2016年2月22日更新

2月22日の「猫の日」を記念して『イクミママのどうぶつドーナツ!』で10種類の猫ドーナツを販売!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

画像出典:PR TIMES
2月21日~22日(猫の日)の2日間、『イクミママのどうぶつドーナツ!』元住吉本店と自由が丘デパート1Fの自由が丘店で【スーパーにゃんこDAY】を開催。新作を含む10種類のねこドーナツを販売します。

 

イクミママのどうぶつドーナツ!とは

料理関係の仕事をしていた料理一家で育ち、料理教室で料理・パン・製菓の先生をしていたイクミママ。猫が大好きだったことから猫型ドーナツの「こねこのミケ」と「こねこのクロ」を作ってTwitterに上げたところ、またたくまに話題となり全国から注文が殺到。その後、さまざまな猫の他、柴犬、ライオン、かえる、パンダなどを開発。今では90種類以上のどうぶつドーナツが揃うまでになりました。

画像出典:PR TIMES

スーパーにゃんこDAYに登場するのは

○アメリカンショートヘヤーの 「アメショーくん」
○シャムネコの 「シャムちゃん」
○スコティッシュフォールドの 「スコティちゃん」
○メインクーンの 「めいちゃん」
○当店人気No1 「こねこのミケ」
などなど、猫の日を記念して10種類のねこドーナツが店頭に並びます。

画像出典:PR TIMES

 

イクミママのこだわり

原材料は、全国各地から安心できるものだけを取り寄せ、イクミママが徹底比較して選び抜いた物だけを使用しています。例えば、たまごは和歌山県産の平飼いの鶏舎で、敷地内を自由に走り回ってストレスなく育った鶏が産んだ有精卵。小麦粉や全粒粉は北海道産で、イクミママが実際に製粉会社に行き自分の目で確かめたもの。塩や糖類も同じようにこだわりぬいたものだけを使用しています。さらにどうぶつ達の色付けには合成着色料は使用せず、抹茶、かぼちゃ、紫芋などをホワイトチョコに混ぜて使ているという徹底ぶりです。

そのため、たまごや小麦本来の風味が生きた上品な甘さで、中がしっとり。ドーナツなのに脂っこくなくて、一度食べたら忘れられないと、熱烈なファンがいるのもうなずけるおいしさです。
イクミママのドーナツについては こちら

画像出典:PR TIMES

店舗案内

2月21日・22日は【スーパーにゃんこDAY】開催!
その他の日にはレギュラードーナツ10種類、日替わりドーナツ7~10種類が店舗に並びます。

「イクミママのどうぶつドーナツ!」元住吉本店
■所在地 神奈川県川崎市中原区木月3-6-18 モトスミコアビル1F
■電話番号 044-434-3640
■営業時間 日~木曜日 10:00 – 20:00 売り切れ次第終了
      金~土曜日 10:00 – 20:30 売り切れ次第終了
■定休日 不定休
■最寄駅 東急東横線「元住吉駅」徒歩6分

「イクミママのどうぶつドーナツ!」自由が丘店
■所在地   東京都目黒区自由が丘1-28-8 自由が丘デパート1F
■電話番号  03-6421-4533
■営業時間  10:00~19:30
■定休日   水曜日
■最寄駅  自由が丘駅 正面口から徒歩1分

 
 

関連カテゴリ