2015年10月31日更新

【愛知】犬猫の骨折に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

 

愛知県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年10月現在 順不同

みどり動物病院

特徵

整形外科疾患の治療を得意としている動物病院です。骨折については、最近では、トイ種(トイ・プードル、パピヨン、チワワなど)が落下や転倒の際に骨折する例が多くみられるということです。骨折の整復には、骨折位置、飼育環境、性格、年齢などによって、以下の3つの方法を用います。

前肢先端(橈骨・尺骨)の骨折を例にとった場合、

  1. プレート及びスクリューによる固定
  2. 2.ピンによる固定
  3. 3.創外固定(骨折を整復後、皮膚の外から骨に向かってピンを数本刺し、それを特殊な固定器を
    用いて線状/リニア型、または円状/サーキュラー型につなぎ、固定)

となります。

初診の場合に必要な問診票は、ホームページからもダウンロードできます(「診療案内」のページより)。

アクセス・連絡先

住所 〒458-0916 愛知県名古屋市緑区有松町桶狭間愛宕西23-28
電話 052-624-2815
ホームページ http://www.midoriac.com/

名古屋動物医療センター

特徵

日本で唯一の動物リハビリテーション施設を併設した 獣医整形外科(椎間板ヘルニア等)と獣医脳神経外科の専門病院です。初診の場合、診療申込書をホームページからダウンロードして持参すると時間が短縮できます(「外来のご案内」のページ)。ホームドクターからの紹介の場合には、紹介状・診療情報提供書を受付に提出してください。

診断は、触診や整形外科身体検査・神経検査後に各種検査を勧めます。飼い主の意向を尊重しながら、エビデンスに基づき治療方針を決定していくということです。

アクセス・連絡先

住所 〒465-0092  名古屋市名東区社台3丁目248番
電話 052-776-0811
ホームページ http://www.namc.co.jp/

小笠原動物病院

特徵

外科手術についても実績がある動物病院です。2005年度の例を挙げると、総数607件となっており、整形外科の手術としては骨折整復手術2件、蓋骨脱臼整復手術1件、 前十字靭帯断裂整復手術2件、股関節脱臼整復手術1件、骨盤骨折整復手術2件、骨折ギプス固定3件となっています。

診療は予約制となっており、午前の予約は午前、午後の予約は午後のみの受け付けなので、予約専門回線に電話をし、カルテ番号、名前を伝えて順番をとることになります。急患の場合は0:00(深夜)まで受付をしているので、電話で経過を知らせてから来院してください。

アクセス・連絡先

住所 〒448-0803 愛知県刈谷市野田町北菰神23-35
電話 0566-27-2211  ※予約専用回線は0566-27-0101
ホームページ http://www.ogasawara-ah.com/

はなのき動物病院

特徵

診療科目に整形外科(骨折、膝蓋骨脱臼、靱帯断裂、骨頭切除など)がある動物病院です。 こちらの病院は来院順に診察を行っていますが、重症度によって前後する場合もあるということです。

流れとしては受け付け、問診票記入、問診、診察・検査、治療計画(話し合いの上治療を決定)、治療(説明を行いながら実施)、再確認(治療や今後の方針について再度確認、説明)となっています。

骨折の検査はレントゲンなどで行います。CR(デジタルレントゲン)も導入されており、コントラストをつけたり拡大したりでき、現像の時間も短いため待ち時間短縮が可能となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒478-0063 愛知県知多市寺本新町1-110
電話 0562-85-9922
ホームページ http://hananoki-ah.com/

名古屋みらい動物病院

特徵

犬猫、ウサギ、ハムスターの治療を専門としている動物病院です。全科診療で、診療科目の中に整形外科があります。夜間、時間外も可能な範囲で対応しているとの事です。

骨折に対応する設備として、骨折整復セットが備えられており、手足の骨折、骨盤骨折の整復を可能としています。非常に高価な道具なので、順次種類を拡充しているとのことです。

こちらの病院で歯幅広い病気を診断、治療していますが、確実な診断の中難易度の高い手術も実施しています。実施している分野の中に整形外科の骨折整復手術も含まれています。

アクセス・連絡先

住所 〒468−0039 名古屋市天白区西入町155
電話 052-838-9009
ホームページ http://www.nagoyamirai.jp/

いわた動物病院

特徵

診療科目に整形外科(骨折、膝蓋骨脱臼 等)がある動物病院です。外科診療で多く見られる疾患のひとつに骨折がありますが、レントゲン検査などで診断を行います。

椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼、骨頭切除、骨折、骨腫瘍等の様々な神経外科、整形外科、腫瘍外科の治療時などに使用するのは、SYNTHES社のElectric-Pen(通称E-ペン)、ということです。骨を削る、切除する、穴をあけるという働きをすることで、より早く、正確確実に目的を達成することが可能となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒496-0801 愛知県津島市藤浪町3-81
電話 0567-97-3500
ホームページ http://www.iwata-vet.com/

ふるはし動物病院

特徵

犬猫の骨折、がん治療に力を入れているという動物病院です。こちらの病院では骨折、脱臼を中心とした整形外科疾患をよく診療しているということですが、以前は交通事故による骨折が多く、全身の多発骨折が見られていたのに、最近特にトイプードル、ポメラニアン、チワワ、パピヨンなどの小型犬の前肢骨折の症例が多くなっているとの事です。

骨折の治療は骨を整復し元どおりの動きができるようにするのが目的です。こちらでは小型犬、猫、ウサギ、フェレット、小鳥からゴールデンリトリバー、ピレーニーズまでの骨折に対応した器具と技術を持っており数多くのペットの骨折治療を行っています。

アクセス・連絡先

住所 〒494-0002 愛知県一宮市篭屋2-7-20
電話 0586-43-2885
ホームページ http://www.furuhashi-vet.com/

よこい動物クリニック

特徵

診療科目の中に外科がある動物病院です。外科の中には、消化器疾患などにおける軟部外科、骨や関節疾患などの整形外科があります。内科治療では治らない病気、例えば骨折や脱臼、腸閉塞などの場合、手術による治療を行なっています。

こちらの病院で歯手術室とレントゲン室が一緒になっています。レントゲンは、関節や骨の疾患だけでなく、腹部臓器や心臓・肺の状態などを撮影します。手術等で麻酔をかける前は、必ず肺と心臓のチェックをします。

診療対象動物は犬猫の他、ハムスター、ウサギ、フェレットなど小動物にも対応しているので、繊細な治療が期待できるといえるでしょう。

アクセス・連絡先

住所 〒471-0805 愛知県豊田市美里4丁目3-73(新病院建築のための一時移転) 
※おおもとの病院の住所 〒471-0805 愛知県豊田市美里6-7-5
電話 0565-88-4970
ホームページ http://yokoi-ac.com/

あいち犬猫医療センター(杉浦犬猫病院)

特徵

24時間365日、地域の患者と家族をケアする総合病院を目指す、という動物病院です。一次診療から高度医療、夜間救急、リハビリテーションまで行う犬猫専門の総合病院です。(月間診療頭数5000頭)診療科目の中に整形外科があります。

骨折・靭帯の損傷・脊椎疾患、また自己免疫疾患を含む関節疾患は、触診・X線検査・関節液検査などで診断し、治療を行います。抱っこをして落としたりした場合、びっこをひいたり、触られるのを嫌がったり鳴いたりする場合など何かしらの症状があれば受診してほしいとの事です。疑われる打撲・捻挫・脱臼・骨折等を診断するため、レントゲン検査(場合によってはCT検査)をします。

交通事故に遭った場合は、まず電話で連絡をし、状況説明をすると受付で名前を伝えるだけで獣医師に連絡、対応しているとの事です。

アクセス・連絡先

住所 〒446-0071 愛知県安城市今池町3丁目5-10
電話 0566-98-3758
ホームページ http://www.sugiuravet.com/

渡辺獣医科病院

特徵

整形外科、リハビリ、神経科が得意分野という病院です。骨折については、ほとんどの場合、交通事故や高いところから落下したときの衝撃でおこりますが、何らかの病気などによって骨がもろくなっていたり、跳び降り方によっては簡単に骨が折れることがあるとのことです。

骨折の治療にはおもに、折れた骨を整復してから動かさないように固定して、治癒を待つことにあります。 したがって骨をどのように固定するかが重要になります。骨折の固定方法としてこちらの病院であげられている例としては、外固定法(包帯、キャストで固定)、創外固定(枠を使って固定)、内固定法(骨を直接固定)となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒453-0013 愛知県名古屋市中村区亀島1-8-23
電話 052-451-5732
ホームページ http://www.watanabe-vh.com/

 
 

関連カテゴリ