活を送れるようになります。

ウエストハイランドホワイトテリアの皮膚の病気

皮膚炎

ほこりやちり、花粉、食べ物など、病原性がないはずの物質に対して過剰な免疫反応が働いてしまうことで皮膚炎を起こすことがあり、これをアレルギー性皮膚炎と呼びます。また、ウエストハイランドホワイトテリアでは、皮脂が過剰に分泌される脂漏症を起こすことがあります。脂漏症のウエストハイランドホワイトテリアの皮膚では、マラセチアという酵母や細菌が繁殖することによる脂漏性皮膚炎を起こします。ウエストハイランドホワイトテリアでは、これらの皮膚炎が複合して起こることがあり、治療のとても難しい皮膚炎となります。

おなかや顔、手足、脇の下などがアレルギー性皮膚炎の症状が出やすい部位です。また、脂漏性皮膚炎は脇の下や指の間、あごやおなかなどでよく見られ、皮膚がべたついたりかさついたりして、独特のにおいを発します。皮膚炎を起こした皮膚では、かゆみとともに、脱毛し、赤く腫れぼったくなります。皮膚炎が慢性化すると、色素沈着を起こすほか、やがて皮膚が厚くなって、象皮と呼ばれる状態になります。また、ウエストハイランドホワイトテリアでは、難治性の外耳炎を併発することもよくあります。

マラセチア感染や細菌感染には内服薬が有効です。しかし、アレルギー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎は根治が困難な病気です。食事療法や内服薬、こまめなシャンプーで症状を抑えながら、生涯にわたり付き合っていかなくてはなりません。

ウェストハイランドホワイトテリアについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ウエストハイランドホワイトテリアとの暮らしで注意すること