2016年11月4日更新

これから犬を飼いたい人・飼っている人必見!犬種別の犬の性格まとめ

忠誠心が強く、頭がよく、人懐こいというのが犬のおおまかな性格ですが、実は犬の性格は品種によって若干、異なります。犬は猫と違い品種によって体のシェイプや大きさに違いが明らかですし、人間と共存してきた中で果たしてきた役割が異なるため、猫よりは品種による性格がはっきりしているようです。今回はペットのコジマさんの人気犬種TOP10の犬種を取り上げ、それぞれの性格についてご紹介しましょう。

第10位/ミニチュア・シュナウザー


ミニチュア・シュナウザーは15世紀~16世紀にネズミなどの害獣退治や家畜の追立てのために飼われていたスタンダード・シュナウザーをルーツに改良されました。そのため飼い主さんに対する忠誠心が強いだけでなく、勇敢で物怖じしません。
【参考】
【ペットシッターが解説】ミニチュアシュナウザーとの暮らしで注意すること

第9位/柴犬


日本原産の天然記念物である柴犬は猟犬として生まれた犬ですので、もともとは警戒心が強く勇敢で我慢強い傾向があります。しかしながらペットとして飼ってみると忠誠心が強く、飼い主さんへの愛情深くて甘えん坊なところもあるようです。ちょっと頑固なところも愛嬌です。
【参考】
【ペットシッターが解説】柴犬との暮らしで注意すること

第8位/フレンチブルドッグ


ルーツは畜殺犬ですので気が強い面もありますが、ペットとして飼われているフレンチブルドッグは温厚でのんびりしている個体が多いようです。飼い主さんと遊ぶのも大好きで誰とでも仲良くなれる八方美人なところもあります。
【参考】
【ペットシッターが解説】フレンチブルドッグとの暮らしで注意すること

第7位/シー・ズー


シー・ズーは中国で王族に可愛がられていたと言われ、ペットとしての歴史が長い犬です。そのため非常に人懐こく、感情表現が豊かで飼い主さんへの忠誠心も高いと言われていますが、非常に頑固な面もあり、自分が気に入ったモノや場所への固執が強い点には注意が必要です。
【参考】
【ペットシッターが解説】シーズーとの暮らしで注意すること

第6位/パピヨン


マリー・アントワネットも寵愛していたと言われるパピヨンは頭がよく、人の言葉にもよく反応するため飼ってみると深い繋がりを感じることができるでしょう。好奇心が強く、フレンドリーで子供や他人にも簡単に懐きます。

【参考】
【ペットシッターが解説】パピヨンとの暮らしで注意すること

第5位/ヨークシャーテリア


小柄な犬ではありますが、狩猟犬だったルーツがあるため、勇敢で負けず嫌いです。物怖じせず、知らない人にもどんどん近づいていく性格ですが、その人が気に入らないと吠える気の強さがありますので注意が必要。遊び好きですので、飼い主さんにとっては楽しいコンパニオンになってくれるでしょう。

【参考】
【ペットシッターが解説】ヨークシャーテリアとの暮らしで注意すること

第4位/ポメラニアン


ポメラニアンは小型で典型的なトイ系の犬に見えますが、実はサモエドという大型のそり犬の血を引いています。そのため、見た目に似合わず堂々として自立心があります。飼い主さんが不在でも極端に寂しがったりせず、おとなしく待つことができる落ち着いた犬です。我慢強いのもそり犬のDNAを継いでいるのでしょう。
【参考】
【ペットシッターが解説】ポメラニアンとの暮らしで注意すること

第3位/ミニチュアダックスフンド

imasia_2875025_S
ミニチュアダックスフンドの性格は被毛のタイプによって若干異なると言われています。短毛のスムースヘアードは人懐こくて明るい性格、ロングヘアードはやや神経質、ワイヤーヘアードは一番気が強く、好奇心が強いと言われています。

【参考】
【ペットシッターが解説】ミニチュアダックスとの暮らしで注意すること

第2位/チワワ


目が大きく華奢な姿から大人しい印象がありますが、実は気が強く警戒心の強い犬種です。マイペースで猫のようにクールな面があり、気分が読みづらいところがあるのもチワワの特徴です。

【参考】
【ペットシッターが解説】チワワとの暮らしで注意すること

第1位/プードル・トイプードル


プードル、トイプードルは明るくて人懐こい性格、おまけに頭も良い犬ですが、毛色によって若干性格に違いがあると言われています。白い毛タイプは愛嬌たっぷりの甘えん坊ですが忠誠心も強い傾向があります。ブラウン毛のタイプはのんびり&穏やかですがマイペースです。黒毛のタイプはアクティブで頭も良く服従心が強いと言われています。

【参考】
【ペットシッターが解説】トイプードルとの暮らしで注意すること

犬を飼うならライフスタイルに合った犬を選ぼう

種類によって風貌や性格が違う犬たち。見た目の好みで選ぶ飼い主さんが多いと思いますが、長い期間飼うことを考えると性格の違いも考慮した方が良さそうです。これから犬を飼う予定がある方は家族構成、ライフスタイル、飼い主さんの性格なども考慮して自分に合った性格の犬を選ばれてはいかがでしょうか。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

だから犬が大好き!犬を飼っている人にしかわからない犬のあるある 10選

犬の飼い主さんなら誰もが笑ってうなずいてしまう犬の習性や飼い主さんの行動。そんな「犬のあるある」をまとめてみました。「うちでも同じだなぁ」とか「うちの犬はやらないなぁ」などなど、是非、みなさ……

犬の雑学

ウェルシュ・テリアの特徴や性格など

ウェルシュ・テリアはその口髭も愛らしい犬種です。その名の通り、ウェールズ発祥のテリア種を改良して誕生した犬種と言う説があります。同じ時代に存在したテリア種と似た容姿のためドッグショーでも混乱……

犬の習性

ウィペットの飼い方・性格情報まとめ

ウィペットと聞いてドッグレースを思い浮かべる方も少なくないでしょうが、一説にはドッグレース用のウィペットと家庭犬やドッグショー用のウィペットは異なった交配がされていると言われています。現在は……

犬の習性

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴・性格・飼い方をご紹介!

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴や性格 犬名につけられている通り、アイルランドが原産国のこの犬の歴史は古く、良く似た犬の骨が1,000年以上前に出土したりしている事から最も古いス……

犬の習性

【千葉】おすすめ!ドッグラン10選

リードを外して自由に運動をさせてあげたくても、なかなか普段、近所ではできないですよね。 思いきり遊んだり運動したりできる場所に連れて行ってあげたい、と思うときに行くドッグラン。 ……

犬の習性