2015年10月31日更新

【神奈川】犬猫の骨折に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

 

神奈川県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年10月現在 順不同

相模原プリモ動物病院

特徵

専門外来として整形外科・特殊外科がある動物病院です。こちらの病院のグループでは相模原市で3つの動物病院を開設しているため、各院で特に力を入れる診療科を設け、病院同士が協力することにより、より難しい病気にも対応できる診療体制を取っています。

相模原では、日本大学の研修医として整形外科に精通してきたスタッフを中心に、犬や猫の骨折・靭帯損傷・関節疾患など、特殊な技術と機材が必要となる外科治療に関しても、専任の体制で対応しています。専門外来日は月・水・木・金・日曜日で、予約制となっています。時間は09:00-13:00と、17:00-20:00です。(時間、曜日については変わる可能性もあるので、来院前に確認をお願いします。)

アクセス・連絡先

住所 〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名2804-9 
電話 042-764-3345
ホームページ http://primo.jprpet.com/

かみみぞ動物病院

特徵

ペットのホームドクターを目指すという動物びょいんです。診療科目に整形外科があります。骨折は、特に小型犬の場合、自転車のかごから落ちてしまったり、ソファーから飛び降りたりするだけでも起こりえます。ソファーから降りてから前足を地面につけないようにしているなどのとき、様子見をせず、すぐに診療を受けることをお勧めします。

こちらの病院では動物の種類、年齢、体格、骨折の仕方に応じ、プレート固定、ピンニング、創外固定、ギブス固定などに対応をしています。

アクセス・連絡先

住所 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝5-1-20
電話 042-763-3696
ホームページ http://www.kamimizo-ah.com/

オールハート動物病院

特徵

犬の前十字靭帯断裂に対するTPLO、小型犬の前肢骨折、各種骨折、膝蓋骨内方脱臼、椎間板ヘルニア、会陰ヘルニアなどの委託例を多く施術しているという病院です。年間の代表的な手術件数(平均)としては、TPLO 15件、CBLO 10 件、膝蓋骨脱臼整復 20件、橈尺骨折整復術 28件等となっています。

どうぶつCTセンターが併設されており、可能な検査としてCTなどの検査をはじめ、関節鏡検査、関節液検査、X線検査、整形外科的検査が行われます(MRIも外注で検査可能です)。整形外科では、日本動物病院協会認定外科医が在籍しており、かかりつけ医からのセカンドオピニオンも受け付けています。

アクセス・連絡先

住所 〒215-0023 神奈川県川崎市麻生区片平1-5-1-1F
電話 044-969-5722
ホームページ http://www.allheart.jp/oruhato_dong_wu_bing_yuan/home/home.html

葉山どうぶつ病院

特徵

専門診療に、整形外科、循環器科がある動物病院です。整形外科は、運動器官(骨・関節・筋肉・靭帯・腱など)の病気・けがや、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を扱う診療科目ですが、それらの運動器官(骨・関節・筋肉・靭帯・腱など)の異常をいち早く発見し、また治療・手術していくことで、いつまでも元気に歩け、動き回れる生活をおくれるようになります。

整形外科疾患では早期発見・早期治療が重要です。こちらの病院の整形外科は、専門担当医による診療を行っており、高度な外科手術は大学病院の紹介、著名な外科のスペシャリストへの応援要請などを行うこともあります。骨折には、最新のロッキングコンプレッションプレートや螺子による固定やピンニングの創外固定などを実施しており、手術に不可欠なシンセス・ハンドドリル、Cアームレントゲン装置なども導入されています。

アクセス・連絡先

住所 〒240-0112 神奈川県葉山町堀内639
電話 046-875-1199
ホームページ http://www.hah.co.jp/

ベルジェ動物病院

特徵

診療科目に整形外科がある動物病院です。整形外科の病気を疑う症状としては歩き方の異常、体がいたそう、散歩に行きたがらない、排便、排尿の異常などに出ることがあります。犬猫ともに多い病気の一つに骨折があげられており、特に小型犬の場合室内でも骨折をしたりするため、おかしいと思ったらすぐに来院して診断を受けてください。適切な時期に治療を行えず、タイミングを逸してしまうと、治療が困難になる場合もあります。

整形外科で行う検査としては視診、触診、神経学的検査、レントゲン検査(特に骨の異常を疑う場合)、血液検査などを行います。より精密な検査が必要で絵あると判断された場合はCTやMRI検査などが必要となる場合があります。

アクセス・連絡先

住所 〒227-0055 横浜市青葉区つつじが丘24-21
電話 045-989-1270
ホームページ http://berger-since-1993.com/

アリス動物病院

特徵

インフォームドコンセントを大切にし、飼い主の声を取り入れ、その上で診療方針を決めるよう心掛けているという動物病院です。また可能な限りの高度医療を提供しつつも動物の治療を第一に考え、必要により大学病院等への紹介を行うこともあるということです。対応している外科手術として、骨折整復、膝蓋骨脱臼整復等があげられています。

手術時には血液、心電図などの術前検査、術前からの疼痛管理、状況によりICUを用いた酸素化を行い、術中には各種モニタリングを行い、リスクの低減につとめています。骨折の具体的な術例としては、トイ犬種の橈尺骨骨折、イタリアングレイハウンドの橈尺骨骨折、猫の大腿骨骨折、小型犬の脛骨粗面の骨折、ポメラニアンの橈尺骨骨折等があります。

アクセス・連絡先

住所 〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸6-9-18
電話 0466-33-7789
ホームページ http://alice-ah.com/information.html

オハナ動物病院

特徵

骨折等で手術が必要となった場合など、手術前に十分なインフォームドコンセントを行うように心がけているという病院です。

手術内容(方法、費用、入院気管など)については事前に話をするようにしているといいます。緊急なものを除いては手術は予約制です。

対応している手術の中に整形外科(帝王切開、尿路変更術、膀胱結石など)が含まれています。骨折の手術、治療例としては、橈尺骨骨幹部の骨折(小型犬)、橈尺骨遠位骨端の骨折(超小型犬)、中手骨の骨折(成猫)、脛骨近位骨端の骨折(超小型犬)、下腿骨骨幹骨折(小型犬)、橈尺骨遠位骨端の骨折(超小型犬)などがあげられています。

アクセス・連絡先

住所 〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座1-10-3.
電話 0467-25-3217
ホームページ http://ohana-vet.com/

オガタ動物病院

特徵

専門医が多く、獣医師がお互いに相談しつつ診療にあたる為、高いレベルの治療を施すことが可能、という病院です。医療機器も最新の機器を導入しています。

整形外科担当の獣医師は、こちらの病院に勤務しながら麻布大学付属動物病院整形外科チーフレジデントでもあり、首都圏内3か所の動物病院にて整形外科スタッフも兼任しています。あいち犬猫医療センター整形外科専任獣医師でもあるという整形外科のエキスパートです。

手術実績としても、例として一人の執刀のみの数でも2014年度で下顎骨骨折7件、上腕骨骨折5件、橈尺骨骨折25件、尺骨骨折1件、中手骨骨折2件、大腿骨骨折11件、脛骨骨折3件、踵骨骨折2件、中足骨骨折1件、仙椎骨折1件、腸骨骨折5件など、かなりの骨折手術例がある病院です。

アクセス・連絡先

本院
住所 〒252-0301 神奈川県相模原市南区鵜野森1-14-23
電話 042-747-3377

第二病院
住所 〒252-0224 神奈川県相模原市中央区青葉1-1-1
電話 042-753-3377

ホームページ http://www.ogata-ah.com/

ハルどうぶつ病院

特徵

整形外科の手術などに使う機器として、ロッキングプレートの説明がホームページにかかれています。獣医師が使うロッキングプレートはLCP、ALPS(kyon)、matrix、SOP、FIXIN、TIS、人間用のものなどの多様な製品があるといいます。骨折の治療には保存療法、ギブス固定、ピンやワイヤー固定、プレートとネジによる固定、創外固定など昔から色々な方法があります。

骨折の中で、今現在多いのが小型犬の落下事故なので、特に小型犬の場合プレートの違いが問題になるとの事です。こちらの病院で歯骨折部位、犬種(大きさや活発さ、年齢など)、費用も含め、症例にあわせてこれらの方法から選んだり組み合わせたりして適切なものを使用するようにしています。

上記のプレートを使用するため、ドリルシステム(ドリルの回転速度やトルクを調節し、熱を出さないように水を噴霧しながら使用する)を導入しています。

アクセス・連絡先

住所 〒215-0003 神奈川県川崎市麻生区高石3-13-8
電話 044-966-5157
ホームページ http://www.hal-ah.com/

ユーノ動物病院

特徵

最良の結果と生活の質を第一に考え、飼い主、患者、獣医師の三社でともに相談し、協力していくことを基本理念としている動物病院です。

診療内容は、一般診療、椎間板ヘルニア、整形外科となっています。主な整形外科疾患としてまず挙げられているのが骨折です。骨折治療は基本的には外科となり、近年では人医と同様に色々な手術方法があります。しかし「一番良い手術方法」は存在せず、患者の骨折の状態に合わせて行っていきます。この病院では、主に内固定(プレート、スクリュー、キルシナワイヤー)と外固定(創外固定、ギブス)や骨移植を組み合わせて行っていきます。

整形外科は特殊で手術して終わりではなく、そこからがスタートです。人間と違って厳密な安静やリハビリが難しく、固定が強すぎると骨折した骨の治癒が遅れ、弱すぎるとインプラントの破壊が起こってしまいます。飼い主と協力して治していくことが大切、とのことです。

アクセス・連絡先

住所 〒252-1116 神奈川県綾瀬市落合北7丁目4-61
電話 0467-70-0325
ホームページ http://yu-no.com/

 
 

関連カテゴリ