2016年2月23日更新

ロシアンブルーの価格・値段は?ペットショップや里親などお迎えする方法まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ロシアンブルーと言えば、アメリカンショートヘアの次くらいに知名度があるのではないでしょうか。
お迎えするにあたって、いくらくらいで購入できるのかご紹介します。
ペットショップ、ブリーダー、里親それぞれからお迎えした場合にかかる価格についてもご説明します。
それぞれにメリット、デメリットがあるのでどこからお迎えするのか決めましょう。

 

ロシアンブルーの価格・相場

ペットショップで販売されている価格では、平均10万円~15万円程度でしょうか。
ブリーダーでの販売は、ブリーダーにもよりますがペットショップよりも安くなる場合もあるようです。
平均6万円~15万円程度のようです。

「子猫」「純血」「性別」などで値段は上下するようです。
子猫はもちろん、血統書にこだわる場合はやはりペットショップやブリーダーでの購入が良いでしょう。
他にも、飼いやすさや体格の小さめなメスが人気のため、オスよりもメスの方が高額になるようです。

ロシアンブルーは人気のある猫種なので、比較的簡単に出会うことができるでしょう。
その中から相性の合う猫と出会えるように、できるだけ多くの猫と出会ってみてはいかがでしょうか?

ペットショップ・ブリーダーの違い


ペットショップとブリーダーのメリット、デメリットはどういったところでしょうか?

ペットショップの場合

ペットショップのメリットは、誰でも簡単に足を運べて、気軽に触れ合うことができる点ではないでしょうか。
ホームセンターやショッピングセンターにもあるので、他の買い物のついでに見ることもできます。
他にも系列店があるペットショップであれば、理想の猫を探してもらうこともできるでしょう。
始めて猫を飼う場合にも、グッズが全て一度に揃えることができるので、安心です。

デメリットは、早い段階で母猫や兄弟と離されてしまうので、将来的に精神不安定になってしまう場合があります。
他にも、遠距離移動をしていることによってストレスを感じてしまう場合や、中間業者が入っている分、高額になってしまうこともデメリットでしょう。

ブリーダーの場合

ブリーダーのメリットは、ブリーダー目線での価格の付け方なので愛玩目的だけではなく、チャンピオンの血統であったり、ショーに出る目的で値段をつけているようです。
可愛らしい猫であっても、場合によってはお安い場合があります。
他にも、その猫種のプロなので、ペットショップよりも深いところまで理解しているでしょう。
何かトラブルがあったときや、飼育につまづいたときなど、親身に相談にのってくれるのではないでしょうか。

デメリットは、出産のタイミングが合わない場合などは次回の出産まで待つ場合もあるでしょう。
他にも、自宅で開かれている方がほとんどなので、問い合わせや見学の時間などが限られている場合もあります。

 

ロシアンブルーの里親制度について


ロシアンブルーは人気のある猫種なので、残念ながら里親募集されていることも多いようです。
場合によっては、子猫が里親募集されている場合もあるでしょう。
是非、購入の前に里親募集サイトを覗いてみてください。

里親としてお迎えする場合に、無料でもらえると考える方もいるかもしれません。
基本的な生体価格は無料であることもあります。
かかる費用としては、ペットショップなどで購入してもかかる費用になります。
ワクチン代金や去勢費用、遠方なら交通費などです。
購入するよりもかなりお安くお迎えができます。

希少な猫ではないからこそ、里親という選択肢があります。
最初はグッズの購入などにもお金が必要です。
猫自身ではなく、猫とのこれからの生活にお金を使ってはいかがでしょう。

ロシアンブルーとの生活

ロシアンブルーは大人しく、あまり鳴かない猫なのでマンションなどでも飼いやすいでしょう。
べったり甘えて常に一緒にいたいタイプの猫ではないので、一人暮らしの方でも気軽に飼えます。
仕事で疲れた時やちょっと寂しさを感じるとき、丁度いいパートナーとなってくれるでしょう。