2016年5月19日更新

ソマリの価格・値段は?ペットショップや里親などお迎えする方法まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ソマリは、アビシニアンが長毛になった種で性格などもよく似ているようです。
アビシニアンの人気があるので、中々ペットショップでも見かけません。
絶対に子猫を希望する、純血種を希望する場合などはブリーダーからの購入が確実です。

 

ソマリの値段・相場はいくら?


ソマリのペットショップで売られている価格は、平均15万~20万円程度です。
チャンピオンの子孫やショータイプの場合は、平均25万~30万円程度はするでしょう。

値段が変わる条件としては、「子猫である」「血統が良い」「性別」などで変動するようです。
子猫であれば値段が高くなり、月齢が経過するにつれ下がるようです。
それでも、純血種であればそれなりの値段で止まります。

他にも、成猫時に比較的小さいメスが人気のため、値段が上がる傾向にあるようです。
純血種で子猫、メスであれば高額になるようです。
血統や子猫、性別などにこだわらずに運命の猫を探しましょう。

ペットショップとブリーダーの違いは?

では、ペットショップとブリーダーの違いは一体どこにあるのでしょう。
それぞれのメリット、デメリットをご紹介します。

ペットショップの場合

まず、猫を飼おうと考えた人が向かう場所がペットショップです。
ペットショップのメリットは、希望に沿った猫を探すことができます。
チェーン店であれば、全国から希望の条件で探してくれるでしょう。
また、ペット用品も必要なものを、一式まとめて揃えることができます。

デメリットは、爬虫類や小動物なども取り扱っている場合、感染症などが心配です。
他には、中間業者などが入っている分価格が高くなりがちです。

ブリーダーの場合

ブリーダーは、基本的に個人で開かれている場合が多いので、少し敷居が高く感じるかもしれません。
しかし、最近ではインターネットからでも問い合わせをすることができるようになっています。

メリットは、その猫種について様々なことを理解しているブリーダーは、その猫種のプロです。
そのため、質問などにもスムーズに答えが得られるでしょう。
他にも、取引後にアドバイスをもらえたり飼育についても安心です。
良質な血統、純血種を絶対に希望する場合には、ブリーダーからの購入が間違いありません。

デメリットは、容姿以外にも猫種の定められたサイズに収まるか、ショータイプに近い値段の付け方なので場合によっては、高額になる場合があります。
他にも、時期やタイミングによっては子猫が生まれていない場合や、出産以前に予約などの場合もあるようです。

 

ソマリを里親としてお迎えする?

最近では、里親として猫との生活を始める方も増えています。
里親募集のサイトを見てみるとソマリの募集もあります。
ただ、どうしても子猫が良い、純血が良いという場合にはお勧めできません。

里親の場合、生体価格は無料であることが多いでしょう。
しかし、実費でかかった金額は負担する必要があることがあります。
例えば、遠方だった場合の交通費、去勢手術代金、ワクチン代金などの費用です。
募集主にもよるので、一概にはいえませんが5千円~3万円程度が多いでしょうか。
しかし、購入するよりはお安く済むでしょう。
里親という選択も、一度検討してみてはいかがでしょう。

ソマリとの生活


猫との生活をスタートする上で、重要なのは相性でしょう。
ペットショップでもブリーダーでも里親でも、値段や条件だけで決めないで出来る限り多くの猫と会ってみましょう。
初期費用は抑えて、それ以降の生活にお金をかけてみてはいかがでしょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード