2016年2月24日更新

現役トリマーが教える犬用シャンプーの選び方 <上級編>

前回、犬用シャンプー選び方<基礎編>では、トリートメントインシャンプーを中心に、お手軽なシャンプーを紹介しました。
続く今回の上級編では、もう少し仕上がりにこだわりたい人のために、トリミングルームを併設した百貨店内のショップにお勤めの現役トリマー・H美さんに、一般的なショップでも購入可能な「これぞイチオシ!」というシャンプーを教えてもらいました。

スタッフおすすめの上級者向けシャンプーはこれ!

ショップスタッフH美さんのイチオシのシャンプーはズバリ『ラファンシーズ』シリーズ。

シャンプー本来の目的は、毛の汚れや皮脂を落とすことなので、肌の刺激になったり皮脂を取りすぎるものはNG。その点ラファンシーズは、特殊タンパク質PPTを使ったph5の弱酸性が特徴で、おススメしたいのはなんといってもその仕上がりだそう。

「他商品と比べて、仕上がりはまさに別格。うちのトリミングサロンではすべてラファンシーズを使ってるくらいです」ということは、まさにサロンクオリティというわけです!

〈画像引用元:lafancys.co.jp
さすが上級者向けというだけあって、ラファンシーズはトリートメントイン、というわけではありません。その代わり、シャンプー+リンス、その他商品の組み合わせで「長い被毛をさらっとさせたい」とか「カールした毛をふわふわに仕上げたい」「固い毛をふんわり柔かく」など、希望に合わせてチョイスできる品揃えが人気の秘密なんだそう。

圧倒的な品揃えで、組み合せも自由自在

同じ犬種でも、その犬ごとに毛質は異なり、ジャストフィットするヘアケア用品を探すのは難しいもの。その点このシリーズは、毛の長さや毛量、肌質、トリミングのスタイルや希望の仕上がりによって、自由に組み合せを変えることができるそうです。

例えば、シャンプー・リンス・ブラッシングスプレーなどの組み合わせ次第で「ある程度ボリュームは欲しいけれど、まとまりやすい毛にしたい」とか「ふわふわになり過ぎるのは困るけど、コシやハリは欲しい」というような、細かいリクエストにも対応できますよ、とのこと。犬種ではなく、その犬ごとにピッタリの組み合わせが作れる、というのは嬉しいですね。

fe16b2822af0f2f9c557b78da3d6a745 (2)

さらにこんな特徴が!

これだけ幅広い商品が揃ったシリーズ。気になるお値段は…というと、単価からいえば一般的な商品より少し高い価格設定。

ただしシャンプーは3倍~5倍にして使えるので、例えば400mlボトルなら、結果として1200ml~1500mlの大ボトルを買うのと同じくらいになります。そう考えればむしろお得だといえるかもしれません。

まとめ

今回紹介したラファンシーズのシリーズには、幼犬や敏感肌、アレルギー体質の犬のためのスパーナチュラルシリーズ、湿疹などのトラブル肌にはFTKシリーズ、頑固な汚れやホワイトコート(白毛)の犬にはディープクレンジングシャンプーなどもあり、さらに無香料タイプや、毛玉取りローション、ブラッシングスプレーなども揃っています。
ラファンシーズはこちらから:http://www.lafancys.co.jp/product/list/02.html

まさに「かゆいところに手が届く」いたれりつくせりの充実ぶり!
犬のシャンプーにも慣れて来て、ボリュームアップやボリュームダウンなど、求めるスタイルにこだわりが出てきたら、ぜひこのラインナップの中から「愛犬にピッタリの組み合わせ」を探してみてはいかがでしょうか。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【動物看護師が解説】ラブラドールレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

盲導犬など、人を手助けする非常に頭の良い犬種で有名な、ラブラドール。子犬の頃はやんちゃでいたずら好きであるものの、きちんとしつけをすれば善悪を記憶し理解する、人間と共存するにはとても相性の良……

犬のトリミング

【動物看護士直伝】子犬のシャンプーはいつから?シャンプーを嫌いにさせないコツは?

犬にとってシャンプーは、一生つきまとうケアの一つです。子犬の時期にシャンプーを嫌いにさせてしまうと、成犬になっても嫌がり、手に負えなくなってしまうことがあります。 シャンプー=楽しいこ……

犬の入浴、正しくできてますか?正しいお風呂の頻度や方法は?

人間の入浴方法をイメージしながら愛犬の入浴を行うと、上手くいかないことが多くなってしまいます。私たちは、人間に合った形で入浴を行っているので、犬も同様の入浴方法を用いて入浴させれば良いという……

犬のブラッシング

プラッキングとペットカットの違いは?テリア種のトリミング方法について

放っておくとどんどん被毛が伸びるトリミング犬種。定期的なトリミングでカットしたり、被毛を整えたりする事が必要です。 そんな中、テリア種に限らず、シュナウザーやワイヤーダックスなど、「プ……

犬のブラッシング

柴犬の飼い方、柴犬との暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】

柴犬の性格と性質 性格 柴犬は、日本犬を代表する犬種です。まさに、その性格も日本犬ならではの、忠実さ、従順さ、勇敢な態度、自信を持った行動をしています。忠実さと勇敢さを持っていますの……

犬の歯の磨き方

犬のお風呂の頻度は?シニア犬は特に気をつけたい入浴方法。

健康な犬のシャンプーは最低でも月に1回、もしくは2週間以上の間隔をあければ次のシャンプーを行なってもいいと言われています。しかし高齢犬は体力を奪われてしまうので若い頃より疲れてしまいます。ま……

犬のシャンプー

風呂嫌いでも簡単! 獣医に聞いた、犬・猫を自宅で簡単にお風呂に入れるコツ

SNSや共有サイトで、気持ちよさそうにお風呂に入る犬や猫の動画が出回っていますが、獣医師で動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)の橋本理沙院長は、「お風呂嫌いの犬や猫は少なくありません。で……

犬のシャンプー

犬の毛を剃るとどうなる?犬のサマーカット・夏のトリミングについて

夏は暑くて、むしむししますよね。私たち人間は、夏になると気候に合わせて洋服を変えたりプールに行ったり、ヘアーを短くカットしたりできますが、犬はそのような事ができません。 犬も暑い!と思……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが……

犬のトリミング

愛犬をお風呂に入れたい!正しいシャワー・シャンプーの方法は?

愛犬のお風呂って結構大変ですよね。お風呂嫌いな愛犬だったらなおさらです。でもお風呂は愛犬を綺麗にするだけではなく、病気の予防、治療といった点でも大事なことなのです。 今回は愛犬のお風呂を少……

犬のブラッシング

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

犬の歯の磨き方

【ペットシッターが解説】イングリッシュコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

イングリッシュコッカースパニエルの性格と性質 性格 イングリッシュコッカースパニエルは、いつも明るい笑顔で家族をなごましてくれる優しさを持っています。また、とても利口で家族に対して忠……

犬の歯の磨き方

【動物看護師が解説】チワワにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

とあるCMで爆発的に人気が出たチワワ。その人気ぶりは現在も続いていて、成犬になっても持ち上げるのが大変なほど大きくはならず、体も小さく運動量が少なくて済む個体もいるため、散歩の手間が省けて室……

犬のトリミング

【初めて犬を飼う方必見!】おすすめの犬用シャンプー10選

犬の場合、汗腺の違い(アポクリン腺とエクリン腺の多さの違い)、体毛の量や種類の違い(トップコート、アンダーコートや一つの毛穴からの毛の生え方など)、皮膚の厚さ、肌のデリケートさ(phなど)、……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ヨークシャーテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

小型ながら活発で遊び好きな明るい性格であるヨークシャーテリア(以下、ヨーキー)。人懐こく、運動量は少なくて済むことから室内飼いには最適で人気な犬種でもあります。最近は短く被毛をカットしている……

犬のトリミング