2016年2月23日更新

ミニウサギ 値段の特徴・性格・飼い方をご紹介!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

毛色の種類や性格のバリエーションがとても豊富なミニウサギ。成長した姿も楽しめるミニウサギの情報を集めました。

 

ミニウサギの性格や特徴

「ミニウサギ」とは様々な品種を交配した雑種の呼び名です。決して“小さなウサギ”という意味ではありません。耳の長さや毛色、毛の長さも種類が豊富です。そのため、短い耳が成長するにつれ長くなってきたり、思った以上にからだが大きくなることもあります。交配を経て病気に対する免疫力が強い子が多く初心者でも飼いやすい種類です。

性格は個体差がありますが、基本的には人になつきやすくおっとりしています。本当はは喜怒哀楽の表現が豊かなウサギは頭をなでると気持ちよさそうにしたり、ストレスや怖い事があると気性が荒くなって足を踏みならしたり表情が険しくなることも。

ウサギ用の牧草を主食にし、「ペレット」といわれるウサギ専用のフードも栄養補給にあげるようにしましょう。

ミニウサギの値段の相場は?

ホームセンターでも扱っている場合もありますが、ほとんどはペットショップで購入します。ミニウサギの価格相場は3000円~1万円です。新しく品種改良された種類や珍しい毛色・長毛種などですと、価格は高くなります。ウサギ専門店では血統書つきの純血種を扱っているため、ミニウサギはほとんど扱っていないようです。時期やタイミングによっては扱いもあるかもしれないので問い合わせてみましょう。

ウサギが販売されるまでの飼育期間の違いやショップの立地条件、飼育環境やウサギの仕入れ数によって、価格が変わります。都会のショップは家賃も加味された価格設定になっていますので高くなります。また、あまりにも低価格の場合にはしっかりと健康管理されているか、飼育されている環境は衛生管理がされているかなど、ショップへ直接行って確認しましょう。

そのほか、ウサギを入れるケージやトイレ、エサや給水器など飼育グッズにも費用がかかります。

 

まとめ

ウサギは夕方から夜にかけて活発に活動する生き物です。ショップに選びに行く際も活動している時間帯に行くようにし、本来の姿を見るようにしましょう。すぐに決めるのではなく、何店かショップをめぐり、飼育されている環境やお店の方の知識量なども大切な判断基準です。価格が安いからという理由では成長するまでにどんな体質でどんな病気になりやすいかなどはわかりません。

価格が高くても、こちらの質問にきちんと答えてくれるか、アフターケアがあるか、飼育グッズが豊富にそろえられているかなど、飼ってからの事をよく考えて購入を判断してください。ミニウサギは10年前後生きることができます。お世話になれる動物病院はあらかじめみつけておき、健康で快適に過ごしていく方法を探しましょう。