2016年2月22日更新

スタンダード・シュナウザーの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

長い顎鬚と長い眉毛がどこか思慮深い表情に見えるスタンダード・シュナウザー。シュナウザーの中で最も古い歴史を持ちシュナウザーの原型ともいえる犬です。そんなスタンダード・シュナウザーの価格の相場はどのくらいか、どのような購入方法があるか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

スタンダード・シュナウザーの価格・相場は?

スタンダード・シュナウザーの価格の相場は150,000円以上といわれています。

日本では住環境もあり小型の犬に人気が集まる傾向があります。そのためシュナウザーの中ではミニチュア・シュナウザーの人気が圧倒的に高く、登録数は8,000頭を超えランキングでも8位と上位ですが、スタンダード・シュナウザーは登録数がのっていないほど数の少ない希少な犬種になります。

希少な犬種の場合は国内での入手が難しい場合があり、海外からの輸入も検討する必要が出てきます。海外から犬を輸入する場合はどれだけ間に仲介する人が入るかで価格が変わってきます。そのため相場は時価というところがほとんどになります。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでスタンダード・シュナウザーを購入するには?

スタンダード・シュナウザーは国内で繁殖しているブリーダーの数も少なく繁殖頭数も限られることから、子犬がペットショップで販売されることはほとんどありません。

ペットショップでは相談に応じて子犬を探すサービスを行っています。大手のペットショップでは輸入の代行を行っているところもあります。お近くの大きなペットショップに相談してみるのもよいでしょう。ただし必ずしも全ての希望に応じてもらえるわけではありませんし、希望する子犬と違っていた場合にトラブルになることもありますので、そのお店のサービス内容を事前に確認して、お願いするかをよく検討することをおすすめします。

ブリーダーからスタンダード・シュナウザーを購入するには?

スタンダード・シュナウザーを繁殖しているブリーダーを探す場合は、JKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)などが開催しているドッグショーを見学に行くことをおすすめします。

ドッグショーでは様々な犬種のブリーダーや、オーナー、プロハンドラーが参加します。犬種毎に開催される日時が異なりその犬種に特化した方々が一堂に集まりますので、まずスタンダード・シュナウザーのショー開催日を確認して見学に行きましょう。ドッグショーの開催場所や日時は下のJKCのホームページに掲載されていますので参考にしてください。

集まっている方々からお話しを聞きどのような入手経路があるか、情報を集めるとよいと思います。プロハンドラーのなかには輸入を代行している方もいらっしゃいますので、具体的に相談にのってくれる場合もあります。

また国内でシュナウザーを専門に繁殖しているブリーダーのホームページをご紹介します。スタンダード・シュナウザーの子犬の出産予定がないか確認してみるのもよいかもしれません。

 

里親制度とは?

保護犬や猫の殺処分についてはペット産業が生んだ闇の部分として、長い間人の目に触れないように隠されてきました。現在は多くの人にこの問題について考えてもらうことで、犬や猫を飼うことに対するモラルの啓発につなげ、保護され殺処分されてしまう頭数を減らしていこうという活動(殺処分ゼロもしくはノーキル)が行われています。活動はしっかりと保護および殺処分の頭数に現れており、10年前とくらべるとその頭数は300,000頭近く減ってきています。

里親制度はこの活動の一環で、保護されている犬や猫の情報を広く一般に公開し、新しい引き取り手を見つけることで殺処分から救出するための制度です。

スタンダード・シュナウザーのような希少な犬種が保護されることはあまりありませんし、はっきりとした血統のわかる犬ばかりではありませんが、同じ中型の犬も多くの犬が里親を募集しています。里親募集の情報はインターネットで検索することができます。ご自分の地域名、犬、里親で検索してみてください。もしかしたら思いもかけず素敵な出会いがあるかもしれません。

スタンダード・シュナウザーを飼う時に考えて欲しいこと

カタログやテレビなどで見かけて一目ぼれをしてしまうことはありますよね。ましてそれが近くで見かけたことのないような犬ならば、なおさら思いが募るかもしれません。

ただ希少な犬は見つけることがとても難しく輸入することも考えなければなりません。もちろん海外からよい犬を輸入することは悪い事ではありませんが、検疫などで長期間の預かりになるようなこともありますし、急に変わった気候や風土になじめずに体調を崩してしまうこともあります。もし輸入をお考えならば事前によく調べて、迎える準備をしっかりと整えてあげてください。また遠くの国でなく身近に多くの犬が飼い主を探していることも少し考えてみてください。

迎えた犬が幸せに暮らしていけるようにするのは飼い主の務めです。自分たちの生活に合う犬を選ぶことが犬にとっても飼い主にとっても、もっとも幸せな出会いなのではないでしょうか。