2015年10月31日更新

【兵庫】犬猫の骨折に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬や猫、小動物の骨折を軽く見てはいけません。骨折の治療自体も、簡単なものではないといえるでしょう。骨折後、最初の治療がちゃんと行われていない場合は、治癒が遅れたりしますし、また変なふうにくっついてしまったり、曲がってついてしまう場合もあるといいます。

また、すぐに治療を開始しないと筋肉も硬くなってしまい、骨も元に戻りにくくなってしまいます。きちんと治っていない場合は、再び折れてしまうことや、曲がったままの状態になり、けがをした動物にとってはつらい状態となります。

骨折の場合、骨が折れてすぐの治療がとても大切なので、適切な治療を受けるようにしたいものです。今回は、骨折に強いとされる病院を集めてみました。特に小型犬などは、抱っこしているところから飛び降りたり、フローリングで滑ったりしただけで骨折することがあるので、おかしいと思ったらすぐに診察を受けるようにしてください。

 

兵庫県で整形外科、骨折に強い動物病院

2015年10月現在 順不同

アイビー動物病院

特徵

診療対象動物が犬猫の他、ウサギ、ハムスター、フェレットなどの小動物となっている病院です。(鳥は他院を紹介しています)

こちらは院長が日本獣医がん学会の認定医2種の資格を取得し、がん治療に力を入れているところですが、診療項目の中に外科、整形外科があり、手術例としては避妊去勢手術の他、腹部外科、胸部外科手術、整形外科手術(骨折、関節)、神経外科手術(椎間板ヘルニア)、腫瘍外科手術などを実施しています。

骨折や関節の手術時には、整形外科用ドリルなどを利用しています。時間外診療には対応していないため、緊急時は夜間救急動物病院に連絡をしてほしいとのことです。

アクセス・連絡先

住所 〒663-8176 兵庫県西宮市甲子園六番町12-16
電話 0798-81-9988
ホームページ http://ivy-vet.com/

神戸セントラル動物病院

特徵

診療項目に整形外科疾患がある動物病院です。一例として、小型犬の踵骨骨折、前肢の上腕骨の骨折、猫の骨盤骨折などがあげられています。

ほかに、前十字靭帯断裂(触診、レントゲンで診断、関節外法での手術を実施)、膝蓋骨脱臼(触診、レントゲンで程度の評価をし、手術適応かどうかを診察、手術)、老犬に多い前十字靭帯断裂(関節鏡の診断、人工材料を使った関節外法で手術)、小型犬に非常に多い膝蓋骨脱臼(そのままにするか手術するかの判断、整復手術)など、代表的な整形外科の術例をこなしている病院といえます。

アクセス・連絡先

住所 〒651-0056 兵庫県神戸市中央区熊内町5-1-9
電話 078-271-2323
ホームページ http://www.kobecentral-ah.com/

セントラル動物病院

特徵

こちらの病院の特徴としては完全予約制のリハビリテーション科があるところです。(初診の場合、事前に診察を受ける必要があります。)

リハビリテーションの内容としては運動療法、徒手療法、水治療法、電気刺激療法、温熱・寒冷療法、装具療法などで、患者の状態に合わせて組み合わせて行っていきます。ほかにホームワーク指導、自宅での生活指導、減量指導なども行っています。

対象疾患に整形外科疾患/骨折の手術後、という項目があります。診察、各手術、入院などにも対応しています。一般検査のレントゲンについては、CR機器により、コンピューター処理を行った鮮明な画像が得られます。夜間対応はありません。

アクセス・連絡先

住所 〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-5-22
電話 06-6438-3966
ホームページ http://www.central-ah.com/

清和台動物病院

特徵

整形外科、リハビリテーション科がある動物病院です。整形外科の診断にはレントゲンや関節鏡、関節液検査、血液検査CRP等、CT、MRIなどの検査が必要な場合があります。症状に応じて、検査をすすめていきます。

テネシー大学公認のCCRP(Certified Canine Rehabilitation Practitioner)の認定獣医師を中心に、整形外科疾患や椎間板ヘルニアなどの症状の改善に重要なリハビリテーションにも対応しているので、手術後までも丁寧にケアできる病院といえるでしょう。整形外科分野では、骨折や股関節疾患、前十字靭帯などの損傷、膝蓋骨の脱臼などに特に力を入れています。

アクセス・連絡先

住所 〒666-0142 兵庫県川西市清和台東5丁目1-9
電話 072-798-0018
ホームページhttp://www.seiwadai-ah.jp/

垂水オアシス動物病院

特徵

わかりやすい説明、人間と動物のきずなを大切にしているという動物病院です。総合的な診療の他、特に皮膚科、腫瘍科、内視鏡を用いた異物摘出・組織診断、外科、うさぎの診療にも力を入れています。外科では、避妊・去勢手術から軟部外科、腫瘍外科、ロッキングプレート/LCPを用いた骨折手術、膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニアの手術まで幅広く行っており、米国外科専門医による専門的な研修(ネバダ州 アメリカ)を修了した経験豊富な獣医師が手術を行っています。

設備としては、マイクロエンジン(Surgic XT/骨を削る手術などに使用)、CR(デジタルX線画像診断CRシステム/撮影後すぐにデジタルでフィルムの濃淡、画像の拡大縮小などが自在に行え、細部まで詳細に診断することが可能)などが導入されています。

アクセス・連絡先

住所 〒655-0039 兵庫県神戸市垂水区霞ヶ丘4丁目2-2
電話 078-707-2525
ホームページ http://www.tarumioasis.com/

かない動物病院

特徵

新しい技術を取り入れながら、体に負担のかからない最適な治療を行う、という動物病院です。

診療科目に、整形外科があります。整形外科とは、骨折や脱臼、さまざまな関節疾患に対し行う検査・手術の分野であり、こちらの病院では単に治癒へ導くだけでなく、できるだけ動物の負担の少ない手術法を取り入れるようにしています。レントゲン透視装置を用いた最小侵襲手術、椎間板ヘルニアの治療のPLDD(経皮的レーザー椎間板除圧術)、関節鏡手術などです。

アクセス・連絡先

住所 〒670-0811 兵庫県姫路市野里569-1
電話 079-284-8172
ホームページ http://kanai-vet.jp/

グリーンピース動物病院

特徵

各種診療方針を可能な限りホームページなどでも公開しており、開かれた診療を行っている病院です。整形外科の骨折の例として掲載されている具体例としてまずあげられているのは、骨盤骨折/腸骨体部の骨折の診断をレントゲンで行い、治療として、腸骨体部1ヶ所にプレートを当てて骨ネジで固定したケースです。(骨盤骨折の場合、骨癒合が完了した後にプレートや骨ネジは除去しません。脚の長骨の骨折整復の場合には、骨がプレートの強度に頼り切って弱くなってしまうのを防ぐために、超小型犬の橈骨遠位端骨折のプレート以外は除去するのがセオリーだそうです。)

ほか、中型犬がイノシシに骨折させられた例は、レントゲンで診断、創外固定という方法で手術しています。前腕橈尺骨骨折のケースでは診断後、骨プレートと骨ネジによる固定で治癒、など、ほかにも様々な症例が紹介されています。骨折に対してそれぞれにあった治療法、手術を選んでいる病院だといえます。

アクセス・連絡先

住所 〒675-0068 兵庫県加古川市加古川町中津460-1
電話 079-421-6644
ホームページ http://www.greenpeas-ahp.co.jp/

しろうま動物病院

特徵

診療費などもオープンにしており、インフォームドコンセントを大切にしている病院です。外科手術についても具体的な数が発表されており、2003年から2014年で2302件、全身麻酔による検査、手術を2014年の1年間で281件行っています。手術例として、整形外科では間板ヘルニア、骨折創外固定術、前十字靭帯断裂、膝蓋骨脱臼、大腿骨頭切除などがあげられています。こちらの患者だった場合、緊急時には時間外でも診療を受け付けています。(留守電に連絡先、名前などを入れると折り返し非通知で連絡があります。)

アクセス・連絡先

住所 〒661-0002 兵庫県尼崎市塚口町2丁目36-3  タッチ塚口1F
電話 06-6424-5616
ホームページ http://www.shirouma.com/info/index.html

モモ動物病院

特徵

ホームドクターとして可能な限り多くの病気に対応できるよう医療設備を充実させていきたいという病院です。診療内容として一般診療/レントゲン検査、手術・処置/一般軟部・整形外科となっています。診療対象の動物は犬猫の他、ウサギ、ハムスター、フェレットなど小動物となっているので、繊細な治療が期待できるといえるでしょう。飼い主からの支持も多く寄せられており、人気がある動物病院です。動物や飼い主の立場に立って、話しかけながら治療をしてくれると評判です。

アクセス・連絡先

住所 〒651-1313 神戸市北区有野中町3-30-33
電話 078-987-3666
ホームページ http://kobe-momo-ah.com/

兵庫ペット医療センター

特徵

CT・MRIなど高度な医療機器が導入されている施設です。医療機器として、手術中に使用可能な移動式レントゲン装置、Cアーム(整形外科手術における正確なピンやプレートの固定を可能にする)、ドリル(整形外科の手術時に使用。ストライカー社製)、インターロッキングネイルシステム(骨折手術時に使う特殊な器具)、ペンヒップ (股関節形成不全の診断方法。院長はこの検査をする有資格者)、FCR(レントゲン画像をデジタル処理することによりわかりやすい画像を得られるシステム)など、整形外科、骨折治療に役立つ機器が備えられています。

手術、CT・MRI、温熱治療、腫瘍科外来以外は予約制ではありません。19:00-23:00は夜間診療となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒661-0025 兵庫県尼崎市立花町3-1-5
電話 06-6428-2565
ホームページ http://www.hyogopet.com/

 
 

関連カテゴリ